初期脱毛が終わらない?原因と対処法は?

初期脱毛はAGA治療初期に起こる一時的な脱毛症で、ヘアサイクルが改善する過程で起きることから薬の効果が出始めたサインと捉えられています。初期脱毛の期間には個人差がありますが、中には通常より長く続く場合があり、AGAが悪化したのではないかと心配になってしまうケースもあるようです。

今回は、通常の初期脱毛期間や、初期脱毛が終わらない原因、初期脱毛ではない可能性などについてお伝えします。

初期脱毛とは?

初期脱毛とは?
初期脱毛は、AGA治療を開始した際に一部の人に起こる可能性のある症状です。そもそもAGAの治療をする人は、日頃から抜け毛が多く悩んでいることでしょう。しかし、AGA治療を始めたことにより、今までよりも抜け毛の量が増えてしまうことを初期脱毛といいます。

その抜け毛の量は人それぞれですが、明らかにいつもよりも治療を開始してから抜け毛が増えたという場合は、初期脱毛だと考えても良いでしょう。痛みなどはなく、頭皮に特別異常が起きるわけでもないのですが、初期脱毛の程度がひどいと毛髪の密度が非常に低くなり頭皮がスカスカになってしまうこともあります。

初期脱毛はいつからいつまでが通常?

初期脱毛がおこる期間は?

初期脱毛は、AGA治療を開始して14日程度~1か月程度で起こることが多いといわれています。初期脱毛が続く期間については、一般的には1か月程度~2か月程度と考えられていますが、人によっては3か月ほど続いたり、症状が落ち着くまで6か月ほど要する場合もあるようです。初期脱毛で抜ける毛量には個人差があるため、抜け毛が少ない人は初期脱毛そのものを認識しないケースもみられます。また、初期脱毛期は毎日同じ量の髪の毛が抜けるわけではなく、日によって増減します。抜け毛の量が減ってきた頃に初期脱毛も終息すると考えられています。

初期脱毛が終わらない原因は?

初期脱毛が終わらない原因は?

初期脱毛が長引く場合は、毛髪や頭皮の状態・普段の生活に着目して要因を探ってみましょう。ここでは、初期脱毛が終わらない主な原因について3点紹介します。

1.毛髪が弱っている

初期脱毛は、毛髪が弱っている人ほど長く続く傾向があるといわれています。治療によって90日程度で回復するケースもあるようですが、心配な場合は専門クリニックの医師に相談することが推奨されています。

2.頭皮に炎症が起こっている

ミノキシジル外用薬を使用している場合、人によって頭皮に痒みや赤みなどが生じることがあります。頭皮の炎症が初期脱毛を長引かせる原因になっている可能性もあるため、頭皮に異常を感じたら早めに医師に相談しましょう。

3.栄養不足や生活習慣の乱れ

毛髪の成長には、栄養状態や生活習慣も関わっています。栄養が不足すると頭髪に必要な養分が届きにくくなり、薄毛の悪化につながります。また、睡眠不足は髪の成長に役立つ成長ホルモンの分泌を妨げ、運動不足は毛髪に栄養を届ける血液の循環を悪化させる恐れがあります。AGA治療そのものだけでなく、毎日の食事や習慣にも注意しましょう。

薬別:初期脱毛の平均期間

治療別:初期脱毛の平均期間

初期脱毛が起こりうるAGA治療薬として挙げられているのは、「ミノキシジル」、「プロペシア」、「ザガーロ」です。一概にはいえませんが、各医薬品の初期脱毛のおおよその平均期間は次の通りです。

ミノキシジル

1か月~2か月程度で落ち着く場合が多いが、3か月ほどかかる場合もある

プロペシア

1か月~3か月程度

ザガーロ

1か月~3か月程度

三薬品とも1か月~2、3か月ほど続くのが一般的とされていますが、個人差があるため多少前後する傾向があります。

初期脱毛じゃない可能性もある?

初期脱毛が終わらない要因として、初期脱毛ではない別の脱毛症を患っている可能性も考えられます。初期脱毛以外に起こりうる主な脱毛症は以下の4つの症状です。

1.円形脱毛症

円形状に毛髪が抜ける脱毛症のことで、自己免疫疾患やアレルギー、ストレスなどが原因で発症します。円形脱毛症が1か所のみに生じた場合は自然治癒する可能性が高いといわれていますが、2か所以上に発症したり、脱毛箇所がより広範囲に進行した場合は皮膚科で専門的な治療を受ける必要があります。

2.粃糠性(ひこうせい)脱毛症

粃糠とはフケを意味し、フケが増えることで真菌の増殖や頭皮の炎症などが起こり抜け毛につながる場合があります。対策としては、抗真菌作用が期待できるケトコナゾール配合のシャンプーを使用するなどの方法があります。

3.脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌によって発症する「脂漏性皮膚炎」に伴う脱毛症です。脂漏性皮膚炎によって頭皮に炎症が起こると、頭皮環境が乱れてかゆみやフケが発生し毛髪の成長が妨げられることがあります。皮脂の過剰分泌を防ぐために食生活やヘアケアに注意するほか、ケトコナゾールシャンプーを使用する対策方法があります。

4.圧迫性脱毛症

毛髪や頭皮を圧迫することで生じる脱毛症です。ヘルメットや帽子などを長時間にわたって被る人に起こりやすく、頭皮が圧迫されることで血行不良が起こり薄毛につながる場合があります。休憩時間などを利用し、できるだけこまめにヘルメットや帽子を外して頭皮への負担を軽くすることが推奨されています。

育毛剤や育毛サプリで初期脱毛はおこらないの?

育毛剤や育毛サプリで初期脱毛はおこらない?
ただし育毛剤や育毛サプリメントは、いわば髪の栄養剤であり薬ではありません。育毛材や育毛サプリメントは、治療ではなくヘアケアのカテゴリーに分類されます。そのため発毛効果は期待できず、穏やかな効果しか望めません。ただその分、初期脱毛が起こらないのです。つまり、これは育毛剤やサプリメントには毛母細胞の分裂を促すような作用はないという事にもなります。

まとめ

初期脱毛の期間は一般的には1か月~2か月程度ですが、人によっては3か月以上続くケースもみられます。長引く場合は別の脱毛症を患っている可能性もあります。初期脱毛を乗り越えることも重要ですが、気になる症状があれば早めに医師に相談しましょう。

元AGAクリニックスタッフによるレビューと調査内容も公開しています


近くの優良AGAクリニックを探す

エリアから検索

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら