プロペシアの副作用の確率は?後遺症をもたらすポストフィナステリド症候群とは?

日本皮膚科学会でもAGAの治療に効果があるとしている薬のひとつがプロペシアです。ですが、その効果と比例するようにプロペシアは副作用のリスクも高い薬だというイメージがないでしょうか。プロペシアの効果とセットになってよく話題になるのが、この副作用についてです。

しかし、プロペシアに限らずどんな薬であっても副作用があるもの。プロペシアは他の薬と比べて副作用の発症率が高い薬なのでしょうか。イメージだけで判断するのではなく、実際プロペシアの副作用はどのくらいの確率で発症するものなのか詳しく説明していきます。

プロペシアの副作用がおきる確率は?

プロペシアの副作用がおきる確率は?
プロペシアの服用による副作用発現件数は4.0%となっています。安全評価対象例数276例のうち11例に何らかの副作用が発現しました。

しかし、ここで注意したいのはプロペシアを服用すると、その内の4.0%に副作用が発症する訳ではありません。この4.0%は、たとえば個人の体調など他の原因や疾患の有無を考慮せず、とにかくプロペシアを服用した後に何らかの副作用的な症状が発症した件数を示しています。

この他に臨床試験として、プロペシアの服用者とプラセボ薬を服用した人に起こる副作用発症率を比較したものがあります。それよると、プロペシア1mgを服用した1年目の副作用発現率は5%、プラセボ薬を服用した群では2.2%となっています。また、3年目ではプロペシア1mgで副作用の発言率は1.6%、プラセボでも同じ1.6%という結果が出ています。

より参考になるのは、プロペシアとプラセボ群を比較した方だと言えるでしょう。この結果からすると、プロペシアの副作用発現率は、プロペシアの服用を続けていくうちに低くなっていくと言えますね。

プロペシアの副作用にはどんなものがある?

プロペシアの副作用にはどんなものがある?
プロペシアの副作用としては、性欲の減退などが主な症状として知られていますが、もう少し詳しくみていきましょう。

プロペシアにより報告されている副作用には、まず生殖器に関するものがあげられます。一番多いのはリビドー減退で1.1%、また勃起不全や射精障害、精液量の減少が1%未満となっています。他にも生殖器に関しては頻度は不明ですが、睾丸(こうがん)痛や精子の質の低下が報告されています。精子の質の低下とは、精子濃度が薄くなる、精子の運動性の低下や奇形率の上昇などがあげられます。

他には消化器官に副作用が現れることもあり、下痢や胃腸の不快さが0.4%の発現率です。肝機能障害に関しては、使用成績調査によると943例中2例の報告があり発現率は0.2%となります。しかし、これらの肝機能障害は決して重篤なものではなく、症状別としては軽いものに限定されています。

じんましんや発疹、血管むくみ、乳房圧痛、乳房肥大、めまい、鬱(うつ)などの副作用もありますが、これらは頻度不明です。

薬を止めても副作用は続くの?後遺症が残るポストフィナステリド症候群とは?

薬を止めても副作用は続くの?後遺症が残るポストフィナステリド症候群とは?
基本的に、プロペシア服用後に起きる副作用は服用を中止する事によって治まると考えられます。プロペシアは、服用を中止すると約1ヶ月で全て成分が抜けきると言われています。ですから、服用中止から1ヶ月もすれば副作用の多くは消えるはずです。

しかし、副作用の中には服用を中止しても以前とその症状が続くケースもあると報告されています。こうした症状をまとめてポストフィナステリド症候群と呼ぶのです。これは、フィナステリドの服用を中止してと副作用が続くことを指します。

勃起不全などの性機能障害が持続してり、鬱状態が回復しないといったケースがあることが分かってきたのです。プロペシアの説明書にも、実際に服用を中止しても副作用が継続したという報告があることが記されています。今、このポストフィナステリド症候群が注目をされているんですね。

AGA治療としてプロペシアを服用すると、ヘアサイクルを狂わせる男性ホルモンの量がセーブされます。ポストフィナステリド症候群は、プロペシアの服用を止めてもこのホルモンの状態が継続することで起きるのです。

なぜポストフィナステリド症候群になる人がいるのか、その原因はまだハッキリと解明されてはいません。しかし、現在のところ有力だと言われているのが、脳で作られる男性ホルモンの減少によるものです。こうしたフィナステリド症候群は、長くプロペシアを服用した人が急に飲む事を中止した際に起きると言われています。

プロペシアが女性に危険な理由は?

プロペシアが女性に危険な理由は?
プロペシアは女性に対して禁忌とされている薬です。特に妊娠中や授乳中の女性がプロペシアを服用したり、直接触れたりすることで、胎児や赤ちゃんにまで性障害が起きる可能性があるのです。ですが、妊娠や授乳をしていない女性、子作りの最中ではない女性や妊娠する可能性のない女性がプロペシアを服用したからといって男性と比べて身体に悪影響が起きたり命の危険性があったりする訳ではありません。

しかし、女性はプロペシアを服用しても何の意味もないのです。女性の薄毛は5αリダクターゼとテストステロンが結びつきDHTになる事で発症する訳ではありません。
そもそも男性のAGAと女性の薄毛ではメカニズムも症状も違うのです。プロペシアが効果を発揮するのは、男性のAGAのみ。ですから、女性がわざわざプロペシアを服用する意味は全くありません。

プロペシアを病院で処方してもらうのが安全な理由は?

プロペシアを病院で処方してもらうのが安全な理由は?
プロペシアは、ワーファリンのようなハイリスク薬に指定されている訳ではありません。しかし、プロペシアを服用するのなら、やはり個人輸入などではなく医師に処方をしてもらうのが一番です。その理由にはいくつかありますが、例えば病院なら事前にプロペシアが効く体質かどうかの検査をしてもらう事ができます。また、検査により薄毛の原因はAGAではないと発覚することもあるでしょう。

副作用とは言えませんが、プロペシアでは一時的に初期脱毛の症状が起きる事があります。これは服用初期に抜け毛の数が今までの何倍にもなり、頭皮がスカスカになってしまうものです。病院で処方してもらえば、こうした初期脱毛に対しての適切なアドバイスや、症状によって薬の量を調整する事もできます。また、ポストフィナステリド症候群に対しての適切な対処も可能となるでしょう。

個人輸入では、プロペシアがとても安く手に入りますが、中には粗悪品や偽装品もあります。こうしたことを考えても、プロペシアは医師から処方してもらうほうが良いと言えるのです。

まとめ

まとめ
プロペシアの服用において、重篤な副作用が起きる事はまずないと言えます。また、副作用の発現率も他の薬と比べて極めて高いこともありません。しかし、最近話題になっているポストフィナステリド症候群については覚えておいたほうが良いでしょう。

元AGAクリニックスタッフによるレビューと調査内容も公開しています

近くの優良AGAクリニックを探す
エリアから検索

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック 東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。 詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック 東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。 詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。 詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル 薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。 詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック 池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。 詳細はこちら