AGAは完治するの?治療はいつまで続けるべき?

AGAで悩んでいる人にとって、AGAが完治するのかどうかという点は、非常に気になる問題だと思います。そして、ほとんどの人がAGAを治したいという気持ちで治療をしているのではないでしょうか。

このページでは、実際にAGAは完治可能な病気なのかどうか、説明していきたいと思います。

AGAは完治するの?

AGAは完治するの?
結論から言ってしまうと、AGAを一度発症してしまうと完治する事はありません。では、病院などで行われているAGA治療は何のためにあるのでしょうか。

AGAの治療では、これ以上の脱毛の進行を止める事や薄毛になってしまった部分の発毛を促す事が可能です。ですから治療をする事で、AGAの悩みである脱毛や外見上の薄毛を改善する事はできるのです。では、そもそも完治とはどういった事なのでしょうか。完治とは、病気やケガが完全に治る事を指します。通院や治療を続ける必要もない状態の事ですね。

AGAの治療を止めても脱毛がストップし、薬によって発毛した髪の毛も維持する事ができれば、それはAGAが完治したと言えるでしょう。ですが、AGAは治療を止めると、治療前の状態へと戻ってしまいます。しかも、その後は再び症状は進行していきます。ですからAGAは治療をする事で、症状を予防・改善する事はできても完治することはできないのです。

完治できない理由は?

完治できない理由は?
でも、どうしてAGAは完治する事ができないのでしょうか。例えば同じ脱毛症の円形脱毛症などは、完治することは可能ですよね。同じように脱毛を伴うAGAは、なぜ完治する事ができないのでしょうか。

それは、AGAを発症する原因が男性ホルモンにあるからです。

AGAで脱毛が起こり、生え際や頭頂部から薄毛が進行するのはジヒドロテストステロン(DHT)が、毛包に存在しているアンドロゲンレセプターと結びつくためです。また、ジヒドロテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつく事により発生する物質です。つまり、AGAが発症する条件は、ジヒドロテストステロンを発生させる5αリダクターゼの分泌量が多いこと、そしてジヒドロテストステロンと結びつくアンドロゲンレセプターの感受性が強いことという2つの条件がそろう事なのです。

現在、こうしたAGA発生のメカニズムを阻止するために有効なのは、5αリダクターゼをフィナステリドなどの成分によって阻害する事だけです。もちろん生活習慣や食生活も多少の影響はあると言われていますが、それだけでは改善する事はできません。そのため、治療を止めて薬を使用しなくなれば5αリダクターゼを抑制する事ができなくなり、ジヒドロテストステロンを多量に生み出し、アンドロゲンレセプターと結びつく事でまた脱毛が起きるという訳です。

つまり、根本的な治療方法がないという事が完治できない理由のひとつとなります。

AGAの治療は一生続けなければいけないの?

AGAの治療は一生続けなければいけないの?
一生AGAの治療をしなければいけないのか?と問われれば、それは自分次第としか答えようがありません。AGA治療は美容のジャンルになりますから、ゴールは自分で決める必要があります。たとえば、彼女ができるまで、結婚するまでなどですね。

そもそもAGAは命を奪う病気ではありませんから、必ず治療をしなければいけないという病気ではないのです。

AGAの早期治療がよい理由は?

AGAの早期治療がよい理由は?
AGAは早期治療がよいと言われている理由は、進行性の疾患だからです。例えば、AGAが気になり出した現在と1年後では、確実に1年後の方が症状は進行しています。早期に治療をすれば、症状が軽いため、効果もそれだけ早く実感する事ができます。

また、髪の毛は毛母細胞の分裂により作られるのですが、その細胞分裂の回数は一生で50回程度と限りがあるのです。そのため、早期治療はもちろんですが年齢が若いほどAGA治療の効果は出やすくなります。ですから、少しでも早く治療をしてあげることが有効となります。

もし、AGAの発症から時間が経過し過ぎてしまった場合、脱毛期間が長く毛母細胞が死滅してしまった状態では治療の効果もあらわれません。AGAの治療は、弱った毛母細胞を活性化する事はできても、機能しなくなった毛母細胞を復活させる事はできないのです。だから、AGAの治療が効果を発揮しやすい早期に治療を開始する事が何よりも大切になるんですね。

治療をやめるときはどんな状態?

治療をやめるときはどんな状態?
AGA治療を開始して1年以上が経過すると、個人差はありますが、それ以上の効果が現れなくなってきます。AGAの治療は、薬を飲み続ければ飲み続けるほど効果がアップするわけではなく、いずれ効果は打ち止めになるのです。こうした状態になったら、薬の量を減らすなどして様子を見ることになるでしょう。

治療の止めたいというなら、この状態になってからがベストですが、いきなり薬をきっぱり止めてしまうという事はせず徐々に止めていく事をおすすめします。ただ何度も繰り返しますが、治療を止めると少しずつ元の状態へ戻っていくことは避けられません。

また、60代、70代となりもう薄毛でも構わないという精神状態になった時もAGA治療の止めどきだと言えるでしょう。

AGAは完治は完治しないから自分でやめどきを決める

AGAは完治は完治しないから自分でやめどきを決める
AGAは完治すると思っている人にとっては、残酷な現実かもしれません。しかし、治療の効果をずっと維持するには治療も続けるしか今のところないのです。

それでも、治療をする事で症状をコントロールすれば、AGAとうまく付き合っていけるというのも事実です。また早期治療を開始すれば、回復も早く周りにAGAとバレる事もないでしょう。

AGAは完治はしないかもしれませんが、いくらでも対応策はあるのです。完治しないと落ち込むよりも、さまざまな治療方法を選択する事のできる現在の状況に感謝する方が、精神衛生上も良いのではないでしょうか。

元AGAクリニックスタッフによるレビューと調査内容も公開しています

近くの優良AGAクリニックを探す
エリアから検索

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック 東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。 詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック 東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。 詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。 詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル 薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。 詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック 池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。 詳細はこちら