AGAはなぜ遺伝によって発症しやすいといわれているの?

「AGAには遺伝子が関係している」という声をよく聞きます。母方から受け継ぎやすいという見解も多いため、母親の家系に薄毛の人がいる場合は心配になってしまいますよね。AGAの発症には、少なからず遺伝が関与することが分かっています。ただし、必ずしも母方の遺伝子だけが影響するとは限らないようです。
今回は、AGAが遺伝によって発症しやすいと言われている理由や、遺伝以外に注意したいポイント、遺伝子検査などについてお伝えします。

AGAはなぜ遺伝によって発症しやすいといわれているの?


AGAが遺伝によって発症するといわれているのは、「AGAになりやすい遺伝子」が存在し、その遺伝子を持っている人が発症しやすいと考えられているから。ここでは、AGA発症の鍵を握る主な遺伝子について紹介します。

1.還元酵素「5αリダクターゼ」の活性を高める遺伝子

AGAは、男性ホルモンのひとつ「テストステロン」が5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化して発毛や育毛を妨害することで引き起こされます。5αリダクターゼは身体中にある毛穴の皮脂腺に存在し、頭髪では毛乳頭内に存在しています。5αリダクターゼの活性度を高める遺伝子を持っていると、5αリダクターゼの働きが活発化するため、DHTが生成されやすくなりAGA発症の可能性が高くなります。なお、この遺伝子は母方だけに限らず、母親と父親双方の遺伝子の組み合わせで継承する確率が変化するといわれています。

2.アンドロゲンレセプターの感受性を強める遺伝子

テストステロンと5αリダクターゼの結合によって生まれたDHTは、毛乳頭細胞に存在する受容体「アンドロゲンレセプター」と結びつくことでAGAを引き起こす指令を出し始めます。アンドロゲンレセプターの感受性が強い遺伝子を持っている場合、DHTとレセプターが結合しやすくなるためAGAを発症する確率が高くなると考えられています。
この遺伝子はX染色体上に存在する遺伝子で、母方からしか継承されない性質があります。そもそも染色体とは人間の性別を決定づける遺伝子のことで、父親のX染色体と母親のX染色体の組み合わせで「女性(XX)」になり、父親のY染色体と母親のX染色体の組み合わせで「男性(XY)」になります。生まれてくる子どもが男性の場合、X染色体は母方からのみ引き継ぐため、母親のX染色体に存在するアンドロゲンレセプターの感受性が強い場合はAGAを発症しやすいと考えられています。

AGAの遺伝子を持っていると100%発症する?


AGAになりやすい遺伝子を受け継いでいたとしても、100%発症するわけではないといわれています。上記で紹介した遺伝子の活性度が弱い場合はAGAを発症する可能性は低い、という見解も多々あります。一方で、AGAになりやすい遺伝子を持っていないにも関わらずAGAを発症したケースもあるようです。詳しくは後述しますが、AGAの発症には生活習慣などが関与している場合もあり、遺伝子のみが原因で起こるとは言い切れないのが現状です。

遺伝以外の要因で薄毛につながることもある?


薄毛になるリスクは遺伝子だけでなく、生活習慣やヘアケアとも関係しているといわれています。ここでは、遺伝以外で注意したい薄毛対策のポイントを4点紹介します。

1.食生活

毛髪は毎日の食事から摂取する栄養素によって育成されます。毛髪を作るタンパク質のほか、アミノ酸やビタミン類・亜鉛などを中心にバランスよく摂ることが重要です。食事のみの摂取が難しい場合はサプリメントを利用する方法も推奨されています。

2.睡眠

成長ホルモンには、毛母細胞の増殖や毛髪に栄養を届ける血液の促進を促す作用があると考えられています。成長ホルモンが最も分泌されるのは、眠りに入ってから1時間ないし3時間程度。できるだけまとまった睡眠時間を確保し、質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

3.ヘアケア

日々のヘアケアも髪の健康に影響を与えます。例えばシャンプーの場合、強い力で頭髪をこすり洗いすると地肌が傷んで炎症を起こし、毛髪が育ちにくくなるケースがみられます。指の腹を使い、頭皮をマッサージするイメージで丁寧にシャンプーしましょう。

4.その他

上記のほか、運動不足は血液循環の悪化や新陳代謝力の劣化を招き、薄毛の要因になる場合があります。ストレス解消も兼ねて、適度な運動を生活に取り入れるようにしましょう。また、タバコに含有されているニコチンには血管を収縮させる性質があるため、血行が悪くなり、毛髪に必要な栄養が運ばれにくくなります。薄毛対策をする場合は喫煙を控えることもポイントとされています。

遺伝子検査を受けてみよう


AGAになりやすい遺伝子を持っているかどうか気になる場合は、遺伝子検査で確認するという方法もあります。AGAクリニックでの検査のほか、最近は郵送で検査が受けられるキットも利用できます。

AGAクリニックでの遺伝子検査

AGA治療専門クリニックで実施している遺伝子検査で、アンドロゲンレセプターの感受性をチェックしたり、5αリダクターゼの発現度合いなどを調べたりすることができます。遺伝子の状態やAGAを発症するリスクを知るだけでなく、結果によってどの治療が効果的かなどAGA治療の参考になる点も魅力です。検査方法はクリニックにもよりますが、血液採取や頭髪を抜毛する方法が主流です。価格はおおよそ20,000円程度となっています。

検査キットでの遺伝子検査

DHCやAGAドックなどが提供している郵送での遺伝子検査です。アンドロゲンレセプターの感受性についての遺伝子を調べるほか、キットによってはAGA治療薬の効果予想や、リスクごとに特化した薬用トニックを用意しています。口内粘膜を採取して郵送するだけのシンプルな検査方法で、気軽に受けられるメリットがあります。結果は3~4週間程度で受け取れます。価格がおおよそ10,000円~13,000円程度と比較的安価なのもポイントです。

DHC遺伝子検査

まとめ

AGAになりやすい遺伝子は、あくまでも「なりやすい」遺伝子。受け継いでいたとしても100%発症するとは限らないようです。心配な場合は遺伝子検査を受けたり、クリニックのカウンセリングで相談してみましょう。AGAと遺伝の関係を知って、AGA対策や改善に役立ててくださいね。

元AGAクリニックスタッフによるレビューと調査内容も公開しています


近くの優良AGAクリニックを探す

エリアから検索

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら