プロペシアの副作用:子作りにどんな影響を及ぼす?

AGAの治療をする場合、必ずといっていい程処方されるのがプロペシアという飲み薬です。しかし、こうした薬を服用する時に気になるのが、副作用です。

AGA患者の中には、当然既婚者の方もいるでしょう。その場合、特に気になるのがプロペシアの服用が子作りに与える影響ではないでしょうか。プロペシアを服用していると不妊になる、胎児に影響がでる?といったうわさを耳にしたことがあるかもしれません。

実際のところプロペシアは子作りに影響がある薬なのでしょうか?今回は、プロペシア服用で子作りにどんな影響を及ぼすのか説明していきます。

プロペシアとは?

プロペシアとは?
AGA治療薬の中でも外せないのがプロペシアです。プロペシアの主成分は、フィナステリドという抗アンドロゲン薬です。AGAになる原因のひとつが、男性ホルモンですから抗アンドロゲン薬のフィナステリドは治療に欠かせないという訳ですね。

プロペシアを服用すると、ヘアサイクルを狂わせ脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンという、男性ホルモンを増加させる5αリダクターゼを阻害する事が可能となります。

また、プロペシアは発毛薬ではありませんが、服用することで新しい毛髪が成長することが確認されています。ですから、プロペシアはAGAの進行を抑制すると共に発毛効果も期待できる薬なのです。日本皮膚科学会でも、プロペシアはAGAに非常に効果がある薬として評価されています。

このように、プロペシアがAGA治療において、どれだけ重要な役割を担っているかが分かるのではないでしょうか。

プロペシア服用中の子作りは危険?胎児への影響は?

プロペシア服用中の子作りは危険?胎児への影響は?
プロペシアは、そもそも女性は厳禁の薬になります。もし、妊娠中の女性が過ってプロペシアを飲んでしまったり、直接薬に素手で触れてしまったりすると胎児に影響を及ぼす可能性があるのです。おなかの赤ちゃんが男児の場合、生殖機能の成長に欠かせない男性ホルモンが阻害されることで正常な発達ができない事などがありますから、もともと女性には禁忌ではありますが、子作り中は特に扱いに注意をしなくてはいけません。

では、AGA治療中でプロペシアを服用している男性が小作りをする場合はどうでしょうか。子作り中に男性がプロペシアを服用していても、危険性はないと言われています。もちろん胎児への影響もないというのが日本での医療関係者の大方の意見です。

プロペシアを服用中の男性の精液には、極少量のフィナステリドの成分が検出されますが、それは胎児へ影響を与えるような量ではないとされています。そのため、プロペシアを服用中の男性が子作りをする事で産まれてくる赤ちゃんに何か問題を与えるといったことはないと考えられているのです。

妊娠できにくくなるの?性欲減退やEDなどの発症率は?

妊娠できにくくなるの?性欲減退やEDなどの発症率は?
男性がプロペシアを服用しても、胎児に影響が出ることはないと言えますが、子作りをするうえで何の問題もないとは言えません。というのも、プロペシアを男性が服用するとその服用作用として性欲減退や精子の質の低下などが報告されているからです。

プロペシアにはいくつかの副作用が報告されていますが、もっとも割合が多いのがこうした性機能に関する問題なのです。では、実際にその発症率について見ていきましょう。

性欲の減退に関しての発症率は、日本人の場合は1~5%となりEDに関しては1%未満だそうです。精子の質の問題では、プロペシアの服用により精子の量が減ったり、精子の奇形が増えたりという報告があがっています。数値にしてみると、以外と発症率は低いように思えます。しかし、自分が絶対にこの中に含まれないとは誰も言えません。

ですから、ここからは個人の考え方次第です。実際にプロペシア服用中であっても、子作りをはじめてすぐに妊娠できたカップルも多くいるのです。ですが、人によっては少しでも不妊のリスクは減らしたいと考えるでしょう。その場合は子作りを始める1ヶ月前までにプロペシアの服用を中止してみてください。プロペシアの成分であるフィナステリドが体内から排出されるまでに、1ヶ月程度の時間がかかると言われています。服用を中止して1ヶ月がたてば、プロペシアの影響で男性不妊になるといった事はないでしょう。

実際に子作りや胎児に影響した前例はあるの?

実際に子作りや胎児に影響した前例はあるの?
プロペシアの副作用として、精子の質の低下や性機能障害が起きる可能性があることはハッキリとしています。プロペシアを服用男性の不妊率を検証した報告はありませんが、実際に精子の濃度が低下し奇形精子が増えるという事は確実に子作りに影響を与えます。EDなども同じです。ですから、プロペシアの服用により、上記のような副作用が起きている人に限っては、服用以前よりも子作りに影響があるのは当然間違いないでしょう。

だからといってプロペシア服用中は子供ができないという訳ではありませんが、リビドー減退、EDおよび精子の質の低下により子供が作りにくくなっている人もいるのは事実だということです。

胎児への影響についてですが、海外でも国内でもプロペシアにより胎児や産まれてきた赤ちゃんに影響が出たという報告はされていません。しかし、それは因果関係がハッキリとしていない、ということです。つまり、プロペシア服用中の子作りによりできた胎児や産まれてきた赤ちゃんに障害があった例はいくらでもありますが、それがプロペシアのせいであると認められていない、因果関係が今の段階ではハッキリとしていないのです。

プロペシアの副作用は他にはどんなものがあるの?

プロペシアの副作用は他にはどんなものがあるの?
プロペシアによる全体の副作用の発症率は、約4%と言われています。一番多いのがリビドー減退などの男性機能障害です。しかし、これら以外にもプロペシアによる副作用は報告されています。

他の副作用としてあげられるのが、肝機能障害や男性の女性化、そして精神障害などです。肝機能障害が薬の副作用としては、プロペシア以外でも多くあげられる症状のひとつとなります。他の男性の女性化や精神障害は、プロペシアの抗アンドロゲン作用が原因だと言えます。

まとめ

まとめ
プロペシアを服用中に子作りをしても胎児に影響はあったという報告はありまけんが、忘れてはいけないことがあります。それは、プロペシア自体は胎児の成長に影響を与えるフィナステリドという成分が含まれているという事です。ですから、子作りをするならばプロペシアの取り扱いには十分に注意を払わなくてはいけません。

また、国内ではプロペシア服用中の男性との子作りに関しての注意喚起はありませんが、海外ではフィナステリドを服用中の男性との性行為は避妊をするように注意喚起されているんですよ。そして、今まではリビドー減退やED、精子の質に関しては服用を止めればもとに戻るというのが定説でした。しかし、最近ではポストフィナステリド症候群の研究が行われています。これは、フィナステリドの服用を中止しても性機能や精子の質が元に戻らないケースがあるというものです。最近は、このポストフィナステリド症候群が注目を浴びているんですね。

このようにプロペシアと子作りや胎児への影響に関してはまだまだハッキリと解明されていないところが多く、医師や国によってその見解や取り扱いは異なるというのが実情です。ですから、今のところその服用は個人の判断に委ねられていると言えるでしょう。