プロペシアの副作用まとめ:AGA治療を始める前に知っておきたいこと

AGA治療で処方されるフィナステリドの中でも、最も知名度の高いプロペシア。そんなプロペシアの気になる副作用や最近ささやかれているポストフィナステリド症候群について知っておくのはAGA治療を始める上で重要です。特にポストフィナステリド症候群については、AGA治療を始める前に必ず知っておいてほしい内容となっています。

今回は、プロペシアがもたらすの副作用について詳しく紹介していきます。

プロペシアとは?

プロペシアとは?
フィナステリドが主成分であるプロペシアは、アメリカのメルク社が開発した薬です。いわばAGA治療薬としてのフィナステリドの先発医薬品です。ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼを阻害する医薬品であり、AGAによる脱毛の進行を止めて発毛改善、毛髪を太くするという作用があります。

プロペシアの副作用が発症する確率は?

プロペシアの副作用が発症する確率は?
プロペシアの副作用は、全体的に見ると約5%となっています。発症する副作用は、性欲の減退やED、射精障害などがあります。精子の量や運動率、奇形率などにも影響をするため男性不妊といった症状もプロペシアにより引き起こされる可能性があります。しかし、これらの男性不妊に関わるような副作用の発現率は1%前後と報告されています。そのほかの胃腸障害や肝機能障害に関しては1%未満と決して多くはありません。

ポストフィナステリド症候群とは?

ポストフィナステリド症候群とは?
ポストフィナステリド症候群とは、プロペシアなどのフィナステリドが主成分の内服薬の服用を中止した後も副作用による影響が継続することです。通常であれば、プロペシアの服用を中止して1ヶ月もすれば体内のフィナステリドはすべて分解され、体外に排出されてしまうはずです。そのため、服用を中止して1ヶ月もすれば副作用も現れなくなるのが普通となります。

ですが、プロペシアのようなフィナステリドが成分の薬は、服用中止後も性欲減退や勃起、射精障害が改善されずに継続する可能性がある研究や報告が上がっています。そのため、このポストフィナステリド症候群が問題視されるようになってきました。ただ、まだこのポストフィナステリド症候群に関しては分かってない事も多く、論文なども少ないため確かな事はいえないというのが実情となっています。

子作り中にプロペシアの服用は危険?

子作り中にプロペシアの服用は危険?
現在、国内ではプロペシアを服用中の男性と子作りをする事に対して制限や注意喚起は行われていません。また、プロペシアを服用中の男性との間にできた胎児や生まれてきた子供に因果関係がハッキリするような障害や疾患などの報告例もありません。

プロペシア服用中の男性の精子からは、わずかな量のフィナステリドが検出される事は分かっていますが、その量が妊活や胎児に与えるほどではないとされているんですね。フィナステリド自体は、男児の生殖器の成長を阻害するなどの悪影響がありますが、精子に含まれる微量では影響がないという事です。そのため危険性は低いと言えるでしょう。

ただし100%何の問題も起こらないのかというと、実際はそこまでの研究が進んでいません。極めて危険性は少ないものの、100%影響がないとは言い切れないのです。

ジェネリックでも同じ副作用?

ジェネリックでも同じ副作用?
プロペシアのジェネリック品は、添加物が違うだけで主成分は変わりません。配合量も同じですから、ジェネリックであってもその副作用の種類や副作用の発現率は変わらないと言えます。もちろんジェネリック品であっても、ポストフィナステリド症候群が起きる可能性はあるという事です。

プロペシアが与える精子への影響は?

プロペシアが与える精子への影響は?
プロペシアの精子への影響に関しては、上でも少し触れましたが精子の量の減少や運動量の低下、また奇形率が上がるといった影響があることが分かっています。つまりプロペシアは、勃起障害や射精障害だけではなく、精子の質にまで影響を及ぼします。しかし、それが男性不妊につながるといった例はまだ報告されていません。

ミノキシジルとプロペシアの副作用の違いは?

ミノキシジルとプロペシアの副作用の違いは?
ミノキシジルもプロペシアも、医薬品である以上副作用が起きる可能性は0ではありません。ですが、ミノキシジルはプロペシアと違って男性ホルモンの影響による副作用は起こりません。

例えばプロペシアの副作用は、男性ホルモンの影響によるものがほとんどとなっています。勃起障害や精子の質の低下はもちろんのこと、男性の女性化や鬱(うつ)などの副作用もプロペシアの男性ホルモンへ与える影響によるものです。

一方ミノキシジルは、上記のような副作用ではなく、皮膚への症状が主なものとなっています。また、もともと高血圧の薬ですから頭痛やめまいというのもミノキシジルに多く見られる副作用と言えるでしょう。このように同じAGA治療薬ですが、肝機能障害など以外はあらわれる副作用にも違いがみられるのです。

まとめ

まとめ
プロペシアと言えば、やはりAGA治療には欠かせない薬です。だからこそ、しっかりとその副作用についても知っておきたいものですね。

特にポストフィナステリド症候群については、いまだ知らない人も少なくありません。こういったプロペシア中止後も副作用が続く可能性があるというポストフィナステリド症候群についても、AGA治療をするうえでしっかりと認識しておかなければいけません。