フケがスカルプシャンプーで悪化する?その理由は?

頭皮の悩みといえば、フケも代表的なもののうちのひとつではないでしょうか。その対策としてスカルプシャンプーを使っている方も多いと思います。

このページでは、頭皮のフケの改善にスカルプシャンプーは期待できるのか? 説明していきます。

そもそもフケとは?

そもそもフケとは?
フケというと、なんとも不潔なイメージがつきまといますが、その正体は頭皮の皮膚が剥がれ落ちたものです。通常は白くパサパサとしたうろこ状態になっていますが、脂っぽいフケが生じる場合もあります。   

フケがでる原因は?

フケは、頭皮のターンオーバーに伴って、古くなった頭皮の皮膚が自然と剥がれ落ちる現象のことです。古い角質であるフケが剥がれ落ち、新しい頭皮が顔を出します。これは、当たり前の現象であり誰にでもフケは発生するものです。しかし、普通のターンオーバーであれば、フケが気になるということはありません。フケが気になる、通常よりも明らかに多いという場合はターンオーバーが異常である可能性があります。

ではなぜ、頭皮のターンオーバーがおかしくなってしまうのでしょうか。

頭皮の乾燥

顔の皮膚が乾燥をすると、粉を吹いたようになります。頭皮もそれと同じで激しい乾燥状態になると、頭皮がフケとしてポロポロ剥がれ落ちてしまうのです。

頭皮がダメージを受けている

刺激の強いシャンプーやカラー、パーマ、紫外線などにより頭皮がダメージを受けることによってもターンオーバーは乱れてしまいます。その影響で必要以上のフケが発生してしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが、生活習慣の乱れやストレスなどによりホルモンバランスが乱れると、頭皮が乾燥をしたり脂っぽくなったりしてしまいます。頭皮の乾燥によりフケが生じるのはもちろんのこと、頭皮が脂っぽくなり皮脂が酸化するとそこにダメージが生まれます。皮脂の酸化によるダメージは、角化異常を起こしターンオーバーを狂わせてしまうのです。
 

皮膚病

脂漏性皮膚炎やアトピー、しらくもなどの皮膚疾患を発症している場合、それが原因となってフケが出ることがあります。

フケを直す対策方は?

フケを直す対策方は?
フケを直す場合、まずは何らかの皮膚疾患が原因でないかどうかをハッキリさせることです。もし、脂漏性皮膚炎などが原因の場合は皮膚科へかかり、病を治療することが必要になります。

そうでない場合は、頭皮のターンオーバーを正常にするための対策が必要です。頭皮に必要以上の刺激を与えない、汚れや余分な皮脂は落としつつ必要な潤いは残すといったケアが必要になります。また、頭皮へのダメージを考えて紫外線対策も行うべきでしょう。バランスの取れた食事、規則正しい生活もホルモンバランスを整えてフケ防止対策へと繋がります。

スカルプシャンプーでフケが悪化する?

スカルプシャンプーでフケが悪化する?
頭皮の健康を考えてスカルプシャンプーを選んでも、そのせいでフケがひどくなるケースがあります。このケースでは、スカルプシャンプーが刺激となったり皮脂を取り除き過ぎたりするといったことがフケの原因だと考えられます。つまり、選択したスカルプシャンプーが肌に合わなかったことが問題であり、スカルプシャンプー全般がフケを発生させる訳ではありません。

フケ対策のスカルプシャンプーの選び方は?

フケ対策のスカルプシャンプーの選び方は?
フケ対策としてスカルプシャンプーを選ぶのなら、まず成分をチェックして頭皮に刺激とならないものを厳選しましょう。避けたい成分は、高級アルコール、パラベン、石油系界面活性剤、合成香料などです。

また、汚れや酸化の原因となる皮脂は取り除きつつも頭皮を守ってくれるバリアー機能は破壊しないスカルプシャンプーを選ぶ必要があります。極端に洗浄力が高すぎるものも、低すぎるものもNGです。

フケ対策のおすすめのスカルプシャンプーは?

メソケアフォーマットシャンプー

フケに悩んでいるなら、メソケアのシャンプーを使った対策がオススメです。

メソケアのシャンプーは、汚れや皮脂はきちんと落とすものの、同時にアルガンオイルなどが頭皮の保湿もしてくれます。その他水分と油分のバランスを整えるのに最適なパッションフルーツオイルも配合され、ターンオーバーの整った健康的な頭皮を目指すことが期待できます。また、殺菌作用や抗菌作用のある成分、抗酸化成分も豊富に配合されている為、頭皮の環境を多方面からサポートしてくれるでしょう。乾燥性のフケにも脂性のフケ対策としても適したシャンプーですよ。

販売サイトはこちら
女性用はこちら

フケを改善する正しい洗髪のやり方

フケを改善する正しい洗髪のやり方
洗髪でフケ対策をするのなら、まずはシャンプー時の温度に注意をしましょう。適温は体温と同じ程度のぬるま湯です。髪の毛は、それ以上の温度でもダメージを受けませんが頭皮は高温になるとダメージを受けてしまいます。しかし、冷水で髪の毛を洗うと皮脂や汚れを落とすことが出来なくなってしまうので適温を守りましょう。

また、シャンプー前に優しくブラッシングをするとフケが浮かび上がり落としやすくなります。ただし、頭皮にダメージがある場合は控えた方が良いでしょう。他にもシャンプーまえに蒸しタオルを頭皮にあてることも有効です。フケが頭皮にこびりついているような場合は、植物性の精製されたオイルで頭皮をマッサージすると、フケを落としやすくなります。

まとめ

まとめ
フケは頭皮の皮膚のターンオーバーにより発生するものです。しかし、フケがあまりにも気になるような場合は、対策を考えたほうが良いです。ただし、フケ対策にスカルプシャンプーを用いる場合は、本当に頭皮に良い製品を厳選する必要があります。また、スカルプシャンプーを使用しただけでは、フケが治まらないことも十分に考えられます。その場合は、洗髪の仕方を見直すことはもちろんのこと、普段の生活の中で頭皮に負担や刺激を与えていないか? 生活習慣や食事のバランスはどうか?なども見直してみてください。