フィナステリドとは?効果や副作用は?正しい飲み方は?

抗アンドロゲンであるフィナステリドは、プロペシアをはじめとしたさまざまなAGA治療薬の有効成分として使われています。AGA治療をするうえで、フィナステリドはまさに欠かせない成分だと言えるでしょう。

フィナステリドとは

フィナステリドとは※写真はイメージです
フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬で、当初は前立腺肥大などの治療薬として使用される成分でした。つまり、AGAとは全く関係のない分野の薬として使われていたんですね。

しかし、前立腺肥大の薬として服用している方に、男性型脱毛症の改善が見られた事で1997年にAGA治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)が認可しました。日本ではそれより遅れて2005年にAGA治療薬としてフィナステリドが承認され、使われるようになったのです。

このフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬は、プロペシアをはじめいろいろな名前で販売されています。個人輸入で販売されているフィナステリド錠は、インド製のものが多くなっていますが、国内正規ジェネリックとしていくつかの製薬会社からフィナステリド錠が販売されています。国内正規のフィナステリド錠は医師から処方してもらう必要がある薬です。

フィナステリドの効果・効能

フィナステリドの効果・効能
フィナステリドにはDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害するという作用があります。

DHTは毛乳頭細胞にあるレセプターと結びつく事でAGAを発症・進行させるため、フィナステリドでこのDHTの生成を阻害すればAGAを改善する事ができるのです。

また、フィナステリドの作用機序からすると、脱毛の抑制という効果はあっても発毛を促すという効能はないと思われますが、フィナステリドの臨床試験ではある程度の発毛がみられるという結果が出ています。

そのためフィナステリドは、脱毛を抑制してAGAの進行を抑えるだけではなく、発毛による髪の増加や髪質の改善(毛が太く強くなる)などの効果があると言いきれます。

フィナステリドが向いている人

フィナステリドが向いている人
フィナステリドはDHTを生成する5αリダクターゼが多く存在する人に向いている成分となります。5αリダクターゼは、頭頂部や前頭部には特に多く存在するので、こうした部分の薄毛が気になるという人におすすめです。

また、どんなに育毛・発毛剤などで一生懸命ケアをしても、抜け毛のスピードに育毛・発毛剤の効果が追いつかないという人にフィナステリドはぴったりです。

フィナステリドでDHTの生成を抑制する事ができれば、育毛・発毛剤の効果も現れやすくなりますよ。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用
フィナステリドは、1~5%の割合で性欲減退の副作用がみられます。その他1%未満の副作用として、射精障害や精液量の減少・勃起不全がみられる他、抑うつ症状やじんましん、発疹などの皮膚への副作用もあると言われています。フィナステリドは正しく使用すれば、極めて重篤な副作用は少ないと言えるでしょう。

フィナステリドの正しい飲み方や時間帯

フィナステリドの正しい飲み方や時間帯
フィナステリド錠には、プロペシアやそのジェネリック医薬品が多くありますが、基本的に飲み方はどれも同じです。薬の基本として、水やさゆで飲むことをおすすめします。

水やさゆならば、フィナステリド錠の効果を殺す事もなく、それでいて効果を倍増させる事もありません。薬の効果が倍増するのは、一見プラスの様に思えるかもしれませんが、必要以上に薬が効き過ぎると身体には毒になる事もあります。そのため、フィナステリドも水やさゆで飲むようにしましょう。

薬の中には、食前や食後に服用するものや朝と夜に飲むといった様に時間が決まっている種類のものもあります。ですが、フィナステリドに至ってはそういった時間の決まりはありません。1日1回という決まりをまもれば、朝飲んでも夜に飲んでも構わないのです。

朝でも夜でもその脱毛抑制効果は、全く変わりません。自分のライフスタイルに合わせて、服用しやすい時間に摂取すると良いでしょう。ただ1日1回といっても、ある程度の時間を空けた方が賢明です。大げさな例えですが、夜の23時にフィナステリドを服用しては、次の日の午前1時に服用するのはどうか?という話です。

詳細な時間は決める必要はありませんが、夜なら夜、朝なら朝と習慣にしてしまうと良いでしょう。とにかく、忘れずに服用するという習慣をつける事が大切な薬です。

保存方法

保存方法
フィナステリド錠は常温で保管してください。直射日光があたる場所や高温になる場所はNGですが、冷蔵庫などに保存しておく必要はありません。シートから出さずに、そのままの状態で保存しておきましょう。

フィナステリドの注意点

フィナステリドの注意点
フィナステリドは、女性や子供には禁忌の薬です。服用だけではなく、素手で直接フィナステリドに触れないようにも注意しなくてはいけません。もし、妊娠中の女性がフィナステリドを過って服用したり、触ったりしてしまうと胎児の生殖器の形成に影響を及ぼす畏れがあります。

コーティングされたフィナステリド錠は、触っても大丈夫なのですが割れていたり欠けていたりすると大変です。普段から女性や子供は触らないように管理していたほうが、安心ですね。

フィナステリドの効果や副作用まとめ

フィナステリドの効果や副作用まとめ
フィナステリドは、プロペシアに配合されている主要成分です。フィナステリドは個人輸入でも購入できますが、副作用もあるので医師の診察を受けた上で処方してもらいましょう。

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら