ザガーロの初期脱毛の期間は?2回目も起こる?

AGA治療には様々な方法がありますが、主流となっているのは内服薬によるものです。保険の適用外とはいえ、比較的金銭的な負担が小さく手軽に始めることが出来るという点が、薬によるAGA治療のメリットと言えます。これまでAGA治療薬といえば、プロペシアやミノキシジルでしたが、数年前から登場したのがザガーロです。プロペシアと同じで内服薬ですから、ザガーロの初期脱毛について気になる人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなザガーロの初期脱毛について紹介していきます。

ザガーロとは?

ザガーロとは?
ザガーロは、プロペシアと同様に男性型脱毛症であるAGAの内服治療となっています。そのメカニズムもプロペシアと概ね同じであり、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制する事によってAGAの進行を防ぐというものです。これは、ザガーロの主成分であるデュタステリドに5αリダクターゼを阻害する働きがある事によって可能となります。

プロペシアとの違いは?

プロペシアとの違いは、プロペシアが2型5αリダクターゼに作用するのに対して、主成分がデュタステリドのザガーロは、2型だけではなく1型5αリダクターゼに対しても阻害効果を発揮するというところですね。そのためプロペシアよりも生え際の薄毛に対して高い効果を発揮することが期待されています。

ザガーロで初期脱毛は起こる?理由は?

ザガーロで初期脱毛は起こる?理由は?
ザガーロは、1型5αリダクターゼにも効果がある点をのぞけば、服用方法や副作用などに関してもほぼプロペシアと同様になっています。ですから、ザガーロを服用することによって、プロペシアでも報告されている初期脱毛の症状が起きる可能性は十分にあるのです。では、何故薄毛治療薬であるザガーロで初期脱毛が起こってしまうのでしょうか。それは髪の毛が薄くなってしまうメカニズムを考えると分かります。

髪が薄くなるメカニズム

AGAを発症している人は、髪のヘアサイクルが正常ではなくなってしまっています。通常髪の毛は、成長期と退行期、そして休止期を繰り返しているものです。成長期はおよそ4~6年、退行期が2~3週間、そして休止期は数ヵ月ほど続くとされています。この休止期は髪の毛成長が止まり抜け落ちる期間のことになりますが、これはAGAではない人でも例外ではありません。しかし、ヘアサイクルが正常ならば休止期に脱毛が起こっても薄毛に悩むことはないのです。

AGAは成長期が短い

AGAの人のヘアサイクルは、上記のような正常なサイクルと違って非常に成長期が短いという特徴が見られます。成長期は文字通り、髪の毛が成長をする時期になりますが、AGAの場合は極端にこの時期が短い為に髪の毛が育たず通常よりも多くの髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

ザガーロで初期脱毛が起こるメカニズム

ザガーロはいってしまえば、この乱れたヘアサイクルを正常にする為の薬になります。ザガーロを服用すると乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻し、正しい成長期を取り戻すために休止期や退行期の髪の毛が一度に抜け落ちるケースがあるのです。これが初期脱毛の起きる理由とメカニズムです。

ザガーロで初期脱毛はいつまで続く?期間は?

ザガーロで初期脱毛はいつまで続く?期間は?
ザガーロで起きる初期脱毛は、ずっと続くことはありません。初期脱毛はAGA治療の効果が現れ始める全段階となるので、効果の前触れとも言える状態です。この初期脱毛は、2~3ヶ月以内に治まる人がほとんどです。

ザガーロでの初期脱毛は2回起こるって本当?

いくら効果の前触れとはいっても、決して気持ちの良いものではないのが初期脱毛です。しかし、ザガーロを服用することで初期脱毛が2回起きる場合があると噂されています。

ザガーロを服用して初期脱毛が起きた人のうち何人かは、2回目の初期脱毛が起きることがあるとされています。また、2回だけではなく3回…と初期脱毛を繰り返すこともあるようです。ヘアサイクルがあまりにも乱れていると、一度の初期脱毛だけではヘアサイクルが正常にならず数回こうした現象が起きることがあります。もちろん初期脱毛が起きた人の全てに2回目の脱毛があるという訳ではありません。

ただし、2回目の初期脱毛の症状が現れた場合、AGA治療薬が体にあっていないなどで初期脱毛ではない可能性がありますから、念の為、医師に相談しましょう。

ザガーロ服用で初期脱毛が発症する確率は?

ザガーロの説明書には、こうした初期脱毛がどれくらいの確率で起きるのかというデータは記載されていません。このことからも分かるように、初期脱毛にまつわる正確な実験データはないということです。しかし、初期脱毛に関してはクリニックでも認められており、その確率は2~3割とされています。また、2回以上の初期脱毛が起きる人の確率も初期脱毛があった人のうち3割前後の確率だと考えられています。

他のAGA治療薬よりも初期脱毛は多い?少ない?

他のAGA治療薬よりも初期脱毛は多い?少ない?
ザガーロで起きる初期脱毛は、プロペシアなど他のAGA治療薬と比べて同程度、もしくは若干脱毛量は多くなると考えられるでしょう。これはデメリットのように思われますが、初期脱毛の起きる仕組みを考えればそうではないことが分かるはずです。

ザガーロで初期脱毛が起きた場合の対処法は?

ザガーロで初期脱毛が起きても、特別なことがない限りは処方された通りに服用を続けるのがベストです。勝手に服用を止めると、ヘアサイクルが整わず髪の毛が抜け落ちたままになってしまうことも考えられます。体調の異変などがあった場合は別ですが、初期脱毛の症状だけならば服用を続けヘアサイクルが整うを待ちましょう。

まとめ

まとめ
AGA治療薬の中でも、高い効果が期待出来るザガーロ。ただし、ザガーロも初期脱毛が起きる可能性のある薬です。そのメカニズムを知れば、不安になる必要はありません。初期脱毛が続く期間はおよそ2~3ヶ月ですから、この期間をしっかり乗り切りましょう。