AGA治療薬が子供に与える副作用は?子作り中や授乳中の女性も危険

どんな薬にも副作用というものがありますが、それはAGA治療薬でも同じです。しかし、薬の副作用は種類によって大きな違いがあります。とくに子供や女性の場合、また子作り中や授乳中の女性はAGA治療薬であるプロペシアの扱いには注意が必要だと言われています。

このページでは、AGA治療薬の子供や女性への副作用の影響をまとめました。

AGA治療薬が子供に与える主な症状

子供に出る主な症状
AGA治療薬のうちフィナステリドが配合されている薬が未成年への使用が禁止されている理由は、子供の男性器は成長の途中にありますから、男性ホルモンへ影響を与えるAGA治療薬を服用した場合、成長へ何らかの不具合が起こる可能性があるからです。

また、AGAの外用薬は刺激が強いため、肌のかぶれや炎症、湿疹などの症状が強く出てしまうと考えられます。子供の肌は大人以上にとてもデリケートですから、大人よりも重大な症状が頻発する可能性があるので注意しましょう。

子作り中のAGA治療薬の服用は精子減少の可能性

子作り中の影響や症状
男性がAGA治療の最中に妊活をして、子供ができても一般的に生まれてくる胎児に影響はないと言われています。それは、精液に含まれるフィナステリドの成分量は極少量のため影響がないと言われているためです。

しかし、AGA治療が子作りに何の問題もないとは言い切れません。それは、フィナステリドを含むプロペシアには副作用として精子の数や濃度の減少が報告されているからです。AGA治療薬を服用しても、精液の量が変わったようには感じないという人もいるでしょう。しかし、射精される精液量は変わらないように見えても精液に含まれる精子の濃度や数は減少している恐れがあります。

男性の不妊検査では、精子濃度や精子数も必ずチェックされるほど大切なポイントになります。そのためAGA治療薬によって精子濃度や数が減少する事が、男性不妊につながってしまうという事なのです。

ただ、AGA治療中に赤ちゃんを授かった場合、薬が影響して流産や早産、また胎児に障害などの影響が出る事はまずないと言われています。ただし、100%薬の影響がないとも言い切れないのが現実のため、産婦人科医の回答でも「影響はないと思うが使用は自己責任」と言われる事があるでしょう。医師によっては妊活中の内服薬を用いた治療は中断する事を勧めるケースもあります。

授乳中の女性はAGA治療薬に触れることは危険

授乳中の影響や症状
授乳中の女性は、AGA治療薬の取り扱いには注意が必要です。服用はもちろん、素手で触ることも危険です。

フィナステリドの成分が母乳へ移行する可能性がないとは言えない事もあるためです。精液へ成分がどのくらい移行するかは、調査がされていますが、母乳に関しての研究結果はありません。そのため、母乳への影響を考えて授乳中の女性は扱いに注意しなくてはなりません。

もし、母乳へフィナステリドの成分が含まれていた場合、赤ちゃんの性機能の成長や内臓への影響が考えられます。

未成年に与えるAGA治療薬の影響や症状

未成年へ影響や症状
17~19歳の未成年は、一見すると体格は成人男性と変わりません。ただし、見た目は成人と同じであってもまだ、その器官は発達途中と考えられます。

そのため、子供がAGA治療薬を使用した時と同じように男性器に発達障害が起きる可能性があります。また、内臓に大人以上の大きな負担がかかったり、副作用が重く現れたりするという事も考えられます。

外用薬の場合であっても、皮膚トラブルが強く出る可能性があります。実際にフィナステリドは、クリニックでは未成年には処方することができません。また、外用薬に関しては未成年が使用してはいけないという決まりは定められていませんが、クリニックによっては未成年のAGA治療を断る事もあります。

ですから、いくら10代後半とはいえ、AGA治療は未成年に使用した場合、何かしらの影響がある可能性が成人よりも高くおすすめされないのです。

女性や幼児、未成年がAGA治療薬に触れるのが危険な理由

女性や幼児、未成年がAGA治療薬に触れるのが危険な理由
AGA治療薬の中でも、プロペシアやザガーロなどの男性ホルモンに作用する成分が含まれものは、服用するだけではなく触れるだけでも危険性があると言われています。

内服薬なのになぜ触るだけでも危険なのでしょう。それは、経口摂取しなくても薬の成分が経皮吸収されるからなんですね。つまり、皮膚からでも薬の成分が血液へと流れるという事になります。

ただ通常AGA治療薬は粉末状ではなく、コーティングされていますから素手で触っても普通なら心配はありません。ただ、錠剤が割れたり欠けたりしている場合は危険です。

万が一の事を考えて、たとえ割れていなくても女性や幼児、未成年はAGA治療薬に触れないようにしましょう。特に幼児や妊娠中、授乳中の女性は気をつけてください。妊娠中の場合、AGA治療薬の作用により胎児の生殖器の正常な発達を妨げ、男性器が適切につくられない可能性があります。

AGA治療薬は、効果が高いものですが、リスクとも言える副作用の面について熟考する必要があります。AGA治療薬は、女性や幼児、未成年で起こり得る副作用についても注意しなければいけません。

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら