フィナステリド錠の効果と副作用は?通販でも購入できる?

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療薬に用いられている成分で、薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制する働きをしてくれます。フィナステリド配合の薬は国内外で販売されていますが、副作用や海外製品を購入する際の危険性といったリスク面について予め知っておくことも重要です。

今回は、フィナステリドの効果や副作用、フィナステリド配合の内服薬や海外製品を購入する際の注意点などについて紹介します。

フィナステリドとは

フィナステリドとは
フィナステリドは、アメリカのメルク社によって開発されたAGA治療薬「プロペシア」の主成分のこと。もともとは前立腺肥大に対する治療薬に使用されていましたが、副作用に発毛が確認されたためAGA治療薬に用いられるようになりました。

プロペシアはアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を取得し、日本では2005年に万有製薬が厚生労働省より輸入の認可を受けました。現在、国内では10,000か所を超える医療機関で使用され、世界でも60か国以上で発売されているポピュラーなAGA治療薬です。

フィナステリドの脱毛・薄毛に対する効果

フィナステリドの脱毛・薄毛に対する効果
フィナステリドの最大の効果は、AGAを引き起こす「Ⅱ型5αリダクターゼ」という還元酵素の働きを抑えることにあります。「Ⅱ型5αリダクターゼ」は、男性ホルモンである「テストステロン」と結びつくことで脱毛を促すホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変異する性質を持っています。フィナステリドを服用すると「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きが阻害されるため、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生産されるのを防ぐとともに脱毛・薄毛の抑制につながります。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用
フィナステリドの副作用の発生率は症状に限らず1%以下で、他のAGA治療薬と比較しても発生率が低いといわれています。副作用が発生するかどうかについては、個人の体質や状況(ストレスを抱えているなど)、病歴などが関連すると考えられています。フィナステリドの主な副作用は下記の通り。

1.肝機能の低下・障害

フィナステリドの服用によって肝機能が低下し、食欲減退やむくみ、だるさなどの症状が発生することがあります。また、肝臓障害の目安となる血液中のAST値やALT値が上がるといった例もあります。

2.性機能の低下・障害

フィナステリドを服用することで性欲の低下や勃起機能不全(ED)、精液量が減少するなどの症状が現れることがあります。

3.その他

上記の他に、蕁麻疹や発疹などの副作用が発生する場合もあります。

フィナステリドの注意点

フィナステリドの注意点
なお、フィナステリドは成人男性が服用することを前提として製造販売されているため、女性や未成年への効能や安全性は未確認となっています。特に女性が妊娠中の場合は、フィナステリドの作用によって胎児の生育に影響が出ることが考えられています。フィナステリド成分は皮膚からも吸収されますので、妊娠の有無に関わらず女性はフィナステリド薬に触れないよう注意しましょう。

フィナステリド配合の薬・価格

日本で販売されているフィナステリド配合の内服薬は全部で9種類。上記で紹介した「プロペシア」と、プロペシアのジェネリック医薬品が8種類あります。いずれも購入する際はクリニックで処方してもらうか、医師の処方箋に基づいて薬局で購入する必要があります。

プロペシア

価格目安:6,000円~7,000円
製造元:MSD(旧:万有製薬)
内容量:28錠、140錠

厚生労働省より2005年に輸入の認可を受けた商品。日本における初のAGA治療薬として話題になり、以来10,000を超えるクリニックで処方されている人気の製品です。薄毛を引き起こす還元酵素の働きを軽減させることで脱毛を防ぎ、AGA進行を防ぐ作用に期待できます。比較的副作用が発生しにくいとされているため、初めてAGA治療する方におすすめされることの多い内服薬です。

フィナステリド錠「FCI」

価格目安:4,000~6,000円
製造元:富士化学工業
内容量:28錠

2018年に販売が開始されたプロペシアのジェネリック医薬品です。製造元は富士化学工業。価格はプロペシアより安価ですが、プロペシアと同等の効能を持っており、薄毛の原因となる還元酵素の働きを抑制することでAGA治療に役立てることができます。副作用についてもプロペシアとほぼ同じです。

フィナステリド錠「SN」

価格目安:4,000~6,000円
製造元:シオノケミカル株式会社
内容量:28錠、140錠

2016年より販売されているプロペシアのジェネリック医薬品で、製造元はシオノケミカル製造です。効能はプロペシアと同等ですが、比較的安価な価格で購入することが可能になっています。副作用のリスクについてもプロペシアとほぼ同等です。

フィナステリド錠「クラシエ」

価格目安:4,000~6,000円
製造元:大興製薬株式会社
内容量:28錠、140錠

2016年から販売がスタートしたプロペシアのジェネリック医薬品です。製造は大興製薬(株)、販売はクラシエとなっています。AGAを引き起こす還元酵素と薄毛ホルモンの結合を防ぐという作用があり、薄毛の進行対策に役立てることが可能です。価格帯は他のジェネリック薬品とほぼ同等。副作用や安全性についてはプロペシアと同じです。

フィナステリド錠「サワイ」

価格:4,000円~6,000円
製造元:沢井製薬
内容量:28錠、140錠

沢井製薬より2016年に販売されたプロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシアと同じ効能が期待できるほか、錠剤のフォルムやカラー、添加物・重量に至るまでプロペシアと同等になっているのが特徴的です。副作用についても先発品と同じ症状が考えられています。

フィナステリド錠「トーワ」

価格:4,000円~6,000円
製造元:東和薬品
内容量:30錠、150錠

2016年から販売されたプロペシアのジェネリック医薬品で、製造元は東和薬品です。効能や安全性はプロペシアとほぼ同等ですが、当商品の特徴はPTPシートに包装されているタイプとボトル入りタイプの2種がある点です。また、錠剤1粒1粒に製品名と重量が濃い目に印字されているため飲み間違い防止にも役立ちます。

フィナステリド錠「ファイザー」

価格:4,000円~6,000円
製造元:ファイザー
内容量:(PTPシート)28錠、140条 (ボトル)90錠、180錠

2015年に製薬会社のファイザーが厚生労働省から製造販売の承認を取得し、プロペシアのジェネリック医薬品として日本で初めて販売された製品です。効能や安全性はプロペシアとほぼ同等で、PTPシートタイプとボトルタイプがあります。

フィナステリド錠「武田テバ」

価格:4,000円~6,000円
製造元:武田テバファーマ
内容量:(PTPシート)28錠、140錠 (バラ包装)900錠

2017年より販売がスタートしたプロペシアのジェネリック医薬品で、製造元は武田テバファーマになります。シンプルなデザインの錠剤が特徴的で、効能や安全性などは先発品とほぼ同等です。PTPシート包装とバラ包装の2種があります。

フィナステリド錠「TCK」

価格:4,000円~6,000円
製造元:辰巳化学株式会社
内容量:28錠

辰見化学(株)によって製造され、2016年から販売されたプロペシアのジェネリック医薬品です。他のジェネリック医薬品同様、先発品とほぼ同等の効能や安全性が期待できます。淡い色合いで簡素な錠剤なのが特徴です。

通販で購入できる海外のフィナステリド錠と注意点

フィナステリドが配合されたAGA治療薬は海外でも販売されており、輸入サイトなどを通じて個人輸入することも可能です。しかし、想定外の副作用が出る、偽装品が配送されるなどのリスクがあり、それらの危険性を承知して自己責任で購入する必要があります。思いもよらぬ重篤な副作用が生じる恐れも考えられますので、安全性を優先して国内のクリニックで処方されたフィナステリド配合薬を服用することをおすすめします。

主な海外製のフィナステリド配合薬は以下の通りです。

フィンペシア

インドの有名製薬会社シプラ社によって製造販売されているフィナステリド配合薬です。プロペシアのジェネリック医薬品のため、プロペシアと同等の効能が期待できるとともに比較的安価な価格で入手することが可能です。価格の目安は30錠が2,500円前後、100錠が3,500円前後となっています。なお、一時期コーティング剤のキノリンイエローが発がん性物質であるといわれていましたが、キノリンイエローを錠剤のコーティングとして微量に使用する場合は特に問題ないとされています。また、現在流通している商品にはキノリンイエローを使用されておらず、パッケージにも「Quinoline Yellow Free」の表示があります。

エフペシア

インドのシプラ社が製造販売を行っているプロペシアのジェネリック医薬品で、上記にて紹介したフィンペシアの後に販売された商品です。当初はフィンペシアの方に人気がありましたが、フィンペシアのコーティング剤キノリンイエローが発がん性物質であると噂されるようになり、エフペシアの人気が高まるようになりました。エフペシアは100錠の商品から入手可能で、100錠が5,500円程度、200錠が9,000円程度、300錠が12,000円程度で流通しているようです。

フィナロ

インドに本社を置くインタス社によって製造販売されているプロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシアとほぼ同等の効能や安全性が期待できるほか、100錠が3,000円前後で入手できるなど他製品に比べて安価な価格で流通している点が特徴的です。価格については輸入サイトによって差があるといわれています。

フィナバルド

インドのイーストウエストファーマ社が製造販売するフィナステリド配合薬です。プロペシアのジェネリック医薬品のため効能や安全性はプロペシアとほとんど同じと考えることができます。他の海外製フィナステリド錠よりもややマイナーな存在といわれており、比較的安価な値段で入手できるといわれています。

フィナックス

インドの大手製薬会社ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ社によって製造販売されているプロペシアのジェネリック医薬品です。薄毛に対する作用はプロペシアとほぼ同等で、30錠から入手することが可能です。価格については、30錠が2,000円程度、90錠が5,000円程度、150錠が7,000円程度とされています。

フィナロイド

フィリピンの有名な製薬メーカーであるロイドラボラトリーズ社が製造販売を行っているプロペシアのジェネリック医薬品です。内容量は30錠と100錠で、30錠が2,500円程度、100錠が3,000円程度で流通していることが多いようです。他の製品同様、効能や安全性はプロペシアとほぼ同等です。

ハリフィン

タイのT.O.ケミカル社によって製造販売されているプロペシアのジェネリック医薬品です。ハリフィンには「ハリフィン‐1」と「ハリフィン‐5」がありますが、ハリフィン‐5は前立腺肥大症の治療薬として使用される「プロスカー」のジェネリックになりますので、AGA治療にはハリフィン‐1が適しています。価格は30錠が3,000円程度です。

フィライド

タイのサイアムファーマケミカル社が製造販売しているプロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシアとほぼ同じ作用や安全性が期待できるほか、値段も比較的安価で30錠3,000円程度から入手することができます。

まとめ

フィナステリド錠の効果と副作用は?通販でも購入できる?まとめ
フィナステリドはAGA治療薬のプロペシアや、プロペシアのジェネリック医薬品に含まれている成分です。服用の際は医師の処方に従い、用法容量を守って服用しましょう。フィナステリド配合薬を活用して、脱毛・薄毛対策に役立ててくださいね。

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら