AGAを引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)について知ろう

AGAを引き起こす張本人とされているのが、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。AGAをより早く確実に改善するためにも、DHTの特徴やAGAを発症させる過程を知っておきましょう。

今回は、DHTの本来の役割やAGAを引き起こすメカニズム、DHTの抑制が期待できる治療薬や日常生活でできる対策方法についてお伝えします。

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのひとつで、DHTと略されます。DHTは単独で生成されるのではなく、男性ホルモンのひとつ「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」と結合することで生まれる物質です。
DHTは男子胎児の生殖器の発達に不可欠であるほか、最近では運動をすると脳の海馬内のDHT量が増えることが確認され、認知力や記憶力に関わっている可能性も指摘されています。一方で、思春期を迎える頃からニキビや前立腺の肥大、AGAを発症させる要因となるネガティブな一面があるため「悪玉の男性ホルモン」と呼ばれることもあります。

DHTがAGAを引き起こすメカニズム

テストステロンと5αリダクターゼが結びついて生まれるDHTですが、生成されてすぐにAGAを引き起こすわけではありません。DHTはまず、毛乳頭の細胞内に存在する「ホルモン受容体」と結合します。DHTとホルモン受容体が結合すると「TGF-β」と呼ばれる因子が生成されますが、このTGF-βには毛髪の成長に関わる細胞の働きを阻害する性質があり、TGF-βが増殖することでヘアサイクルの乱れや抜け毛・薄毛が引き起こされAGAにつながります。なお、5αリダクターゼとホルモン受容体の量や活性度には個人差があり、遺伝も影響していると考えられています。

DHTの抑制につながるAGA治療とは?

AGAの治療や改善にはDHTの働きを抑えることがポイントとなりますが、今のところはDHTそのものに働きかける治療方法は確立されていません。現在普及しているのは、テストステロンと結びついてDHTを発生させる5αリダクターゼを抑制する治療方法です。
5αリダクターゼの働きを抑える治療薬には、「フィナステリド錠」と「デュタステリド錠」の2種類があります。

フィナステリド錠

フィナステリドは頭頂部分や前頭部分に多く存在する5αリダクターゼⅡ型を阻害する有効成分のこと。もともとは前立腺肥大症の治療用に研究開発されましたが、AGAにも効果が期待できると判明したためAGA治療薬に転用されます。その後「プロペシア」の商品名でAGAを対象とした最初のフィナステリド錠の販売が開始されました。日本では2005年より販売が始まり、現在に至るまで多くのクリニックで処方され最近ではジェネリック医薬品も流通しています。服用にあたっては、男性機能の減退や肝機能障害などの副作用が起こる可能性が指摘されています。

デュタステリド錠

デュタステリドは5αリダクターゼⅡ型だけでなく、後頭部分や側頭部分に多く存在する5αリダクターゼⅠ型にも働きかける有効成分のことで、フィナステリド錠よりも広範囲の薄毛に対応できると期待されています。フィナステリドと同じく、前立腺肥大症の治療用に研究開発されたのちにAGA治療薬に転用されました。AGAに適用されるデュタステリド錠は「ザガーロ」と名付けられ、日本では2016年より販売がスタートし現在ではジェネリック医薬品も流通し始めています。主な副作用としては、男性機能の減退や肝機能障害などが挙げられています。
なお、フィナステリド錠とデュタステリド錠を利用する際は主に次のような点に注意しておく必要があります。

・女性や未成年は安全性や有効性が確立されていないため服用できない
・肝機能障害がある人は服用できない場合がある
・男児胎児の生殖器発育に影響を及ぼす可能性がある
・経皮吸収されるため取り扱いに注意する 等

日常生活でDHTを抑える方法はあるの?

AGA治療薬の他にも、DHTやDHTの生成に関わる5αリダクターゼの抑制につながる対策方法があります。ここでは、DHTの抑制に役立つ日常生活上の対策について4点紹介します。

1.適度な運動をする

DHTは汗や尿に含まれて身体の外に排出されると考えられています。適度な運動で汗を流すことで、体内にDHTが溜まりにくくする作用が期待できます。また、運動にはホルモンバランスや頭皮環境を整える効果も期待できます。

2.喫煙を控える

体内に存在するDHTの量は、喫煙によって増加することが海外の大学の研究で明らかになっています。ニコチンには血行を悪くする作用もあるため、AGAを改善したい場合は喫煙を控えることが推奨されています。

3.5αリダクターゼの抑制が期待できる栄養素や食べ物を摂取する

5αリダクターゼの抑制が期待できる栄養素として有名なのは「亜鉛」です。レバーや牡蠣など、亜鉛が含まれている食べ物を意識的に摂取しましょう。また、女性ホルモンとよく似た働きをする「大豆イソフラボン」も、積極的に摂取することで間接的にDHTの抑制につながると考えられています。

4.飲酒量に注意する

アルコールは代謝される際に亜鉛を必要とするため、飲酒量が多いと5αリダクターゼの抑制に役立つ亜鉛が大量に消費される恐れがあります。AGAの進行が気になる場合は、普段飲んでいるお酒の量を見直してみましょう。

まとめ

DHTは脳や身体に必要な男性ホルモンですが、AGAを引き起こすマイナスな一面があります。AGA治療薬の服用や日常生活でできる工夫など、自分に合う対策方法を試してみましょう。ぜひ参考にしてAGAの改善に役立ててくださいね。

元AGAクリニックスタッフによるレビューと調査内容も公開しています


近くの優良AGAクリニックを探す

エリアから検索

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら