プロペシアとフィンペシアの違いは?知っておくべき内容とは?

プロペシアには、有効成分が同じいくつかのジェネリック医薬品が販売されています。その中でフィンペシアという医薬品があることをご存じでしょうか?フィンペシアは日本ではなく、海外で製造販売されているAGA治療薬です。このページでは、プロペシアとフィンペシアの違いなどを比較しながら詳しく解説していきます。

プロペシアとは

プロぺシアといえばAGA治療ではお馴染みの薬ですね。プロペシアは抗アンドロゲン薬であるフィナステリドが有効成分であり、アメリカの製薬会社であるMSD株式会社が販売をしています。この有効成分であるフィナステリドが、悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンを増加させる5αリダクターゼを阻害するために、プロペシアはAGA治療に効果を発揮するのです。このAGA治療薬であるプロペシアは、世界60各国以上で承認されており、その効果だけではなく安全性も確立されている知名度の高い薬と言えます。

フィンペシアとは

フィンペシアは、プロペシアと名前は違いますが、同じようにAGA治療薬のひとつです。また、有効成分も同様にフィナステリドとなっており、その働きや仕組みもプロペシアと同じです。ですが、フィンペシアはインドのシプラ社が製造販売をしており日本のAGA治療を行っている病院では、まず処方されることはない薬となります。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックではない?

フィンペシアはプロペシアのジェネリックではない?
ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後に同じ有効成分を配合して製造された薬のことを指します。ジェネリックの他に後発医薬品といった呼び方もされますが、その特徴はなんといっても先発医薬品よりも料金が安いということです。それもそのはず、開発にかかる研究に時間も費用もかかかりませんから、それだけコストを抑えることが出来るからです。しかも、効果はほぼ同等となっていますから、ジェネリック医薬品を希望する人も少なくありません。

こうしたプロペシアと比較した時の費用や効能からすると、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品と考えてもおかしくありません。ただし、フィンペシアはプロペシアの特許が切れる前から製造販売をされているという点が、他のプロペシアのジェネリック医薬品との大きな違いです。

実はフィンペシアはプロペシアの正式なジェネリック医薬品ではありません。インド製のフィンペシアが特例的に特許が切れる前に製造販売が認められてしまっているのには、インド独自の法律問題や発展途上国の医療や経済問題が根底に潜んでいます。以前、インドでは物質特許が認められていなかったのですが、物質特許が定められた現在でも特殊な事情により特許前に同成分の薬を安価に製造販売することが認められているのです。「インドのフィンペシアは正式なジェネリック医薬品ではないから偽物」という訳でもプロペシアのような効果がないという訳でないんですね。

プロペシアとフィンペシアの違いは?

プロペシアとフィンペシアの違いは?
プロペシアとフィンペシアは、間違いなくどちらもAGA治療に使用される内服薬になります。では、その違いは何なのでしょうか。

成分

もちろんフィンペシアは、プロペシアを模倣した医薬品ですから、その有効成分はフィナステリドで同じとなります。また、どちらもフィナステリドの含有量は1錠あたり1mgです。プロペシアの場合は1mgだけではなく、0.2mgもありますが医師に処方されるのはほとんどが1mgとなっています。ですから、有効成分であるフィナステリドに関してはほぼ同じです。ただ、有効成分以外の添加物までも全て同じという訳ではありません。

副作用

副作用に関しては、ほぼプロペシアとフィンペシアでは違いがありません。プロペシア、フィンペシアを服用することで起きる可能性のある副作用はフィナステリドによると考えても差し支えありませんから、副作用に関してはほぼ同じ症状が同じ確率で起きると考えられるでしょう。

効果

効果に関してもほぼ違いがないというのが、大半の見解となりますが、添加物以外にもその製造方法が異なるために全く同じ効果ではないという意見もあります。

価格

価格に関してはプロペシアとフィンペシアでは大きな違いがみられます。後発であるフィンペシアは、100錠で2000円程度ですがプロペシアの場合は、1ヶ月分30錠で安くても5000円~相場としては8000円~と高額です。フィンペシアの値段は100錠あたりのものですから、単純に比較をすると10倍以上の違いが出る事も珍しくないということですね。

製造国

プロペシアの製造国はアメリカのMSD社で、フィンペシアはインドのシプラ社となっています。

コーティング剤

プロペシアとフィンペシアは、コーティング剤は同じではありません。フィンペシアは、発癌性があると言われているキリンイエローという着色料がコーティング剤に含まれており騒がれた時期もありました。しかし、今はイエローフリーのフィンペシアも販売されているため心配をする必要はありません。

フィンペシアは日本で承認されてない?

フィンペシアは日本でも手に入れることが出来ます。ですが、フィンペシアは日本では未承認の医薬品です。その代わり日本では政府から承認された日本製のプロペシアのジェネリックが製造販売されています。

まとめ

まとめ
フィンペシアはプロペシアの正当なジェネリックとは、少し違うAGA治療薬だと言えます。ですが、偽物という訳ではなくインドの特殊な法律や途上国の事情により例外的に認められた薬です。有効成分やAGAに関する治療効果、そして副作用などが全く同じという訳ではありませんが、ほぼ同じと言えます。

ですが、日本で入手する場合は個人輸入といった方法になるでしょう。お値段はプロペシアと比べるとかなりお安くなるので、フィンペシアを購入したいという人も多いと思いますが、偽物のフィンペシアなどもあるため注意をしなくてはいけませんね。