初期脱毛は細い毛しか抜けない?太い毛が抜けたら要注意!

AGA治療を始める上で気になる初期脱毛。AGA治療をする必要のない人でも、必ず1日に100本程度は抜け毛が起きるものです。しかし、健康な毛髪をもっている人の場合、抜け落ちるのは十分に成長しきった太い髪の毛です。では、初期脱毛の場合はどうなのでしょうか。

初期脱毛とは?

初期脱毛とは?
フィナステリドやデュタステリド、そしてミノキシジルのような薬を使ってAGA治療を行って場合に見られる脱毛が初期脱毛です。この症状は、毛根や毛母細胞が薬の作用により活性化することで起こります。

何故かというと、上記の作用により新しい毛髪の成長が早まり、ヘアサイクルが乱れて既に成長が止まってしまった髪の毛を押し上げて生えてくるからです。このヘアサイクルが乱れた髪の毛が、こうしたメカニズムにより抜け落ちる事を初期脱毛というんですね。

初期脱毛は細い毛だけって本当?理由は?

初期脱毛は細い毛だけって本当?理由は?
はじめに、ヘアサイクルが正常な人の抜け毛は太いと述べました。一方、初期脱毛で抜け落ちるのは細い髪の毛だと言われています。これは本当なのでしょうか。

確かに初期脱毛により抜け落ちる髪の毛は、細い事が多くなっています。というのも、通常は十分に成長した髪の毛が抜け落ちるのですが、AGA患者のようにヘアサイクルが乱れてしまっていると成長期が極端に短くなってしまうのです。成長期が短くなると、髪の毛は十分に成長できず細い毛のまま成長が止まってしまいます。その細い髪の毛のまま退行期、そして休止期へと入ります。AGA患者は、そうした休止期の状態の毛髪が多くを占めているのです。

初期脱毛で抜け落ちるのは、こうした休止期の毛髪のみです。AGA患者の休止期の毛髪は、上記で説明した理由により細い弱々しい毛となっています。そのため必然的に初期脱毛で抜け落ちる毛は、細い毛という訳ですね。

あきらかに太い毛が抜けてる場合は初期脱毛ではない?対策は?

あきらかに太い毛が抜けてる場合は初期脱毛ではない?対策は?
では、あきらかに太い髪の毛が抜けている場合、それは初期脱毛ではないのでしょうか?AGA患者の頭皮にも正常なヘアサイクルによって、十分に成長した髪の毛も存在しています。そうした成長しきって休止期に突入した毛髪は、当然男性ホルモンの影響を受けたものより太いものです。

通常初期脱毛では、どうしても割合の多い休止期の細毛が抜けるため太い毛が抜けるのは異常だと思いがちです。しかし、初期脱毛の抜け毛に太い毛が混じっているからといって問題にはなりません。その髪の毛が成長をしきった休止期の毛髪であれば、細くても太くても関係はないのです。

ただし、危険なのは成長期の髪の毛が抜けるということ。しかし、普通成長期の毛髪は毛根がしっかりとしている為、自然に抜け落ちるという事はありません。せっかく生えてきた健康的な毛髪が抜け落ちる場合は異常な事態だと言えるでしょう。素人が答えを出すことはできませんから、初期脱毛時に気になることがあれば医師に相談をするのがベストです。

初期脱毛がおこる時期は?いつまでつづく?

初期脱毛がおこる時期は?いつまでつづく?
初期脱毛は、普通なら1ヶ月程度で治まりますが人によってはもう少し長く続くこともあります。始まる時期もまちまちで、1週間から2週間、遅くても1ヶ月以内には始まるでしょう。脱毛の期間は、症状が発生してから1ヶ月ほどです。薬を使用しだしてから1ヶ月という訳ではありません。

初期脱毛で抜ける量は?

初期脱毛で抜ける量は?
初期脱毛で抜ける量は300本程度が平均値でしょう。ただし、人によっては500本ほどというケースもあります。後者の場合、普段よりもかなり抜け毛が激しいため頭皮にも明らかな変化が現るものです。頭皮がスカスカになってしまい、不安を覚える人も少なくありません。

しかし、初期脱毛である限りは必ず脱毛が治まり発毛が始まるはずです。それまで辛抱強く使い続けることが大切ですね。

初期脱毛がおこりやすい治療法とは?

初期脱毛がおこりやすい治療法とは?
初期脱毛がおこりやすいと言われている治療方法は、ミノキシジルタブレットの服用やフィナステリド、デュタステリドの成分が配合されている内服薬です。ミノキシジルには外用薬もありますが、こちらはミノキシジルタブレットと比べると初期脱毛は起こりにくいと言われています。ただし、ミノキシジルの外用でも初期脱毛が起きる人もいます。

上記にあげた成分を使用した場合は、初期脱毛は誰にでも起こる可能性があります。ですから、頭皮に注射器やレーザーで成分を注入するメソセラピー療法などでも初期脱毛が起きることはあるのです。表面的ではなく、毛母細胞までを活性化させるような治療方法は初期脱毛がおこりやすいと言えるでしょう。

まとめ

まとめ
AGA治療により起きる初期脱毛は、細く見るからに弱々しい髪の毛が抜けることが大半です。それはAGA患者は、ヘアサイクルの乱れにより成長せずに細いまま休止してしまった毛髪の割合が多いからです。初期脱毛では細い髪の毛だからではなく、毛母細胞が活性化され休止期の毛髪が抜け落ちます。ですから、必ずしも細い毛しか抜けない、太い毛が抜けていたらそれは初期脱毛ではないと決めつける事はできません。

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら