ミノキシジルタブレットの初期脱毛:いつまで続く?発症率は?初期脱毛以外の副作用は?

ミノキシジルタブレットは、「リアップ」などの育毛剤に使用されている「ミノキシジル」を錠剤化したAGA治療薬です。内服するAGA治療薬のひとつとしても有名ですが、服用後に毛髪が抜ける「初期脱毛」が起こることがあります。抜け毛が悪化しているのではないかと心配してしまいそうな症状ですが、初期脱毛はAGA治療の重要なステップのひとつでもあるんですよ。

今回は、ミノキシジルタブレットで起こる初期脱毛の原因や発症率、ミノキシジルタブレットで起こりうる副作用などについて紹介します。

ミノキシジルタブレットとは?

ミノキシジルタブレットとは?
ミノキシジルタブレットは、発毛に有効とされる「ミノキシジル」が配合されたアメリカ生まれのAGA治療薬です。ミノキシジルはもともと高血圧を改善する薬として開発されましたが、副作用として体毛が濃くなる症状が確認されたため薄毛治療の薬に使用されることになりました。また、ミノキシジルには血管を拡張して血行を促進する作用があり、血液の流れをよくすることで毛髪の生成にかかわる毛母細胞を活性化、発毛や育毛につながる効果が期待できるとされています。なお、国内で承認されているミノキシジル配合のAGA治療薬は「リアップ」などの外用薬に限られているため、ミノキシジルタブレットは日本未承認の医薬品になります。

ミノキシジルタブレットでの初期脱毛はなぜ起こる?

ミノキシジルタブレットでの初期脱毛はなぜ起こる?
ミノキシジルタブレットによって初期脱毛が起こるのは、ミノキシジルの薬効が現れ始めたからだと考えられています。ミノキシジルタブレットを服用すると頭皮の血行が活発になるため、新たな毛髪が生成されて古く弱い毛髪が押し出されるように抜けていくといわれています。初期脱毛の量は人によって異なり、1日数十本程度の場合もあれば数百本に及ぶ場合もあるようです。抜け毛が増えると不安になるかもしれませんが、弱い毛髪が抜けた後は強く健康的な毛髪が生えてくると考えられていますので、AGA改善のステップのひとつとして前向きに捉えましょう。

ミノキシジルタブレットの初期脱毛の発症率は?

ミノキシジルタブレットの初期脱毛の発症率は?
ミノキシジルタブレットで起こる初期脱毛の発症率については、明確な数値が確認できないため今のところはっきりと分かっていないというのが現状です。ミノキシジルタブレットによる副作用の発症率は5%~8%程度といわれていますが、症状には個人差があるため人によっては初期脱毛が起こらない場合もあるようです。初期脱毛は薬が効き始めてきたサインでもありますので、発症しても悲観的にならずポジティブに受け取ることが重要です。

ミノキシジルタブレットの初期脱毛の期間は通常いつまで続く?

ミノキシジルタブレットの初期脱毛の期間は通常いつまで続く?
ミノキシジルタブレットによる初期脱毛の期間は、おおよそ1週間から2か月程度と考えられています。ただし個人差があるため、3か月近く初期脱毛が続く可能性もあるようです。初期脱毛が起こる時期についても個人差があり、ミノキシジルタブレットを服用して間もなく初期脱毛が起こるケースもあれば、10日あるいは1か月以上経過してから起こるケースもあるといわれています。

ミノキシジルタブレットの初期脱毛以外の副作用は?

ミノキシジルタブレットの初期脱毛以外の副作用は?
ミノキシジルタブレットには、血圧を下げたり心臓に負担をかけるなどの副作用があると考えられています。ここでは、ミノキシジルタブレットによって起こりうる主な副作用について5点紹介します。

1.血圧の低下

もともとミノキシジルは高血圧治療のために使用されていた薬ですが、AGA治療薬として使用した場合にも血圧を下げる作用があります。血圧が下がり過ぎると頭痛や動機、めまいなどの症状が現れる場合がありますので、低血圧の方がミノキシジルタブレットを使用する場合は服用前に医師に相談してください。

2.心臓への負担

ミノキシジルタブレットには血管を拡張させる働きがありますが、人によっては心臓に負担がかかって不整脈や動悸、胸部痛などの副作用症状が現れるケースがあります。心臓に持病がある方は自己判断でミノキシジルタブレットを服用せず、必ず医師に相談した上で服用するようにしましょう。

3.肝臓への影響

ミノキシジルタブレットは肝臓によって分解されるため、肝臓に負担が生じ肝機能障害などの副作用が生じる場合があります。肝臓は異変が起きても自覚症状が出にくい臓器ですので、ミノキシジルタブレットを服用する場合は定期的に血液検査を受けて肝臓への影響をチェックすることが必要です。

4.体毛が濃くなる

ミノキシジルタブレット特有の副作用として知られている症状です。ミノキシジルタブレットには血行を促進する作用がありますが、頭皮だけでなく全身の血行に働きかける作用があるため毛髪以外の体毛にも影響が生じます。体毛が濃くなっても健康面で弊害が生じることはほとんどありませんが、見た目が気になる場合は脱毛や除毛が必要になるケースもあります。

5.その他

上記のほかに、身体のむくみや手足のしびれ、皮膚のかゆみや湿疹、多汗症状、便秘や不眠などの症状が副作用として起こりうると考えられています。ミノキシジルタブレットを服用して体調に異変が起きた場合は自己判断で服用を続けず、速やかに医師に相談してください。

まとめ

まとめ
ミノキシジルタブレットによる初期脱毛は、ミノキシジルの効果が現れ始めたサインともいえます。のちに健康的な毛髪が生えてくると考えられていますが、症状が気になる場合は医師に相談しましょう。ミノキシジルタブレットを適切に使用してAGA治療を続けてくださいね。