ミノキシジルとは?副作用や飲み方は?危険性はあるの?

AGAの治療薬としてミノキシジルは、多くの人々から支持されています。クリニックでの処方はもちろんの事、ミノキシジルが配合されている市販の発毛剤も多く販売されるようになりました。

このページではミノキシジルとはどんな薬なのか?効果や副作用など詳しく紹介していきます。

ミノキシジルとはどんな薬?

ミノキシジルとはどんな薬?※写真はイメージです
ミノキシジルは1960年代に創製された長い歴史をもつ成分です。しかし、当時は薄毛ではなく高血圧に用いられてきました。それが発毛効果があるのではないか?と言われるようになり、実際に1980年代から薄毛治療にも用いられるようになりました。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、外用薬は世界の多くで承認されAGA治療薬として使われています。しかし、内服薬の方は承認されていない国も多く日本でもミノキシジルの内服薬は未承認となっています。ただ、医師の判断のもと、ミノキシジルの内服薬を処方しているクリニックもありますが、その数はあまり多くありません。そのため、内服薬を使用したい場合は、個人輸入を利用している人が多くなっています。

ミノキシジル効果・効能

ミノキシジル効果・効能
ミノキシジルは、外用薬も内服薬も発毛効果があり、AGA治療薬として大きな効果が期待できるとして推奨されています。ミノキシジルには、血管拡張作用があります。

まず、頭皮の血行不良は抜け毛や髪の成長を妨げる要因になりますが、ミノキシジルのこうした血管拡張により頭皮の血行が促進される事により発毛しやすい環境を整えてくれるのです。

また、ミノキシジルには毛乳頭や毛母細胞を活性化し、ヘアサイクルも正常にするという効果が報告されています。その原理については、明らかになっていない部分も多いのですが、臨床試験では毛包も大きくなっている事が確認されているのです。

実際にミノキシジルをAGA治療に使用することにより、1年間の使用で95%の人に改善が見られています。

ミノキシジルが向いている人

ミノキシジルが向いている人
ミノキシジルは、プロペシアなどのフィナステリド錠の内服だけでは発毛効果が十分に期待できなかった人におすすめです。また、頭頂部の薄毛に効果が出やすいと言われているので、この部分の薄毛に悩んでいる人はミノキシジルを使用してみると良いでしょう。

また、ミノキシジルはフィナステリド錠と違って女性の薄毛にも使用する事が可能です。ですから、女性で薄毛に悩んでいる人も使用する価値はあるでしょう。

ミノキシジルの副作用や危険性

ミノキシジルの副作用
ミノキシジルでAGA治療をするのなら、覚えておきたいのが副作用についてです。

外用薬の副作用

外用薬の場合、頭皮のかゆみ・湿疹・ニキビ・頭痛・不整脈・むくみなどの副作用が現れる事がありますが、頭皮のトラブル以外はあまり多くみられる症状ではありません。臨床試験では、使用者の全体の10%にミノキシジルの副作用が現れた事が報告されています。またミノキシジルの外用で見られる副作用は、配合量が多いほど症状も重く現れるので注意しましょう。

内服薬の副作用

次にミノキシジルの内服薬にみられる副作用についてです。ミノキシジルの内服薬が、日本で未承認である理由は、この副作用にも理由があります。もともとミノキシジルは、高血圧のための内服用の薬でした。ですから、ミノキシジルを経口摂取することは可能です。また、ミノキシジルは頭皮からよりも内服した方が吸収力が高くなります。しかし、その分副作用も高く全身に症状が出ることもあるのです。

ミノキシジルで現れる可能性がある副作用は、頭痛・めまい・動悸・息切れなどがあります。これはミノキシジルの血管拡張作用により、血圧が降下する事で起きる副作用です。症状としてはあまり重篤ではない軽いものがほとんどですが、服用しはじめは大半の方にこうした症状が見られます。

外用のミノキシジルは頭皮にのみ塗布するため問題はありませんが、内服薬はその成分が全身にまわります。そのため頭皮だけではなく、全身に多毛の症状が現れてしまう事があるのです。

その他、顔のほてりや赤ら顔といった症状がみられることも。これもミノキシジルの血管拡張作用が関係しており、この作用により顔の毛細血管が拡張して人によって赤ら顔になってしまうと考えられます。顔は身体よりも皮膚が薄いという事や、毛細血管が張り巡らされている事から赤ら顔が目立ちやすくなるのです。

飲み方や時間帯

飲み方や時間帯
外用薬としてのミノキシジルは、1日に2回・1回1mlを頭皮に塗布します。人によって脱毛範囲の大きさは異なるものですが、ミノキシジルは脱毛の範囲や面積に関わらず1回1mlを守りましょう。時間には特に決まりがありませんが、朝と晩に使用することをおすすめします。夜はシャンプー後、髪の毛と頭皮を乾かした後で1mlを塗布した後で頭皮をマッサージをするように、なじませましょう。

内服薬の場合は、発毛に適した決まった飲み方は定まっていない様です。しかし、一般的には1日2回朝晩に分けて服用するようにしましょう。決まった時間などはありませんが、1日2回に分けて服用するのが普通です。

保存方法

保存方法
キャップをしっかりとしめ、直射日光があたらないところ、高温になるところや極度に低温となる場所を避けて保管します。

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルの注意点
ミノキシジルの内服薬は、併用すると悪影響が出る薬も存在します。風邪薬や頭痛薬に含まれているイブプロフェンやED治療薬、血圧に関与する他の薬とは一緒に服用してはいけません。