プロペシアとはどんな薬?危険性はあるの?

AGA治療薬として多くの専門クリニックや皮膚科で処方されているプロペシア。実際にプロペシアを使用してAGAの治療を行った経験のある人は多い事でしょう。しかし、あまりにも当たり前に使用される様になり、プロペシアがどんな薬なのかよく知らないままに服用している人もいるのではないでしょうか?

このページでは、AGA治療の標準薬となったプロペシアについてどのような薬なのか?効果・効能、副作用などの危険性を詳しく解説していきます。

プロペシアとはどんな薬?

プロペシアとはどんな薬?
もともと前立腺肥大や前立腺がんの薬として使用されたフィナステリドという成分が、低用量では男性の脱毛改善に効果があるとしてAGA治療薬としてアメリカのメルク社から誕生をしたのがプロペシアです。

全世界で広くAGA治療薬として承認されており、日本国内では2005年からAGA治療薬としてMSDがプロペシアの製造販売をおこなっています。プロペシアは内服薬であり、有効成分のフィナステリドが0.2mgのものと1mgの2種類があります。

日本皮膚科学会でもプロペシアはAGA治療薬として有効であるという評価がなされている製品です。

プロペシアの効果・効能

プロペシアの効果・効能
プロペシアは、有効成分であるフィナステリドの作用機序により、AGAを抑制する効果があります。悪玉男性ホルモンとも言われるDHT(ジヒドロテストロン)は、薄毛に関与する物質で、これが多いと頭皮の脱毛に悩まされることになります。

このジヒドロテストロンの生成に関与している物質が、5αリダクターゼです。特に2型5αリダクターゼは、薄毛に大きく影響すると言われているのですがプロペシアはこの2型5αリダクターゼを阻害する働きをもっているのです。

つまり薄毛の原因となる悪玉男性ホルモン・ジヒドロテストロンを2型5αリダクターゼを阻害する事によって作らせない、増やさない事がプロペシアはできることになります。

上記作用機序によるプロペシアの効果効能は、男性における男性型脱毛症(AGA)の進行遅延です。効果効能は、男性に限定され女性に対する適応はしていません。また、脱毛の進行遅延という色が強いですが、全く発毛効果がないという訳でもありません。

プロペシアが向いている人

プロペシアが向いている人
男性であり、前頭部や頭頂部の脱毛に特に悩んでいる人にプロペシアは向いています。前頭部や頭頂部は2型5αリダクターゼが多く存在しているからです。2型5αリダクターゼを阻害するプロペシアは、AGAに悩んでいる人の、強い味方となってくれます。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用
プロペシアに見られる主な副作用は、リビドー減退・勃起機能不全・肝機能障害で重大な副作用としては射精障害・精液量減少があげられています。また上記以外にも目まい・じんましん・乳房肥大・男性不妊・抑うつ症状などの副作用もあります。

こうして見ると、副作用の多い危険な薬なのではないかと不安に感じるかもしれませんが、実際はそんな事はありません。

臨床試験では、276例中11件(4%)に副作用がみられました。そして、使用成績調査では943例中5件と0.5%に副作用がみられたという報告があがっています。もしも、副作用があらわた場合には服用を中止するなどの処置をとる必要がありますが、重篤な肝機能障害が報告されていますが、因果関係は分かっていないため、現在プロペシアの副作用として重篤な肝機能障害が起きる心配をする必要はないでしょう。そのため、プロペシアは多くの男性にとって安全に使用できるAGA治療薬だと言えます。

男性不妊に関しては、プロペシアの服用を中止後に精液の質が正常化また改善されたという報告があるため、この治療薬によって男性不妊が起こる可能性があると考えられているのです。

プロペシアの飲み方や時間帯

プロペシアの飲み方や時間帯
プロペシアは、1日1回服用するAGA治療薬です。水やさゆでかまずに服用するようにしましょう。特にアルコールと一緒に服用したりする事は、絶対に止めてください。

プロペシアは、時間帯に関係なく服用する事のできる薬で、いつ服用しても効果に変わりはありません。1日1回という回数を守って忘れずに服用するようにします。

なるべく同じ時間帯に服用するようにすると、時間の間隔がちょうどよく空くのでおすすめです。飲み忘れ防止といった意味でも、時間帯を決めておくと良いでしょう。

保存方法

保存方法
プロペシアはシートに入っていますから、そのまま保存しても大丈夫です。直射日光や高温を避けて、室温で保存しましょう。プロペシアの保存方法は簡単ですが、女性や子供が触れる事のない場所に保管しておく事をおすすめします。割れたり欠けてしまったプロペシアは、破棄するようにした方が安全です。

プロペシアの危険性と注意点

プロペシアの注意点
プロペシアの注意点としては、絶対に女性や子供は服用をしないことです。また、妊娠中や授乳中の女性、子供はプロペシアに直接触れないように注意しましょう。プロペシアが欠けたり割れたりしてしまっている場合、皮膚からフィナステリドの成分が吸収されてしまう可能性があります。女性や子供には禁忌の薬となるので、プロペシアの取り扱いには十分に注意しなければいけません。