AGA治療薬の副作用には不妊やEDの症状も現れる?

男性だけではなく、女性も知っておきたいAGA治療薬の副作用に不妊やED(勃起障害)といった症状があげられます。特に妊活中の夫婦にとってAGA治療薬によって起こりえる副作用は気になるものでしょう。実際のところ不妊やEDにAGA治療薬がどんな影響を及ぼしているのか、きちんと知っておく事が大切です。

AGA治療薬の副作用は男性不妊にも影響を与える?

AGA治療薬の副作用は男性不妊にも影響を与える?
AGA治療薬の副作用として本当に不妊になる事があるのでしょうか?答えは残念ながらYESです。この場合の不妊とは女性側に問題のあるものではなく男性不妊という副作用が現れる可能性があるということです。

不妊というと女性側にばかり問題があると考えがちですが、不妊に悩むカップルのうち女性側に問題がある割合と男性側に問題がある割合は、ほぼ同じになります。そしてAGA治療薬が影響をする不妊は、男性不妊に限るという事です。

なぜ不妊やEDになるのか?

なぜ不妊やEDになるのか?
AGA治療薬の中で不妊に影響を与えるのは、ホルモンにアプローチをする作用がある成分を含んだものになります。クリニックで処方されるAGA治療薬の中で男性不妊の症状が現れる恐れがあるのは、プロペシアやザガーロです。

しかし、この二つのAGA治療薬は、AGAを改善させるためにはなくてはならない働きをする薬です。それは、多くのAGAの原因となる男性ホルモンを抑制する事で抜け毛を改善していってくれるからです。たとえ発毛効果の高いミノキシジルを使用しても、原因となっている男性ホルモンをなんとかしなければ、薄毛や抜け毛を防ぐ事は難しいでしょう。

ですが、AGAの治療に役立つこの男性ホルモンを抑制するという作用こそが男性不妊やEDを引き起こす理由でもあるのです。

プロペシアの作用

プロペシアの有効成分はフィナステリド。このフィナステリドは、5αリダクターゼという物質を阻害する作用があります。

この5αリダクターゼは、男性ホルモンの中でも強力な悪玉ホルモンと言われ脱毛に関与するジヒドロテストステロンを生み出す際に鍵を握る物質ですから、フィナステリドで5αリダクターゼを阻害するという事は、ジヒドロテストステロンの生成を抑え脱毛の進行を止める事が可能となるのです。

ザガーロ作用

また、ザガーロといったデュタステリドが有効成分のAGA治療薬も、基本的にはフィナステリド配合の薬と同じ様に5αリダクターゼを阻害することで、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を抑制する作用があります。違いはザガーロのようなデュタステリド治療は、1型と2型2種類の5αリダクターゼを阻害する事ができるという点です。

作用が男性ホルモンを減少させる

作用が男性ホルモンを減少させる
アンドロゲン(男性ホルモン)には、男性機能を保ち精力を高めるなどの働きがあります。悪玉と言われるジヒドロテストステロンも当然そんなアンドロゲンの一種になります。

ジヒドロテストステロンは、別の男性ホルモンであるテストステロンの不足分を補うという役割もあるのですが、上記の薬を服用する事で5αリダクターゼが阻害されると不足しているテストステロンを補う事もできなくなり、脱毛を防げるもののアンドロゲン自体が減少してしまいます。

アンドロゲンには、男性機能を正常に保ち精力を高める作用があると述べましたが、逆に減少することで男性の性機能に何らかの問題が出てくる可能性は簡単に説明がつく現象だと言えるでしょう。

AGA治療薬の服用により、男性不妊になったりEDになったりしてしまうのは、薬の作用により結果的に男性ホルモンが減少するからなのです。

ミノキシジルも不妊の副作用は現れる?

ミノキシジルも不妊の副作用は現れる?
一方で血管拡張作用により、毛母細胞に栄養を与え活性化する事により発毛を促すミノキシジルは、男性ホルモンに影響しないので不妊やEDといった副作用はおこりません。

AGA治療薬を服用中と前では精子濃度が10倍以上違う

AGA治療薬を服用中と前では精子濃度が10倍以上違う
AGA治療薬は、精液濃度が下がるという報告が上がっています。薬を服用中と服用中止後では、精子の数も10倍以上違うという結果が出ているのです。

精子濃度とは、精液1mgあたりにどれくらい精子が含まれているか?という事です。一概には言えないものの、単純に精子の数が多ければそれだけ受精のチャンスが広がる事は間違いありません。精子濃度は自分では分かりませんから、気がつかないうちに男性不妊となってしまっているケースも珍しくはないでしょう。

また、勃起不全になってしまったり、そもそも性欲が弱くなったりしてしまう事もあります。性欲が低下してしまい、EDになってしまえば妊活自体にも影響が出ることは、妊娠できない理由になると言えるでしょう。

EDなどは、精子濃度と違って自分でもハッキリとその副作用を感じる事ができるはずです。ストレスや加齢などでも男性機能が低下するような症状は見られますが、AGA治療中の場合は、まずは薬を疑ってみると良いでしょう。