プロペシアとミノキシジルの効果の違いは?

プロペシアとミノキシジルはAGAの治療をしたいと考えている人なら絶対に押さえておきたい薬です。AGAについて情報を検索した事がある人なら、実際に使用した事はなくても名前くらいは知っているという人も多いと思います。このページでは、AGAに欠かす事のできないこの二つの薬について解説していきます。

プロペシアとミノキシジルの効果の違いは?

プロペシアとミノキシジルの効果の違いは?
AGA治療といえば、必ず登場をするプロペシアとミノキシジル。セットで登場する事も多いために、プロペシアもミノキシジルも同様の効果があるのではないか?と勘違いしている人もいるようです。確かにこの2つは日本皮膚科学会でも、AGAに対する高い効果が認められている薬という共通点があります。

しかし、プロペシアとミノキシジルは、AGAに効果があるといっても成分内容からその作用機序まで全く違う薬なのです。

プロペシアとは

プロペシアとは、フィナステリドが成分の内服薬になります。プロペシアの作用機序は、5αリダクターゼという酵素を阻害する事で、男性ホルモンのテストステロンがヘアサイクルの乱れの原因となるジヒドロテストステロンへ転換することを防ぐというものです。AGA患者は、ヘアサイクルが乱れることで抜け毛が増え、髪の毛の成長が止まって薄毛になってしまいます。ですからプロペシアの上記のような作用機序により、AGAの進行を食い止める事ができるのです。

ミノキジルとは

ミノキジルとは、血管拡張作用のある薬で、元々は高血圧の人に処方されていました。しかし、その副作用として多毛の症状が現れたことから、今ではAGAの治療薬として使われるようになったのです。ミノキジルには外用薬と内服薬がありますが、内服薬は副作用が大きいため基本的に外用薬がAGA治療には使用されています。プロペシアと違ってAGAの進行を食い止め予防するのではなく、薄くなった頭皮を発毛させる効果があります。作用機序としては、頭皮の血行促進と毛母細胞に直接働きかける事により細胞を活性化させ発毛を促すという訳です。

どんな人にむいてるの?

どんな人にむいてるの?
AGAの治療方法としては、プロペシアやミノキシジルの使用以外にも、成長因子の注入や植毛といった手段があります。プロペシアやミノキシジルは、上記と比較すれば料金も安くAGAクリニック以外にも皮膚科でも処方してもらえるため手軽な治療方法とも言えます。AGAに対して効果的な治療方法をしたいけれど、手軽でなるべくリーズナブルな方法を選択したい…そんな人たちに向いているでしょう。

プロペシアが向いている人

プロペシアが向いている人は、まず男性であることが大前提です。そして、体質的に5αリダクターゼの活性が高い人、アンドロゲンレセプターの感受性が強い人にぴったりだと言えます。この体質の人は、毛乳頭細胞がジヒドロテストステロンの影響を受けやすい=ヘアサイクルが乱れAGAになってしまいます。

ですから、上記のような体質の人がプロペシアを服用すると5αリダクターゼの活性を押さえ、ジヒドロテストステロンの生成を減少させる事ができますから、AGAの予防に大いに力を発揮してくれるのです。

ミノキシジルが向いている人

次にミノキシジルは、男性でも女性でも薄毛に悩んでいるなら効果を発揮してくれます。また、抜け毛や薄毛を防ぐだけではなく、積極的に発毛を促したいという人にミノキシジルは向いているのです。ちゃんとした医学的にその効果が認められた発毛剤を使用したい、そんな人こそミノキシジルはオススメです。

効果が出始めるまでの違いは?

効果が出始めるまでの違いは?
プロペシアもミノキシジルも効果が出るまでの期間は、3ヶ月~となっており、大体は半年ほど使用することで十分な効果を実感できるようになっています。気をつけるべき点は、AGAへの効果を実感するまでの間に、初期脱毛という症状が現れるケースがあります。初期脱毛は、プロペシアもミノキシジルも使用開始から2週間ほどたった頃に、今まで以上に抜け毛が増える現象のことです。これは一時的なものになり、大体2~3ヶ月のうちに治まります。こうした初期脱毛のことを加味しても、プロペシアとミノキシジルは最低でも3ヶ月は継続して効果を実感できると言えます。

副作用の違いは?

副作用の違いは?
プロペシアもミノキシジルもAGAに対する効果は高いものの、副作用もないわけではありません。とは言っても、薬は副作用の可能性があるのが普通であり、プロペシアやミノキジルが特別副作用の強い薬という訳ではないのです。そしてこの2つの薬の副作用は、それぞれ違いがあります。

プロペシアの副作用

プロペシアは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響を抑える薬となるために、リビドーの減退やEDといった性機能障害が副作用の中でも割合が多いと報告されています。また、精子の質の低下による男性不妊も副作用の一部と言えるかもしれません。こうした性機能に関わる副作用だけではなく、男性の胸が膨らむなどの女性化や、胃腸障害にうつ病などの副作用も報告されています。特に妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、赤ちゃんの生殖機やその機能に影響が出ることも。

ミノキジルの副作用

ミノキジルの副作用として多いのは、塗布した部分への刺激やかゆみ、湿疹などがあげられます。また、こうした皮膚への副作用以外にも肝機能障害、頭痛やめまい、心臓痛の副作用も報告されています。ただ、こうした皮膚以外に起きる副作用の頻度は決して多くはありません。

プロペシアとミノキシジルを併用できる?

プロペシアとミノキシジルを併用できる?
プロペシアとミノキシジルは、多くの病院で併用して処方されることが多くなっています。それは、上記で説明したように両者はAGAに対して異なるアプローチをするためです。ですから、もちろんプロペシアとミノキシジルは併用することの可能なAGA治療薬となっています。

プロペシアとミノキシジルはどこで入手できるの?

プロペシアとミノキシジルはどこで入手できるの?
プロペシアは、国内で入手する場合、AGA治療を行っている病院で診察を受け処方してもらうしかありません。一方でミノキシジル入りの外用薬は、病院以外にも薬局などで入手可能です。ただ、両方とも最近は個人輸入という手段でリーズナブルに購入することもできます。
しかし、それは病院で処方されるもと全く同じかと言えば疑問が残ります。個人輸入は、リーズナブルで手軽という半面、その質が問題視される事もあるので、全て自己責任で使用しましょう。

まとめ

まとめ
プロペシアとミノキシジルは、AGAの基本とも言える治療方法のひとつです。AGAに対するアプローチの仕方が異なり、併用することをオススメされる事も多くなっています。見られる副作用などにも違いがありますが、どちらもAGAに対しての効果が高いと認められている点では変わりがありません。