AGAは女性もなる?FAGA(女性男性型脱毛症)とはどんな症状?

女性にとって髪は命。でも年々薄毛や抜け毛に悩む成人女性は増加しています。成人男性の薄毛や脱毛の場合は、そのほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。実はこれと同じ様な症状が、成人女性にも発症する事が分かっています。それが「FAGA(女性男性型脱毛症)」といわれる脱毛症です。

AGAと違ってまだまだFAGAの知名度は低いものですが、女性なら自分の身にも起きるかもしれないFAGAに対する正しい知識をつけておく事べきです。

そもそもAGAのメカニズムとは?

そもそもAGAのメカニズムとは?
成人男性に薄毛や脱毛を引き起こすAGAのメカニズムはどうなっているのでしょう。これは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)と5αリダクターゼが関わって発症します。

男性の場合、その性的な特徴を維持するためには身体に男性ホルモンが必要になります。その男性ホルモンのひとつであるテストステロンも当然男性らしい身体を作るためには必要不可欠な物質なのですが、これに5αリダクターゼという酵素が結びつくと悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを発生させてしまうのです。

そして、このジヒドロテストステロンが毛乳頭に存在する受容レセプターと結合すると、髪の正しいヘアサイクルが乱れてしまいます。すると、これから成長するはずの毛髪が抜け落ちてしまったり、休止期が必要以上に長くなり発毛しなかったりといった現象が起こる様になるのです。これがAGAの薄毛・脱毛を引き起こすメカニズムになります。

FAGAとは?AGAとの違いはあるの?

FAGAとは?AGAとの違いはあるの?
FAGAは女性男性型脱毛症の事ですが、この名前からも分かるようにAGAと非常に似通った部分があります。ただし、全く同じという訳出はなく、その特徴に違いが見られるためにAGAと区別をしてFAGAと呼ばれています。では、両者の違いについてみていく事にしましょう。

AGAといえば進行性の脱毛症で、根本的な完治はしないと言われています。ですから、治療を止めると再び脱毛は進行してしまいます。

一方、女性が発症をするFAGAの場合は、適切な対策や治療をする事で完治する事も可能ですし、AGAのような進行性でもありません。ですから治療をしなければ、必ずしも脱毛や薄毛がひどくなっていく訳ではないのです。まず、このようなところにAGAとFAGAの違いが見られます。

両者の違いはそれだけではありません。発症部位も異なります。

AGAの場合は、前頭部・頭頂部・側頭部の毛髪が脱毛し薄くなっていくという特徴があります。AGAではいわゆるM字ハゲの状態になる事が多いのです。ところがFAGAは前頭部や頭頂部といった部分的ではなく、全体的に薄毛となっていくのが特徴です。ですからFAGAの場合は、男性の様な特徴的な脱毛症とは異なります。

FAGAになりやすい女性の特徴

FAGAになりやすい女性の特徴
FAGAは遺伝的な要素はそこまで強くありません。しかし、FAGAになりやすい女性として神経質やヒステリー、真面目で融通が利かないなどの特徴があげられます。また、身体的な特徴としては、毛深い・脂性肌・ニキビ肌といった特徴がみられます。そして、年齢的には更年期を迎える40代後半以降の女性はFAGAになりやすい傾向があります。

もちろん、上記の特徴を持つ全ての女性がFAGAを発症する訳ではありません。しかし、その発症率は当てはまらない人と比べると高くなる傾向にあります。

女性がFAGAを発症する原因と対処法

女性がFAGAを発症する原因と対処法
女性がFAGAになるのもAGAと同じ様に、男性ホルモンがヘアサイクルを狂わせてしまうからです。しかし、女性の場合は単純に男性ホルモンの影響ではなく、その根本には女性ホルモンの減少が隠されています。女性ホルモンが減少をすることで、男性ホルモンが増え、その影響でFAGAを発症するのです。つまりFAGA発症の根本にあるのは女性ホルモンが減少してしまう事なのです。

では、FAGAの予防法や対処法を見ていきましょう。

食生活

食生活が直接FAGA発症の原因とはなりませんが、栄養バランスの偏りやダイエット等により栄養不良の状態に陥る事は毛髪の健やかな成長の妨げになる事は間違いありません。

FAGAに対する正しい食生活の対処方法は、色んな食材を食卓にとり入れてバランスよく栄養を摂取する事です。特定の食物を摂るのではなく満遍なく栄養を補う事が一番大切です。また、毛髪にはタンパク質もとても重要なのですが、女性は特にタンパク質不足になりがちなので意識して摂取するようにしましょう。

睡眠不足

睡眠不足は自律神経のバランスを崩しホルモンの分泌にも影響を与えます。女性ホルモンが乱れ、男性ホルモン濃度が高くなりFAGAが発症する要因となる事も考えられます。

どうしても睡眠時間が短くなる場合は、ベッドに入ってから最初の睡眠の質を上げる事がFAGAの適切な対処方法となります。スムーズに入眠できるように、電気を消す、スマートフォンなどの刺激の強いものは見ないなど、就寝前の過ごし方に気を遣いましょう。

紫外線

紫外線はFAGAの発症原因とはならないものの、毛髪と頭皮に悪影響を与える事は間違いありません。なぜなら紫外線があたると、頭皮を乾燥させたり、毛母細胞にダメージを与えて髪の毛の成長を阻害してしまうからです。発症原因ではなくてもFAGAに悩んでいるのなら、紫外線対策はきっちり行うのがベスト。日傘や帽子をうまく利用して紫外線を避けるようにしましょう。

帽子

帽子は髪や頭皮にプラスになる一面もあれば、マイナスになる一面もあります。紫外線から防御できる点ではプラスですが、通気性の悪い帽子で頭皮が蒸れるとマイナスになってしまいます。毛穴がつまったり、細菌が繁殖するなど衛生面での心配があります。

帽子をかぶる際にはその素材に気をつけ、かぶりっぱなしにならない様にしましょう。

FAGAの予防方法は?

FAGAの予防方法は?
FAGAの予防方法としては、女性ホルモンの分泌を減らさない様にする事です。女性ホルモンは、ストレスや不規則な生活などによっていとも簡単に乱れてしまいます。軽い有酸素運動でストレスを解消したり、健康的な生活を送る様に心掛け女性ホルモンの減少を妨げる事が肝心です。

また、女性ホルモンの分泌の減少を防ぐだけではなく、増やす事も考えてみましょう。例えば、大豆イソフラボンやザクロなど女性ホルモンと同じ働きをする成分を摂取したり、女性ホルモンを作り出す材料になる良質な油を摂りいれる事もおすすめです。

FAGAはどこで治療できる?

FAGAはどこで治療できる?
FAGAはAGA専門クリニックや一部の皮膚科・美容クリニックなどで治療を行う事ができます。近年では女性専門のFAGA治療専門クリニックも登場しています。AGA治療とは使用する薬などが異なるため、できる事なら女性専門外来が一番のおすすめですね。女性専門毛髪外来以外は、事前に問い合わせをしてみると良いでしょう。

FAGAの治療方法やかかる費用は?

FAGAの治療方法やかかる費用は?
FAGAは外用薬と内服薬の併用で治療にあたるのが一般的です。外用薬の塗布では、AGAと同様に発毛効果があると認められているミノキシジルが使われます。保険は利きませんので、平均して1ヶ月7,000~8,000円ほどかかりますが、値段は決まっていないので安いところでは5000円前後で処方してくれるリーズナブルな病院もあります。

他にも外用薬としてパントスチンという治療薬も処方される事があります。これはミノキシジルとは違い、男性ホルモンDHTを抑制するという作用によりFAGAの予防・改善にあたる薬です。これも保険適用外で1ヶ月13,000円前後の費用がかかります。

内服薬として、AGAで処方されるフィナステリド類やデュタステリド類は女性には処方されません。その代わり、女性用の内服薬としてパントガールという薬が処方される事があります。1ヶ月分10,000~15,000円とお高めの費用がかかりますが、こちらは男性ホルモンに影響する薬ではなく髪に必要な栄養素を詰め込んだサプリメントの様な薬となります。

その他、クリニックのオリジナル薬が処方される事も珍しくありません。費用は1ヶ月10,000円~が必要となってくるでしょう。その他、メソセラピーもFAGAの治療では多様されており、治療費は1回50,000円程度となっています。

その他の女性に多い脱毛症

その他の女性に多い脱毛症

瀰漫性脱毛症(びまんせいだつもうしょう)

瀰漫性脱毛症はびまん性脱毛症と読みます。これは、髪の毛全体が薄くなる症状の脱毛症の事で、その原因は女性ホルモンの低下によるものです。つまり、FAGAと瀰漫性脱毛症は同じと考えても問題ありません。そのため治療方法も上記で紹介したFAGAと同様になります。
 

分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)

女性は出産をすると、一気に女性ホルモンの分泌量が減りホルモンバランスも崩れがちになってしまいます。また、産後は授乳などの関係もあり母体が栄養が足りない状態になってしまう事も。それにより、産後一時的に抜け毛が増えることを分娩後脱毛症と言います。

分娩後脱毛症は、半年~1年で自然に回復する事が多く特に治療の必要はありません。対処方法としては、栄養不足にならない様にバランスをよく考えて食事を摂取する事などです。あまり考え過ぎると回復も遅れる可能性があるので、一時的なものと割り切って考える事も大切ですね。
 

脂漏性脱毛症

 
脂漏性脱毛症は、抜け毛の増加と共に頭皮のべたつきや大きなフケの塊が目立つ脱毛症です。原因としてはカビの一種であるマラセチア菌が影響をしていると言われていますが、解明されていない点も多い症状となります。治療方法としては、カビに効果を発揮する抗真菌剤の外用や皮脂の分泌を抑制するビタミンB剤の服用です。治りにくく再発しやすいので、根気よく治療する必要があります。

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

粃糠性脱毛症は、頭皮が乾燥し大量のフケが出るという特徴があります。脱毛が起きる理由としては、頭皮環境の悪化やフケが毛穴に入り込む事で脱毛が起きるとされています。

粃糠性脱毛症が起きる原因ははっきりとは分かっていませんが、ホルモンバランスの乱れや生活習慣などが影響しているのではないかと考えられているのです。治療方法としては、主にステロイドが利用されています。

円形脱毛症

円形脱毛症は、頭皮の一部が丸く地肌が見えるほど脱毛してしまうのが特徴的です。その大きさは個人差があり、5円玉大から500円玉大などさまざまです。円形脱毛症の主な原因はストレスによるものだと言われています。

治療方法としてはステロイドの注射や外用、内服薬としてビタミン剤が処方されたり外用薬としては、塩化カルプロニウムやAGA治療でも使用されるミノキシジル等が処方されたりする事もあります。ただし、治療をしてもなかなか効果が現れない事も円形脱毛症では珍しくありません。

牽引性脱毛症(けんいんだつもうしょう)

牽引性脱毛症は、髪の毛が強く引っ張られる事で頭皮や毛根に負担がかかり、抜け毛が起きる症状です。いつも同じヘアアレンジをしていたり、頭皮や髪を強く引っ張る様なスタイルを継続している事が原因です。また、エクステなども牽引性脱毛症の原因となります。

治療方法として一番大切なのは、原因を排除すること。頭皮や毛根を引っ張るような髪型を継続しないことらそれが一番の治療方法です。病院で治療をする場合は、発毛剤やメソセラピーなどを利用される事が多くなります。

女性のAGAまとめ

女性のAGAまとめ
女性のAGAは、FAGA(女性男性型脱毛症)、瀰漫性脱毛症などと呼ばれる薄毛や脱毛の症状の事です。男性とは違って、全体的にボリュームが無くなったり、地肌が見えてくるのが特徴となります。

発症のメカニズムは、ジヒドロテストステロン(DHT)が増加し受容体と結びつくという点は男性のAGAと同じですが、根本的には女性ホルモンの減少が要因となっているのがFAGAです。適切な治療や対処をすると、回復も早く根治も可能となります。

セルフケアではなかなか薄毛が改善しないという時には、専門のクリニックで治療する事をおすすめします。