女性のAGA治療の副作用はどんなものがある?

女性のAGA(FAGA)は効果実感率が高く、治療の成果があらわれやすいという特徴があります。ですから、FAGAが気になり始めたらあきらめず適切な治療をスタートすることをおすすめします。ただし、FAGAの治療をするにあたって、副作用についても知っておきたいものです。

このページでは、女性のAGA治療における副作用について解説していきます。

FAGA治療で選択してはいけないこと

FAGA治療で選択してはいけないこと
FAGAは女性のAGAと言われ、そのメカニズムは女性ホルモンの減少による男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の増加によるものです。そのため、DHTを抑制する事も症状を抑えるためには有効となります。

DHTを抑制するために使用される内服薬には、フィナステリドやデュタステリドを主成分としたものが有名です。よく聞くプロペシアは、フィナステリドが主成分の内服薬です。これらは、DHTを生成する5αリダクターゼを阻害する事によって脱毛を予防してくれます。

ですが、女性のAGA治療にはフィナステリドもデュタステリドも推奨されていません。なぜなら女性には、両者とも効果がないためです。さらに、妊娠中や授乳中の女性が服用したり薬の内容物に触れたりしてしまうと、男児の生殖機能の発達に大きな障害や奇形を及ぼす危険性すらあります。

クリニックの治療では、妊娠授乳の有無に関わらず、女性に対してフィナステリドやデュタステリドが処方される事は絶対にありません。ですが、最近ではネットでもこれらの薬を手に入れる事ができます。女性に関しては、AGAに効果があるからといって、個人輸入などにより購入し薬を使用しないようにしましょう。

パントスチンの副作用は?

パントスチンの副作用は?
上記で説明した通り、女性のAGA治療にフィナステリドやデュタステリドは使用する事ができません。では、これらと同じ様な働きかけをするパントスチンには副作用はないのでしょうか。

パントスチンの主成分であるアルファトラジオールは、副作用のリスクがとても低い成分ですから女性が使用しても大丈夫です。

ただ、成分にアルコール類も配合されているので、頭皮が敏感になっている場合は刺激を感じる事もあるでしょう。また、副作用リスクは少ないとはいっても、万が一の事を考えてパントスチンも妊娠中や授乳中は控えるように推奨されています。

そのほかパントスチンには、フィナステリドやデュタステリドで報告されているような、リビドーの減退などは報告されていません。

ミノキシジルの注意したい副作用は?

ミノキシジルの注意したい副作用は
もともとミノキシジルは、高血圧の薬として処方されていました。しかし、その副作用として体毛が濃くなるといった症状が見られたことから薄毛治療のために発毛薬としても処方されるようになったんですね。ミノキシジルの発毛効果は、日本皮膚科学会でもAランクに推奨されているほど効果が高くなっています。

ミノキシジルは、女性でも使用する事が可能な外用薬です。ただし、ミノキシジルは刺激が強く、頭皮のトラブルが起きる事は珍しくありません。男性よりも皮膚がデリケートな女性の場合、ミノキシジルの使用によりかゆみや火照り、湿疹や炎症などを起こしやすいでしょう。

また、それ以外にミノキシジルを使用した女性のAGA治療で注意をしたい副作用があります。それは、ミノキシジルを使うことによって多毛症の症状があらわれる可能性があるという事です。外用薬であっても生え際やおでこ、眉毛などの毛が濃くなってしまう場合があるので注意をしながら使用したいものですね。

パントガールの副作用は?

パントガールの副作用は?
女性専用の唯一の薄毛改善の内服薬がパントガールです。

パントガールは、その成分がビタミンやアミノ酸のためサプリメントと同じ様や位置付けとなっており、現在のところ副作用は報告されていません。また、パントガールは授乳や妊娠後期に入ってからの服用は問題ないとされています。ただし、特に妊娠中の服用は自己判断はせずに医師と相談のうえで行うことがベストです。

副作用の報告もありませんが、子供に対する臨床試験は行われていないので12歳未満の子供がパントガールを服用するのは止めましょう。

用法を守ること

用法を守ること
どの治療方法を選択するとしても、使用方法や容量は守る事が大切です。回数を多くしたり、量を多く服用したり使用したとしても効果がアップするわけではありません。

それどころか副作用の出現率が高くなってしまう可能性があります。ですからきちんと適切な用法を守ることが大切です。

まとめ

まとめ
薬を使用した女性のAGA治療方法は、決して副作用がないわけではありません。ですが、女性向けのパントスチンやパントガールは副作用のリスクが非常に低くなっています。

ですから薄毛や抜け毛が気になったら、FAGAの治療を始めてみることをオススメします。自己判断はせずにきちんと医師の指導の下で治療をすれば、副作用に悩まされる心配はほとんどないと言えるでしょう。

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら