プロペシアのジェネリックとは?副作用や効果は同じ?

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近ではテレビCMなどでもよく耳にする言葉ですね。ジェネリックとは新薬と成分がまったく同じに作られたもので、新薬よりも安い薬の事を指します。そして、AGA治療薬として有名なプロペシアにもジェネリック医薬品があります。

このページでは、プロペシアのジェネリック薬について、副作用や効果など様々な方面から紹介していきます。

プロペシアとは?

プロペシアとは?
薄毛や脱毛に悩む男性なら、誰でもプロペシアの存在を知っているのではないでしょうか。それくらいプロペシアは、AGA治療薬として広く処方されている薬です。プロペシアには、AGAの原因とされるジヒドロテストステロンの増加を5αリダクターゼを阻害するフィナステリドという成分が含まれています。そのためプロペシアを服用する事により、AGAによる脱毛を防ぎそれ以上の薄毛の進行をくい止める事が可能となるのです。

たとえ効果が高い発毛薬を使っても、プロペシアのように男性ホルモンに働きかける治療を行わなければAGAによる脱毛の症状が収まることはありません。ですから、プロペシアはAGA治療には欠かせない薬なんですね。そんなプロペシアは、MSDが販売元であり、国内では2005年に取り扱いが開始されたAGA治療薬となります。

プロペシアのジェネリックとは?

プロペシアのジェネリックとは?
プロペシアのジェネリックとは、プロペシアよりも後に誕生し承認された医薬品のことです。ですが、有効成分はプロペシアと同じフィナステリドとなっています。配合されているフィナステリドの量もプロペシアと同等です。プロペシアを先発医薬品とすれば、プロペシアのジェネリックは後発医薬品という事になります。

こうしたプロペシアのジェネリックは、一種類ではなく、いくつもの種類の製品が販売されています。国内ではファイザーやサワイ、クラシエからフィナステリド錠として販売されるようになりました。これら国内品のプロペシアジェネリック医薬品は、2015~2016年に販売されました。また、海外ではもっと多数の種類のプロペシアジェネリックが販売されており個人輸入という形で医師からの処方がなくても購入する事ができます。

プロペシアジェネリックとプロペシアの違いは?

プロペシアジェネリックとプロペシアの違いは?
プロペシアとプロペシアのジェネリックは、有効成分はフィナステリドでその配合量も同じです。また、飲み薬という点も同じですし、AGAに対する効果も同じとなります。

では、プロペシアとジェネリック品は、全く同じ薬だと考えて良いのでしょうか。プロペシアに限らず、ジェネリック薬品とは、先発医薬品と全く同じ製品だと考えている人が非常に多くなっています。しかし、先発医薬品と後発であるジェネリック薬品にはいくつかの違いもあるのです。例えばその形状や配合される添加物、製造方法が違うケースがあります。

プロペシアのジェネリック薬品もフィナステリドという有効成分は同じでも、そのほか含まれる添加物は違います。ジェネリックの種類によっても添加物の種類は別々であり、一致率が高いプロペシアのジェネリックは9割が同じですが、一致率が低くなると3割にまで下がるのです。もちろん製造方法にも違いがみられます。

この事からも分かるように、プロペシアとそのジェネリックは全く同じ薬ではないのですね。

プロペシアジェネリックの副作用は?

プロペシアジェネリックの副作用は?
プロペシアのジェネリックにも副作用があります。そしてその副作用は、プロペシアと同じだと考えて問題ありません。なぜなら副作用を引き起こすのは、有効成分であるフィナステリドだからです。プロペシアもジェネリックも有効成分はフィナステリドであり、その配合量も同じですから副作用も同様の症状が同様の確率で起きると言えます。

ですからプロペシアのジェネリックも、リビドー減退、EDなどの性機能障害や精子の質の低下などが見られるのです。他にも胃腸障害や鬱、男性の女性化なども副作用としてあげられます。

プロペシアジェネリックの効果は?

プロペシアジェネリックの効果は?
プロペシアのジェネリックも効果は、5αリダクターゼを阻害することにより脱毛を抑制する事になります。ですから、当然ジェネリックもAGAに効果を期待することができるのです。また、プロペシアのジェネリックもAGAによる脱毛を抑制することができるだけではなく、発毛を促すという効果もあります。

プロペシアのジェネリックはどこで入手できるの?

プロペシアのジェネリックはどこで入手できるの?
ファイザーなど国内のプロペシアジェネリック品は、AGAクリニックやAGA治療を行っている皮膚科で処方してもらう事ができます。こうした国内で承認されているジェネリック品以外は、個人輸入という手を利用しなくては入手できません。ただし、現在では個人輸入代行業者が数多く存在しますので日本語で普通に通販を利用する感覚で海外ジェネリックを入手できます。

プロペシアのジェネリックの価格相場は?

プロペシアのジェネリックの価格相場は?
プロペシアのジェネリックは、先発医薬品のプロペシアと比較して開発に費用も時間もかかっていません。ですから、その分安く販売することができます。プロペシアもプロペシアジェネリックも保険の適用外であり、クリニックなどによって価格設定は異なっています。

相場としては国内のプロペシアジェネリック品は5,000円前後となっています。海外のジェネリック品を個人輸入で入手する場合、相場価格は2,000円前後です。

プロペシアのジェネリックの使用方法は?

プロペシアのジェネリックの使用方法は?
プロペシアのジェネリックもその使用方法は、プロペシアを同じです。1日1錠を水などと一緒に服用しましょう。ちなみに服用時間帯などに決まりはありません。

まとめ

まとめ
このようにプロペシアのジェネリック品は、全く同じ薬とは言えないものの有効成分や配合量は同じであることから、効果や副作用はほぼ同じといって良いでしょう。しかし、ジェネリック品に関しては製造方法などもプロペシアと違うことから、プロペシアほどの効果を期待できないという見解をもつ医師も少なくありません。また、国内で承認をされているプロペシアのジェネリック品に関しては、効果や安全性に関してほとんど心配する必要はないといって良いでしょう。

ただし、海外から個人輸入するプロペシアジェネリック品には注意をしましょう。中にはその品質が国内のものより劣る可能性がありますし偽物の可能性もあります。