AGAの対策に運動がよいのは本当?その理由は?

運動は健康のために有効ですが、健康だけではなくAGA対策としても効果があると言われています。AGAと全く関連性のないように思える運動ですが、運動がAGA対策に効果があるというのは本当なのです。逆に運動不足はAGAに悪い影響を与える事もあるんですよ。

このページでは、AGAと運動の関係性や運動が与えるAGAへの影響、おすすめの運動方法などを説明していきます。

運動がよいその理由は?

運動がよいその理由は?
でも、運動がAGA対策に良いなんてイメージが湧かないですね。ですが、運動が対策として有効な理由を知ればきっと納得することができるはずです。

AGAの大きな原因は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが過剰に分泌される事です。つまりホルモンバランスの乱れが、脱毛の症状が起きる原因のひとつとなっています。運動には、このホルモンバランスの乱れを改善し、整えるという効果があるのです。

また、運動がAGAに良い理由はそれだけではありません。

なんと、ジヒドロテストステロンを体外へ排出するという効果も運動にはあるのです。つまり、運動をする事で抜け毛や脱毛といった症状を抑制する事が可能になるんですね。しかも抜け毛の抑制など守りの効果だけではなく、運動には発毛の促進をサポートする効果も期待できるのです。

このように運動することはAGA対策として、守りの効果も攻めの効果の両方を得る事が可能となります。

運動がAGAの対策に効果があるそのメカニズムは?

運動がAGAの対策に効果があるそのメカニズムは?
それでは、運動がAGA対策に効果があるというそのメカニズムについて、もう少し詳しくみていきましょう。

抜け毛や脱毛を抑制するメカニズム

まずは、運動による抜け毛や脱毛を抑制する効果のメカニズムからです。運動をすると人間はセロトニンやβエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。セロトニンやβエンドルフィンなど人を幸せな気持ちにしたり、ポジティブな気持ちにしたりしてくれるホルモンなのでストレスの解消などにも役立ちます。

ストレスが解消されると自律神経のバランスが整い、自律神経のバランスが整うとホルモンバランスも整うのです。ホルモンバランスの乱れは、女性特有のトラブルと思われがちですがそんな事はありません。

男性ホルモンのバランスが乱れると、その影響として抜け毛が増加するというマイナス作用を及ぼしてしまいます。ですから、運動で自律神経が整い男性ホルモンの乱れが解消されると、抜け毛などの症状も抑制できるという訳です。

AGAによる脱毛を予防するメカニズム

運動をすると血中の男性ホルモンであるテストステロンが一時的に増えます。そしてその増加したテストステロンは、筋肉で消費されるので運動後はテストステロンが一気に減少する事が分かっています。テストステロンが減少するという事は、5αリダクターゼと結びつく事で発生するジヒドロテストステロンの量も減少するという事です。さらに運動による汗と一緒にジヒドロテストステロンも排出されます。

運動はこうしたメカニズムにより、ジヒドロテストステロンを減少させAGA対策として成立するのです。

発毛を促すメカニズム

運動をすると身体がポカポカしてきますよね。これは全身の血行が良くなっているという事です。発毛を促すためには、この血行がとても大切。運動は頭皮も含めた全身の血行をよくする事で、毛根へ効率的に栄養を与えて発毛しやすい状態へと整えてくれるのです。

また、発毛に関与する成長ホルモン、運動をすると乳酸や一酸化炭素が増加します。そしてこの乳酸や一酸化炭素は、成長ホルモンを分泌させるために必要な物質なんですね。運動により成長ホルモンが増加する事で、発毛を促進するというメカニズムになります。

運動でAGAの対策が期待できる人は?

運動でAGAの対策が期待できる人は?
運動をする事でAGAの対策や予防が期待できるタイプの人は、

  • 日頃から運動不足
  • ストレスがたまっている
  • 冷え性
  • メタボ気味

上記に当てはまり、なおかつ抜け毛が気になる方は、運動することで抜け毛の改善やAGAの対策がより効果的である可能性が高くなります。

運動でAGAの対策が期待できない人は?

運動でAGAの対策が期待できない人は?
逆に運動でAGAの改善が期待できない確率が高いのは、以下のようなタイプになります。

  • 日ごろから運動をしている
  • 血行が良い
  • 親族にAGAが多い
  • AGAがかなり進行している

残念ながら上記にあてはまる場合は、運動がAGA対策として有効ではない可能性が高いでしょう。

AGA対策にはどんな運動がよい?

AGA対策にはどんな運動がよい?
AGA対策には、スイミングやエアロビクス、ウオーキングといった軽い有酸素運動が有効だと言われています。

酸素をよく取り込む事ができて、成長ホルモンの増加に有効な一酸化炭素を増やしてくれる有酸素運動はAGA対策に適していると言えます。また、有酸素運動なら年齢にかかわらずできますから、AGAの発症率が高くなる50代以降でも問題なく行うことができますね。

運動が逆効果になる可能性は?無酸素運動は逆効果って本当?その理由は?

運動が逆効果になる可能性は?無酸素運動は逆効果って本当?その理由は?
一部には、運動はAGA対策になるどころか、逆に薄毛を進行させてしまうとも言われています。特に筋トレなどの無酸素運動は、AGAを加速されるという説があるんですね。

その理由は、無酸素運動は男性ホルモンのテストステロンを増加させるため、比例してAGAの原因となるジヒドロテストステロンも増えるのではないか?と考えられるからです。

確かに無酸素運動をすると血中のテストステロンは増加しますが、それに伴ってジヒドロテストステロンが増えるとは限らないのです。そのため、無酸素運動をする事でAGAが進行するというのも実際のところ微妙な説だと言えるでしょう。

AGA対策の運動の注意点は?

AGA対策の運動の注意点は?
AGA対策として運動をする際には、何も激しい運動をする必要はありません。あまり激しい運動は、ストレスを増やしたりホルモンバランスが乱れたりする可能性もあるからです。そのため、AGA対策をするならスポーツ選手のような運動をする必要は一切ありません。それこそAGA対策としては、逆効果になる恐れがあるので注意しましょう。