AGA治療で起こる初期脱毛の原因は?メカニズムやケア方法は?

AGA治療をスタートしたら、逆に脱毛がひどくなった!抜け毛が増えた!と驚いた人も多いと思います。男性型脱毛症であるAGA治療をスタートしてから起きるこうした症状を初期脱毛と呼びます。

薄毛の治療をしているはずなのに、脱毛が起きるなんて想像もしていなかったという人も多いのではないでしょうか。AGA治療を始める前に、こうした初期脱毛についての知識を十分に身につけておかないと治療をやめてしまう原因となってしまうこともありますので、AGAを治療するなら、初期脱毛についてもよく知っておきましょう。

このページでは、初期脱毛の原因や対処法、メカニズムやケア方法などを紹介します。

初期脱毛が起こる治療法や治療薬は?

初期脱毛が起こる治療法や治療薬は?
AGAの治療方法にはいろいろな種類がありますが、どんな治療方法で初期脱毛は起きるのでしょうか。結論から言えば、クリニックで行う5αリダクターゼを阻害する内服薬は、初期脱毛が起きる可能性があります。

プロペシア(フィナステリド)

クリニックで処方されるAGA治療の内服薬といえば、プロペシアが代表的ですね。まず、AGAを治療することになればプロペシアの服用になるでしょう。プロペシアは脱毛の原因となる5αリダクターゼを阻害する作用のあるお薬になります。そんなプロペシアの有効成分は、フィナステリドです。ですから、プロペシアだけではなく主成分がフィナステリドのジェネリック薬品も同じように初期脱毛が発生する可能性があります。

デュタステリド

デュタステリドはフィナステリドと同じように5αリダクターゼを阻害する内服薬です。最近ではフィナステリドよりも脱毛を抑制する効果が高いと言われAGA治療薬として処方されることもあります。そんなデュタステリドが配合されているAGA治療薬も初期脱毛が起きることがあるでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは、日本皮膚科学会がAGA治療薬に有効だとしている最高レベルの外用薬です。ミノキシジルは、血行促進や毛母細胞へ直接働きかけることによって発毛を促すという作用があります。しかし、そんな発毛作用のあるミノキシジルであっても初期脱毛が起きる可能性はあります。

ミノキシジルタブレット

副作用が高いというリスクがあり、また日本国内では外用薬のミノキシジルは承認されていますがミノキシジルタブレットは国内未承認の内服薬です。そのため、AGA治療を行っているクリニックでもミノキシジルタブレットを処方していないケースが多くなります。こうしたミノキシジルタブレットも初期脱毛が起きる事があります。

育毛メソセラピー

AGAに効果のある成分をレーザーや注射器などで直接頭皮へ注入する育毛メソセラピーは、高額な治療方法のひとつです。しかし、高額なメソセラピー治療であっても初期脱毛が起こらないという訳ではありません。一般的なAGA治療薬と同じように初期脱毛は起こります。

再生療法

再生療法はAGA治療薬の中で、治療を終了してもその効果に持続性があると言われている治療方法になります。値段はかなり高額ですが、新しいAGA治療として期待されている方法です。しかし、そんな毛髪再生療法であっても初期脱毛は起きる場合があります。

初期脱毛が起こる原因は?抜ける毛の特徴は?


初期脱毛が起こる原因は副作用ではありません。薬の成分に脱毛作用があるわけではないのです。初期脱毛が起きる原因は、AGA治療の過程で弱ってしまった毛髪が抜け落ちる事です。ですからAGA治療で起きる初期脱毛により抜けた毛髪は、細く弱々しいという特徴があります。産毛のような毛髪であったり、毛髪の根っこの白い部分が小さく細かったりするのも特徴ですね。

逆に太くてたくましい毛髪が抜けている場合は、AGA治療過程による初期脱毛ではない可能性があるので抜け落ちた毛髪を注意深くみてみましょう。

初期脱毛はどのくらい抜けるの?個人差はあるの?

初期脱毛とはいっても、一体どれくらいの量の毛髪が抜けてしまうのが気になるものですよね。AGA治療をしていなくても、人は誰でも1日に平均して50本から100本ほどの毛髪が抜け落ちています。この程度の抜け毛なら、正常の範囲内です。

しかし、初期脱毛が起きている最中は、その倍の2倍から3倍ほどである200~300本の毛髪が脱毛することになります。しかし、これには個人差があるので一概にどれだけ抜けたら初期脱毛が起きているとは言えません。場合によっては、もっと抜け毛の量が多いこともありますし、反対に抜け毛が増えたかどうか分からないこともあります。また、初期脱毛が起きない人さえおり、そこには個人差があるものなのです。

特にシャンプー時に抜け毛の量が増えたり、朝起きた時に枕につく抜け毛の量が増えたりしていて初期脱毛の症状に気づくことが多いようです。しかし、抜けた髪をみれば細く短い毛が多いと思います。

