AGA検査とは?どんなことが分かる?目的は?

AGAが気になるのなら、治療方法と一緒に知っておきたいのがAGAの検査についてです。AGAの検査では一体どんな事が分かるのか、そもそも検査は行った方が良いのかなど気になるポイントについてまとめてみました。

AGA検査の目的は?どんな人に向いている?

AGA検査の目的は?どんな人に向いている?
まず、AGA検査の目的を知っておきましょう。

AGA検査の3つの目的
  1. これから先にAGAを発症するリスクがどれくらいあるのかを事前に分かる
  2. AGA治療薬が自分にどの程度効果を発揮してくれるのか、また副作用が起きるリスクがあるのかが分かる
  3. 栄養状態が分かる

AGAの検査は、父親や祖父などの親戚に薄毛の方が多い人や、将来的に自分が薄毛になるかどうか気になっている人に向いています。また、最近何となく髪の毛にボリュームがなくなってきた、抜け毛が増えてきたような気がする悩みを持っている人にもおすすめです。他にも、これからAGA治療を始める人にもおすすめの検査でもあります。

AGAの検査の種類と検査方法

AGAの検査の種類と検査方法
AGAの検査は病院での検査と自宅での検査があります。検査内容で種類を分けると、血液検査と遺伝子検査の2種類に分ける事ができます。

血液検査

AGA検査の中でも最も一般的に行われているのが、採血による血液検査です。血液検査の方法は、AGA以外の検査でも行われる血液検査と同じと考えても良いでしょう。

遺伝子検査

血液検査と比べると遺伝子検査はなじみが薄い検査だと言えるでしょう。遺伝子検査とは、別名DNA検査とも呼ばれます。この検査方法は、口の中の粘膜を採取して遺伝子の解析を行います。頬の粘膜を軽く擦り採取します。痛みなどは一切ありません。遺伝子の採取は、口内の粘膜以外からでもできるのですが、AGAの遺伝子検査では口内の粘膜を利用するケースが多いようです。検査に時間はかかりませんが、結果が出るまでには1ヶ月ほどかかります。

二つの検査方法は、それぞれ調べられる内容が異なります。

血液検査で分かること

血液検査で分かること
血液検査では身体の現在の状態が分かります。肝臓や腎臓など臓器の機能性、コレステロールや中性脂肪の値に貧血かどうか、また感染症などの疑いを判断する事ができます。これらがどのようにAGA治療に役立つのでしょうか。

プロペシアなどの内服薬が飲めるか?

AGAの治療は、主にプロペシアなどの薬を用いて行われます。しかし、これらの薬は肝臓や腎臓などの臓器に負担をかける恐れがあります。また、疾患の有無がある場合は、薬を用いてAGAの治療を控えた方が良いこともあるのです。血液検査では、現在の身体の状態でプロペシアなどのAGA治療を使用する事ができるのかを見極める事ができます。つまり、血液検査をする事によってプロペシアなどのAGAに有効とされる薬を安心して治療に取り入れられるかどうかが分かるのですね。

栄養状態がわかる

血液検査で分かるのは、それだけではありません。血液検査をする事で、身体に不足している栄養素も分かるのです。AGAでは、サプリメントなどの栄養補助食品を利用してその改善をサポートするという治療が行われる事もあります。また、血液検査の結果はAGAに良いとされる毎日の食生活や生活改善の参考にもなるでしょう。

遺伝子検査で分かる内容

遺伝子検査で分かる内容
遺伝子検査で分かる事は、将来AGAが発症するリスクになります。もし、現在その兆候がないとしても遺伝子検査をする事で発症リスクが高いか低いかを予見する事ができるんですね。

また、AGA治療で使われる有効成分フィナステリドなどの感受性についても分かります。現在のAGAを改善するには、ジヒドロテストステロンの発生を抑える5αリダクターゼを阻害する治療が大きな柱となっています。こうした5αリダクターゼ阻害薬が、その人にとってどの程度有効なのかが分かるんですね。これにより、自分に適したAGA治療の選択が可能になります。

病院でできる検査方法は?


病院では、冒頭で述べた血液検査、遺伝子検査の2種類の検査を行う事ができます。ただし、受診するクリニックによっては血液検査は行っていても遺伝子検査は行われていない所もありますので、事前に確認しておきましょう。

とくに皮膚科の場合は、AGA遺伝子検査を行っていないケースの方が多いため、遺伝子検査をしたいのなら専門のAGAクリニックを受診することをおすすめします。

自宅でできるAGA検査キッドとは?

AGA検査は、病院を受診しなくても自宅で行う方法もあります。それが検査用のキッドを使用するという方法です。

インターネットなどで入手する事ができるキッドで、自宅に届いたらキッドの説明に従って自分で粘膜などを採取します。採取するためのアイテムなどは、全てキッドにそろっていますから、それ以外に購入するものはありません。説明に従って採取をしたら、それを郵送します。

郵送先で遺伝子の解析が行われ、AGAのリスクやアンドロゲンレセプターの感受性が分かります。こうした結果は、インターネットや郵送により見る事ができますよ。病院へ行かなくても、自宅で簡単にAGA遺伝子検査が行えるという手軽さが特徴です。

病院と検査キッドの違いはあるの?

自宅と病院の結果の違いは?メリット・デメリットは?
AGAの遺伝子検査は、病院で行う遺伝子検査とAGA検査キッドを使った自宅でできるもの、それぞれに違いはあるのでしょうか?

イメージ的には、病院の遺伝子検査の方が正確なのではないかと思う人が多いと思われますが、病院で行われる遺伝子検査も院内で解析を行っている訳ではなく外部の専門機関へ依頼をするのが一般的です。そのため、遺伝子検査の結果が病院とキッドで大きく異なるという事はほとんどないと考えて構いません。

とくに血液検査などと違って、遺伝子検査は時期や体調によって結果が変わる類いのものではありませんから、両者とも結果に違いはないと言えるでしょう。

ただし、これはしっかりとした検査キッドを用いた場合のみです。あまりにも安価過ぎるもの、販売元が不明なAGA検査キッドなども出回っていますので、そのようなものは購入しないようにしましょう。

病院で検査をするメリットとデメリット

病院で検査をするメリットは、血液検査や遺伝子検査、毛髪検査など複数の結果から総合的な診断を受けられるという事でしょう。検査の結果だけではなく、実際の状態を視診触診してもらえるというのも大きなメリットですね。これからAGAの治療を行うという上で、治療方針は非常に重要となります。検査の結果だけで治療を決定するのではなく、実際に医師が結果と合わせて個人にあった治療を提案してもらえるのは病院ならではと言えますね。

一方のデメリットは、保険がきかないために検査料金が高くなってしまうという事でしょう。また、遺伝子検査の場合、検査結果が出るまでに時間がかかるという事がデメリットとしてあげられます。

自宅でできる検査キッドのメリットとデメリット

AGA検査キッドのメリットは、やはり病院で検査を受けるよりもずっと安いという事でしょう。また、今はAGA治療をするほどではないけれど家系的に将来のリスクが気になるといった人が気軽に検査をできるというのもメリットですね。

デメリットとしては、これからAGAの治療を始める場合に限り、病院で検査をした方が有益な情報を得られるという事になります。キッドによっては、結果に応じたアドバイスを受け取れる事もありますが、それはどうしてもパターンごとの画一的な内容になってしまいます。一人一人の総合的な判断により医師の視点からアドバイスを受けられる訳ではないというのがデメリットになるでしょう。

AGAの検査はいつうけるべき?

AGAの検査はいつうけるべき?
AGAの検査は、遺伝子検査の場合はいつ受けても構いません。前述した通り、遺伝子検査の結果はいつ行っても変わらないからです。ですが、できれば薄毛や脱毛が気になってからよりも、気になる前に遺伝子検査を受けた方が良いです。AGAをすでに発症してからリスクを知るよりも、発症する前にそのリスクについて理解しておいた方が有効な対策を行えます。また、AGAは早期に治療を開始することで効果が格段にあがります。

血液検査の場合は、その時々で結果が異なるのでAGA治療を受けようと決断してからでも良いでしょう。

検査には時間がかかる?

検査には時間がかかる?
血液検査も遺伝子検査も、検査自体に前準備なども必要なく数分で完了します。ですから、検査のために1日や半日かかってしまうことは希です。しかし、予約状況による待ち時間はクリニックや時期に左右されますので、時間のない方は事前に予約しておきましょう。

検査結果はどのくらいでわかる?

検査には時間がかかる?
病院で検査をした場合、平均して血液検査なら1週間、遺伝子検査なら1ヶ月ほど結果が出るまでにかかります。血液検査の場合は、病院によっては翌日には結果が分かりますが大抵は1週間ほどになるでしょう。

遺伝子検査のキッドを用いる場合は、郵送をしてから平均して2~3週間ほどで結果が分かります。

AGAの可能性と結果がでたらどうする?

AGAの可能性と結果がでたらどうする?
検査をした事でAGAのリスクが高かったり、既にAGAを発症していると思われたりする場合は、できるだけ早く適切な治療を受けましょう。また、今は全く症状が出ていなくてもAGA発症リスクが高い場合は食生活や生活週間、日頃のケアに注意をしながら経過観察をするのが一般的です。

たとえAGAだと分かっても、AGAは早期に治療を始めた方が効果が出やすく進行をくい止める事もできます。AGAが気になるのなら、検査を受ける意味は大きいと言えるでしょう。

AGA検査とは

AGA検査とは
AGAの検査は、AGAかどうかを判断するための検査だと思われがちですが、本来その目的は別のところにあります。もちろんAGAなのか、それとも別の症状なのかを判断するためにも役立ちますが、将来のAGAリスクやアンドロゲンレセプターの感受性、AGA治療薬を使用する事ができるのかどうかといった目的で検査が行われます。

遺伝子検査の場合は、一度の検査で済みますし、AGAリスクが高い場合は、生活習慣や食生活を改善させることで発症を遅らせることもできますので、一度検査してみる事をおすすめします。