ロゲインとは:正しい使い方や保存方法は?副作用は?

ロゲインは、発毛効果に期待できるとされる「ミノキシジル」成分を初めて配合したAGA外用薬です。自宅で簡単に使用できることから人気の外用薬のひとつとなっていますが、人によっては身体に異変が現れるなど副作用が生じる場合があるため注意が必要です。

今回は、ロゲインやロゲインの使い方、副作用や対処方法についてお伝えします。

ロゲインの効果・効能

※写真はイメージです
ロゲインは、アップジョン社(現ファイザー製薬)によって開発されたAGA治療の外用薬です。主成分は「ミノキシジル」。ミノキシジルには血管を拡張させて毛根に必要な栄養を届きやすくする作用や、毛髪を成長に関わる毛母細胞に働きかける作用があり、発毛を促す効果に期待できる成分として知られています。もともとは高血圧治療のために使用されていましたが、体毛が濃くなったり毛髪が増えるなどの副作用がみられたことから、薄毛対策の薬として利用されるようになりました。ミノキシジルを配合したAGA外用薬としては世界初の製品で、アメリカのFDA(食品医薬品局)からはAGAにおける育毛作用が期待できる製品として認可を受けています。なお、現在はジョンソンエンドジョンソン社傘下のマクニール社により販売されています。

ロゲインは国内のドラッグストアなどでは販売されていないため、医師の処方箋に従って利用する必要があります。個人輸入することは可能ですが、予期しない副作用が発生したり偽の商品が届いたりする恐れがあるため、信頼ある医師の処方の下で使用することをおすすめします。

ロゲインが向いている人

ロゲインが向いている人
同じく日本皮膚科学会AGA治療として、Aランクを獲得しているプロペシア(フィナステリド)を服用している人にロゲインをおすすめします。これらは、併用する事により改善効果がアップする事で知られています。AGA治療にはいくつも方法がありますが、医学的根拠のある治療方法を選択したいという人におすすめしたい薬ですね。

また、血管拡張作用がありますから、頭皮が固くなっていて血行が悪い方にもロゲインはおすすめです。特に頭頂部はロゲインがよく効く部位だと言われていますから、頭頂部の薄毛に悩んでいるなら積極的に使用してみましょう。

抗アンドロゲン薬は、女性の薄毛に使用する事はできません。しかし、ミノキシジル配合のロゲインは女性にとって禁忌とはなっていないため、薄毛に悩む女性の救世主となりうるでしょう。

ロゲインの使い方や時間帯

ロゲインの使い方や時間帯
ロゲインは自宅で簡単に使用することができます。ここでは、ロゲインの使い方や使用する時間帯について紹介します。

ロゲインの使い方

1.ロゲインは1日2回使用します。1回につき1mlを薄毛の気になる箇所に直接塗りましょう。蓋についているスポイトを使うとスムーズに塗布することができます。
2.軽く頭皮をマッサージします。マッサージをすることで頭皮が柔らかくなり、有効成分が浸透しやすくなります。
3.有効成分をより浸透させるため、ロゲインを使用した直後はドライヤーを使用しないようにしましょう。

ロゲインを使う時間帯

ロゲインは1日2回、12時間ほどの間隔をあけて使用してください。目安としては朝と晩の時間帯が奨励されています。また、有効成分が常時頭皮に留まっている状態が望ましいといわれているため、できるだけ継続して使うことも重要です。

ロゲインの保存方法

保存方法
ロゲインは気軽に使用できるAGA治療薬ですが、置き場所や保管方法に注意する必要があります。ここでは、ロゲインを保存する際の主なポイントを3つ紹介します。

1.直射日光が当たらない涼しい場所に保管する

医薬品の成分は日光や湿度・温度によって変異する可能性があるため、直射日光が当たらない涼しい場所に保存しましょう。

2.妊娠中・授乳中の女性の手に触れない場所に保存する

妊娠中や妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性が触れられない場所に保管しましょう。また、ロゲインは女性への使用が認められていませんので、年代や健康状態を問わず女性が使用することのないよう注意してください。女性がミノキシジル配合の育毛剤を使用したい場合は、ミノキシジル濃度が2%以下の女性用育毛剤を使いましょう。

3.子どもが触らない場所に保存する

ロゲインは未成年者への使用が認められていませんので、子どもや未成年者の手が届かない場所に保管しましょう。

ロゲインの副作用

ロゲインの副作用
ミノキシジル配合の外用薬は比較的副作用が生じにくいといわれていますが、人によっては副作用が現れる場合があります。ここでは、ロゲインの主な副作用や対処法について紹介します。

1.血圧低下

ロゲインは高血圧を改善する薬に利用されていたため、血圧を下げる作用があるといわれています。低血圧の方の場合はさらに血圧が低くなり、心臓に負担がかかる恐れもありますので注意が必要です。使用中にめまいや頭痛といった症状が現れた場合は使用を中止し、医師に相談しましょう。

2.頭皮の発疹・かゆみ

ミノキシジルによって頭皮が刺激されると、発疹やかゆみ・頭皮の炎症といった症状が現れることがあります。頭皮に異変が起こった場合は使用を中止し、医師の指示に従ってください。また、敏感肌の方や医薬品・化粧品でかゆみやかぶれなどのアレルギー症状が起こったことがある方は、使用前にパッチテストを行うか、医師や薬剤師に相談しましょう。

3.初期脱毛

初期脱毛はAGA治療薬を使用して数週間ほど経過した時期に起こる脱毛症状のことで、AGAによって乱れたヘアサイクルを立て直すために発生すると考えられています。AGA時期の弱い毛髪が抜けた後は強い毛髪が生えてくるといわれていますで、使用を継続しながら経過を見守りましょう。初期脱毛の期間は1か月~2か月程度と考えられています。脱毛の量が多すぎたり、期間が長すぎる場合は医師に相談しましょう。

まとめ

ロゲインは外用薬のため、内服薬に抵抗がある方にもぴったりのAGA治療薬といえるでしょう。副作用と思われる症状が生じた場合は速やかに医師に相談してください。ロゲインを正しく使用してAGA治療に役立ててくださいね。

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら