女性のAGAの治療法にはどんな種類があるの?

AGA(男性型脱毛症)は、文字通り男性に発症する抜け毛や薄毛を指しますが、女性版AGAというべき脱毛症も存在します。女性のAGAはFAGAと呼ばれ、AGAと同じように内服薬や外用薬などを使用して治療します。
今回は、女性のAGAとして知られるFAGAの概要や治療方法の種類について紹介します。

女性のAGA(FAGA)とは?

FAGAの治療方法の種類
女性におけるAGAは、「女性における男性型脱毛症」としてFAGA(Female Androgenetic Alopeciaの略称)と呼ばれています。
男性に発症するAGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることで引き起こされます。女性の場合、本来であれば男性ホルモンの分泌量は少量ですが、加齢などの影響で女性ホルモンの分泌が低下すると相対的に男性ホルモンが優位となって抜け毛や薄毛につながると考えられています。また、AGAが毛髪の生え際や頭頂部など局所的に進行するのに対し、FAGAは全体的に薄毛が広がるという特徴があります。

外用薬の治療法の種類

外用薬の治療法の種類
FAGAの治療方法には、主に以下のような治療方法があります。
・外用薬 頭皮に直接塗布するタイプの治療薬です。比較的重篤な副作用が起こりにくいといわれています。
・内服薬 飲むタイプの治療薬です。本人の症状に適した内服薬が処方されます。
・その他 注入治療や自毛植毛、サプリメント、ヘアケア用品などを用いた治療方法です。
FAGA治療には様々な種類やメニューがありますので、医師と相談し自分に合った治療方法を選ぶことが奨励されています。

FAGA治療の外用薬には、血行や薄毛を引き起こす物質に働きかける成分などが配合されています。ここでは、FAGA治療に使用される主な外用薬について紹介します。

1.ミノキシジル外用薬

ミノキシジルは血流を促進して発毛を促す成分のことで、厚生労働省から発毛効果が認められているほか、日本皮膚学会からも推奨されている有効成分です。ミノキシジルは「リアップ」などAGA用の育毛剤に使用されていることでも有名ですが、最近では女性の薄毛対策にも用いられています。FAGA治療に使用する際は、男性用よりも濃度の低い製品を使用するのが一般的とされています。

2.パントスチン

毛根にダメージを与えるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害するアルファトラジオールが配合された外用薬です。DHTの抑制作用が比較的ソフトなため、女性だけでなくAGA内服薬の副作用による男性機能減退が心配な男性にも奨励されています。

3.その他

上記のほか、クリニックによっては毛母細胞成長因子や馬プラセンタ、機能性ぺプチドなど発毛促進や脱毛予防に役立つ成分が配合された外用薬や育毛剤が用いられることもあります。

内服薬の治療法の種類

内服薬の治療法の種類
FAGA治療の内服薬には、毛髪の成長に必要な栄養素のほか、髪質やホルモンバランスなどに働きかける成分が配合されています。ここでは、FAGA治療に用いられる主な内服薬について紹介します。

1.パントガール

パントガールは、FAGAやびまん性脱毛症といった女性の薄毛を治療する内服薬として世界で初めて効果や安全性が認められた医薬品です。毛髪の健康に役立つたんぱく質やアミノ酸、パントステン酸カルシウムやケラチンなどが配合され、薄毛改善だけでなく毛髪の質を向上させる効果にも期待できると考えられています。また、主成分が栄養素のためどちらかというとサプリメントに近く、重篤な副作用のリスクが少ないともいわれています。

2.ルグゼバイブ

ルグゼバイブは、パントガールに配合されているパントステン酸カルシウムやケラチンに加えて、ホルモンバランスを整えたり新陳代謝アップなどの作用が期待できる馬プラセンタが配合された内服薬です。馬プラセンタは疲労回復や肌質の改善にも役立つため、美容や健康への効果にも期待できると考えられています。

3.その他(漢方など)

上記のほか、クリニックによっては東洋医学を活かした漢方や、オリジナルの内服薬を用いる場合もあります。

その他の治療法


FAGAの治療方法には、注入治療や自毛植毛といった治療方法もあります。ここでは、内服薬や外用薬以外の主な治療方法について紹介します。

1.注入治療

成長因子やミノキシジルなどを直接頭皮に注入して発毛・育毛を促す治療方法のことで、FAGAメソセラピーやHARG療法といったメニューがあります。皮膚に直接有効成分が浸透するため、比較的効果が出やすいといわれています。ノーニードルや冷却器具など、痛みに配慮した施術を実施しているクリニックもあります。

2.自毛植毛

薄毛や抜け毛が起きにくい後頭部などの毛髪を植毛する方法です。自分の毛髪を直接植え付けるため、確実かつ自然な増毛が可能といわれています。最近では、傷口が目立ちにくい、回復が早いなどダウンタイムが短い施術が普及してきているようです。

3.サプリメント

毛髪の9割を構成するケラチンの生成を助けるL-シスチンやビオチン、頭皮環境を良好にキープしてくれる葉酸など、育毛に役立つ栄養素や成分が配合されているサプリメントを使用する方法です。商品によってはイソフラボンやボタニカルエキスなど女性ホルモンや美容をサポートする成分が含まれている場合もあります。

4.ヘアケア用品

シャンプーやコンディショナーを使用する方法です。地肌をソフトに洗い上げる洗浄成分や乾燥を防ぐ保湿成分などが配合されている場合が多く、毛髪の健康や頭皮環境の改善効果に期待できるといわれています。育毛だけでなく、毛髪のダメージ補修やボリュームアップが望める商品もあります。

女性のAGAの治療法まとめ

女性のAGAの治療法まとめ
女性版のAGAはFAGAと呼ばれ、全体的に毛髪が薄くなるという特徴があります。FAGAを治療するためには、内服薬や外用薬、もしくは注入治療や植毛などを利用しましょう。医師とよく相談し、自分に合った治療方法を選んでFAGAを改善してくださいね。

元AGAクリニックスタッフによるレビューと調査内容も公開しています

近くの優良AGAクリニックを探す
エリアから検索

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック 東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。 詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック 東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。 詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。 詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル 薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。 詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック 池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。 詳細はこちら