ザガーロで初期脱毛が止まらない理由は?いつまで続く?

2016年にAGA治療薬として販売が開始されたのが、ザガーロです。AGA治療薬の中には、初期脱毛といって使用開始によって抜け毛が一時的に増えるといった症状が現れる場合があります。ザガーロも例にもれずに、こうした初期脱毛が起きると言われているAGA治療薬のひとつです。これから、AGA治療薬としてザガーロを使用するという選択肢も増えてくるでしょう。

今回は、ザガーロと初期脱毛の関係について詳しく説明していきます。

ザガーロとは?

ザガーロとは?
AGAの内服薬として有名なのは、プロペシアですね。プロペシアは、フィナステリドという有効成分が含まれた薬ですが、ザガーロはデュタステリドという有効成分が含まれています。

2016年と最近販売された薬ですが、プロペシアよりも効果が高いとも言われている期待の薬なのです。AGAに対してのメカニズムは、プロペシアなどのフィナステリドと同じように5αリタグターゼという酵素を阻害することになります。この酵素を阻害することでジヒドロテストステロンの増加を抑え、ヘアサイクルの乱れを防ぐことがザガーロでは可能になるのです。

プロペシアに含まれるフィナステリドは2型5αリタグターゼにしか働きかけません。一方、ザガーロの主成分であるデュタステリドは2型だけではなく1型5αリタグターゼにも効果を発揮します。そのため、ザガーロはプロペシアよりもAGAに対する効果が上だと言われているんですね。これから先のAGA治療を担う内服薬だと言っても過言ではないでしょう。

ザガーロでの初期脱毛はなぜ起こる?

ザガーロでの初期脱毛はなぜ起こる?
そもそもAGAの方は、ヘアサイクルが乱れ毛髪の成長期が短く反対に退行期や休止期が長くなります。さらに通常髪の毛の9割は成長期であることが望ましいのですが、AGAを発症していると成長期の毛髪の割合自体が少ないのです。

ザガーロを服用することによって、毛髪が一気に成長期へと突入することによって休止期に入って眠っていた毛髪が抜け落ちます。つまり、ザガーロを服用することによって乱れてしまったヘアサイクルを一度リセットすることになるんですね。これがザガーロで初期脱毛が起きる理由となります。

そのため表面上は、一気に抜け毛が増えて薄毛が進行したように見えてしまうのです。中には頭皮がスカスカの状態になってしまう事もあるでしょう。

ザガーロの初期脱毛が止まらない?いつまで続く?

ザガーロの初期脱毛が止まらない?いつまで続く?
ザガーロの初期脱毛は、服用後数週間目からあらわれ始めて2~3ヶ月程度続きます。とはいっても、ザガーロによる初期脱毛とは販売元が認めている症状ではないため確かな期間は分かりません。

しかし、実際にザガーロの服用により初期脱毛が起こったという人の報告や初期脱毛の可能性について認めている医師の話からまとめるとおよそ2~3ヶ月だと考えられます。

ザガーロの初期脱毛が起きた方の体験談

ザガーロを服用しはじめて三週間ほど経った頃から初期脱毛が始まりました。量としては、かなり多かったですね。ブラシにまとまって絡みついてくる程度、30~50本程度でしょうか。二か月と10日程で初期脱毛は治まりました。
男性|41歳
飲み始めて1週間ごろから急に抜け毛が増えました。正確に数えたわけではありませんが、両手が毛だらけになるほどの量で、おそらく200本以上抜けていたと思います。この状態が10日ほど続いたのでかなり不安だったのですが、2週間が経過したあたりから少しずつ抜け毛は減少し、3週間目以降は抜け毛がほとんどない状態へと変化しました。
男性|38歳
飲んで1週間辺りから、1日250本ほど髪の毛が抜けました。髪の成長に必要だと知っていたので、そのまま放置していたら、3か月程度で若干ですが増えてきた気配が感じられるようになりました。
男性|29歳

※AGABOOK調べ|実施日:2019年10月|人数:30名|調査方法:クラウドソーシング

初期脱毛が起こる時期や抜ける本数は個人差が大きいようです。しかし、ほとんどの場合、数ヶ月で収まります。長期間、初期脱毛が続くようであれば初期脱毛ではない可能性がありますので、医師に相談しましょう。

ザガーロで初期脱毛が起こるメカニズムは解明されていない

ザガーロで初期脱毛が起こるメカニズムは解明されていない
ザガーロで起きる初期脱毛のメカニズムは、上記でも説明した通り正しいヘアサイクルで毛髪が生える過程で起きるものです。成長が止まってしまった眠っている毛根が押し出され、新しい髪の毛が生えてくる為に初期脱毛が見られると考えられています。

しかし、実際にはまだこうしたザガーロによる初期脱毛のメカニズムは解明されていないのが実情です。ザガーロは脱毛を防ぐだけではなく、発毛を促し髪の毛を太くするといった効果もみられます。髪の毛が増えたり太くなったりすることは、毛髪が成長期であるという事です。こうした毛髪の成長を実感する前に、休止期の毛髪が脱毛する=初期脱毛が起きると考えられてもおかしくはありませんね。

初期脱毛の対策法は?

初期脱毛の対策法は?
初期脱毛がどうしても嫌だというなら、薬を止めるしかありません。しかし、薬を止めたとしてもAGAは進行性の症状ですから抜け毛は地味に増え続けていくでしょう。

それに比べてザガーロによる初期脱毛は一時的なもので、これを乗り越えれば抜け毛の改善や発毛が見込めるのです。ですから、この初期脱毛の状態を乗り切るための対策を考えるのがベストでしょう。

初期脱毛がひどく頭皮がスカスカになって恥ずかしいというなら、頭皮が目立たないヘアスタイルにしたり出掛ける際には帽子をかぶったりするというのも一つの選択肢です。また、医師に相談をすると薬の服用量を減らして様子をみるといった対策がとられる場合もあるようです。ミノキシジルなどの外用薬を併用して使うことで、少しでも早く発毛を促すという対策方法もあります。

ただあまり気にせず、これもAGAを治療する上で通る道、効果が出ている証拠だとポジティブに考えることが初期脱毛を乗り越える一番の対策だと言えるでしょう。

ザガーロの初期脱毛以外の副作用は?

ザガーロの初期脱毛以外の副作用は?
ザガーロを服用するうえで気にしなければいけないのは、初期脱毛だけではありません。ザガーロには、その他の副作用も発生する可能性があるのです。

ザガーロは男性ホルモンが影響をするAGAに効果を発揮する薬ですから、女性が服用をすることはできません。特に注意が必要だと言われているのが、妊娠中や授乳中の女性です。胎児の性器の発育に影響を与え、母乳を通して赤ちゃんに影響をする可能性があるためです。

また、女性ではなく男性がザガーロを服用する場合であっても副作用が起きる可能性はあります。例えば性欲の減少や勃起障害・肝機能障害などが起きる可能性もあります。また、鬱症状がみられるようになり、男性の女性化といった副作用も報告されています。

これらの副作用は全体で10%をこえると報告されているので、ザガーロを服用するのならば決して他人ごとだとは言えないでしょう。

まとめ

まとめ
ザガーロを服用すると、脱毛の防止や発毛効果を実感する前に初期脱毛が起きることもあると覚えておきましょう。ほとんどは数ヶ月で初期脱毛はおさまり、効果を実感することができるようになっていきます。初期脱毛が起きている間は、髪型を工夫したり帽子でカムフラージュしたりするなどして乗り切りましょう。

また、ザガーロは初期脱毛だけではなく副作用が出現する可能性も決してまれではないので、その事についてもある程度の覚悟しておきたいものです。

AGAクリニックおすすめ5選

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニック

東京港区にあるAGA治療・薄毛治療の専門クリニックです。AGA治療には内服薬・外用薬を用いる方法のほか、成長因子を使用する「育毛メソセラピー」を実施。治療への満足度も重要ととらえ、写真を用いて治療効果をチェックするなど患者さんの満足度・納得度を確認しながら施術を進めています。患者情報公開にも力を入れており、治療症例や費用などの情報をHP上でチェックできるようになっています。Webで簡単に予約できる無料カウンセリングも実施しています。

詳細はこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

東京や神奈川を中心に全国展開しているクリニックで、AGA治療のほか美容整形や脱毛・美容歯科などの施術を行っています。AGA治療では内服薬と外用薬を使用したオーダーメイド処方のAGA治療薬、毛髪再生メソセラピーや植毛のほか、自分の毛包細胞を患部に与える「ダブルマトリックス」施術を実施しています。オンライン診断も行っており、自宅にいながら専門医による診断を受けることも可能。また、治療による効果が見られない場合は費用を返金する制度も実施しています。

詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGA治療のみを専門的に行っており、関東をはじめ全国的に分院展開しているクリニックです。オリジナル発毛薬「Rebirth」を使用した治療のほか、外用薬や成長因子を用いたメソセラピー、植毛やヘアタトゥー・ヘアビームなどの施術を実施しています。日々のヘアケアについても重視し、育毛効果が期待できるオリジナルのヘアケア用品の紹介を行っています。また、HP上でチェックできるAGAセルフ診断や、メールで予約できる無料カウンセリングも行っています。

詳細はこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル

薄毛・発毛専門のクリニックで、東京や大阪・名古屋などに分院を展開しています。「総合頭髪治療」を推奨し、形成外科・皮膚科・薬学・メンタルヘルスなど各分野の専門医が連携して個人個人の症例に最適な治療を行っています。自分に適応しやすいAGA内服薬をチェックする「AGAリスク遺伝子検査」を実施しているため、自分の頭皮により効果が期待できる治療薬を用いた施術を行うことができます。無料カウンセリングも行っており、HP上から簡単に予約することが可能です。

詳細はこちら

TOMクリニック

TOMクリニック

池袋と新橋に院を構えるAGA・薄毛治療のクリニックです。AGA治療では、内服薬や外用薬・注入を行うほか、切らない自毛植毛「ARTAS」を使用した施術を行っています。「ARTAS」を用いた植毛はメスを使用しないため、傷跡が目立ちにくく痛みもほとんど感じない画期的な施術といわれています。無料カウンセリングも実施しており、患者専用のAGA治療・AGA薬お試し処方・自毛植毛ARTASなどが相談できます。また、HP上のセルフチェックを使えば、簡単に自分の頭皮の状態をチェックすることも可能です。

詳細はこちら