初期脱毛が起こるメカニズム

初期脱毛が起こるメカニズム
初期脱毛が起きる原因は、通常よりも細く弱々しい髪の毛が抜けるようになるためだと述べました。では、なぜ成長しきれていない細い髪の毛が抜けてしまうのでしょうか。初期脱毛が起きるメカニズムは、AGAの治療によりヘアサイクルが整ってくることにあります。ヘアサイクルが整ってくる段階で、初期脱毛が起きるのです。

ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期そして脱毛という周期をくりかえすのが正常です。成長期では毛母細胞が活発に分裂をする事で、太く強い髪の毛を作りだしぐんぐん毛髪が伸びていきます。そして退行期になると、その毛髪の成長が止まるようになり毛母細胞が完全にその働きを停止する休止期を経て脱毛が起きるのです。

AGAの治療方法はいろいろとありますが、休止期になっている毛髪を成長期へと変える事によってヘアサイクルを整えるという共通点があります。そのため、乱れたヘアサイクルの影響によって、早いうちから休止期に入っていた成長が妨げられ弱々しい毛髪の下から新しい強く太い毛が生え、古い毛髪が押し出されることで抜け毛が増えてしまうのです。

初期脱毛が起こる期間は?

初期脱毛が起こる期間は?
初期脱毛は、AGA治療から1~2週間前後で症状が起きると言われています。そして、それが1ヶ月から2ヶ月ほど続く人が多くなっていますが、これにも個人差があるものです。ですから、必ずこの期間で脱毛が終わるとは言い切れませんが、長くても3ヶ月続かないのが普通だと考えてください。

初期脱毛時を乗り越えるための注意点は?ケア方法は?

初期脱毛時を乗り越えるための注意点は?ケア方法は?
初期脱毛はAGA治療をすれば、起きる確率のある症状ですがもちろん起こらないケースもあります。しかし、初期脱毛が始まってしまえば、それを止める手だてはありません。つまり、初期脱毛を予防したり少しでも早く終わらせたりする方法はありません。

そのため、初期脱毛時の注意点は、必要以上に脱毛を気にしないという事につきますね。気にし過ぎはストレスを招き、さらに脱毛が増える原因となってしまいます。初期脱毛が起こると言うことは、薬が効いている証拠なので安心してくださいね。

初期脱毛はケアでなんとかなるというものではありませんが、逆に勝手に治療をストップしたり薬の量を減らしたりする事はやめましょう。普通にしている事が一番ですね。

初期脱毛は効果がでている証拠?

初期脱毛は効果がでている証拠?
初期脱毛は副作用や悪い兆候などではなく、AGA治療の効果が出てきているという証拠でもあります。それは、初期脱毛はヘアサイクルが正常に戻ってきているからこそ起きるものなのだからです。

急激に毛母細胞が活性化し、成長期が始まったことにより抜け毛が一時的に目立っていると考えられますね。つまり、ヘアサイクルに急激な変化が起きている人ほど初期脱毛が激しいと言えるでしょう。

初期脱毛は気にしないで大丈夫?

初期脱毛は気にしないで大丈夫?
もし、その抜け毛の正体が初期脱毛であれば、それは気にする必要はありません。「ヘアサイクルが正常に戻りつつあるんだなぁ」と考えておきましょう。

ただし、本当に初期脱毛なのかどうかをきちんと確認しておく必要があります。もしかすると、本当にAGAの治療方法が身体にあわずに脱毛が発生している可能性もあるからです。まずは、どんな毛髪が抜けているのかを確認してみましょう。

そして、あまりにも症状がひどく、脱毛以外にも異常が起きるなら必ず医師の診察を受けてください。また初期だけではなく、3ヶ月よりも長く脱毛が続くような場合も医師に相談しましょう。

AGA治療の初期脱毛まとめ

AGA治療の初期脱毛まとめ
クリニックで受けるAGA治療の多くは、初期脱毛の症状が現れるものです。そのリスクが少ないものとしては、確かな効果があるかどうかは分からない運動や食生活の改善などになります。サプリメントもそれだけの単独服用なら、初期脱毛が起きるというケースはまれです。

初期脱毛が起きると心配になるのが普通ですが、そこで治療を中止してしまうのはAGAの改善をあきらめたといっている様なものです。本気でAGAに取り組みたいのなら、初期脱毛を乗り切ることが重要になります。AGA治療をすることでヘアサイクルが正常化すれば段々と抜け毛の本数も減少し、見た目にも治療の効果が現れられるでしょう。

ただし逆に初期脱毛が見られないからといって、それはAGA治療が効いていないということではありません。初期脱毛がおきないからといって、心配する必要もないということですね。

確率的にどれくらいの割合でAGA治療中に初期脱毛が起きるのかは分かっていません。ですが、誰にでもあらわれる可能性がある事や予防方法はないという事を忘れないようにしましょう。

こうして少しでも初期脱毛のメカニズムを知ることで、いざAGA治療をして初期脱毛が起こってもヘアサイクルが正常化していく過程で起きている抜け毛だと分かれば、安心して治療に専念できますね。