AGA治療に用いられる薬の特徴や値段。押さえておくべきポイントは?

AGAの治療では、何らかの薬を用いる事が多くなります。よく知られているプロペシアやミノキシジルはもちろんのこと、他にもさまざまなAGA治療薬が存在しているんですよ。薬の特徴や値段についても知っておく事によって、自分自身でAGA治療の選択の幅を広げることができます。

このページでは、AGA治療に用いられる薬の特徴や値段などについて説明していきます。

プロペシアとは?値段は?

プロペシアは、フィナステリドという抗アンドロゲン作用のある成分が配合されたAGA治療薬です。AGA治療薬には、内服薬と外用剤がありますが、プロペシアは内服薬となります。AGA治療薬の中でも、最も有名な薬のひとつでAGA治療を行っている病院では必ずプロペシアを取り扱っているといっても過言ではありません。プロペシアを服用する事で、AGAの原因となっている2型5αリダクターゼを阻害し脱毛を防ぐ事ができます。

プロペシアは、フィナステリド剤の中では値段が一番高い薬です。それは、プロペシアがAGA治療に用いられる他のフィナステリド錠の先発医薬品だからです。保険の適用外であるため、処方されるクリニックにより値段は異なるものの、1ヶ月分6000円~8000円程度かかる事が多いでしょう。

ミノキシジルとは?値段は?

ミノキシジルもプロペシアと同様に多くのクリニックで処方されているAGA治療薬です。ミノキシジルは内服薬ではなく外用剤が一般的ですが、ミノキシジルタブレットという内服薬を処方しているクリニックも少なからず存在します。ミノキシジルは本来、高血圧や動脈硬化に処方されていた薬であり、血管拡張作用があります。その副作用として発見された多毛になるといった症状が、AGA治療に利用されているのです。唯一の発毛薬と言われており、プロペシアが守りの薬ならばミノキシジルは攻めのAGA治療薬だと言えるでしょう。

ミノキシジルの値段も保険適用外ですので、クリニックによって異なりますが、ミノキシジルの外用剤は市販の製品もあります。クリニックや製品によって値段は違いますが、1ヶ月分で8000円が平均的な価格だと言えるでしょう。

 

フィナステリドとは?値段は?

フィナステリドとは、製品の名前ではなく成分の名前です。例えば、プロペシアに含まれているのもフィンジアに含まれている有効成分もフィナステリドとなります。2型5αリダクターゼの阻害作用があるため、男性ホルモンに大きく影響する薄毛に効果的な成分です。

フィナステリドが有効成分であるAGA治療薬の先発医薬品であるプロペシアの値段は、上記で説明した通り1ヶ月8000円前後となります。しかし、フィナステリドが有効成分のAGA治療薬には後発医薬品が多く存在します。これが、いわゆるジェネリック医薬品と呼ばれるものです。国内で認可されているジェネリックのフィナステリド錠は、クリニックでの相場は1ヶ月4000円前後の値段となっています。

国内で認可されていない海外のフィナステリド錠は、個人輸入で購入する事が可能でクリニックで処方してもらうジェネリックよりもさらに安く手に入ります。値段は、1ヶ月分1000円~2000円で個人輸入する事も可能です。

 

ザガーロとは?値段は?

ザガーロはAGA治療薬の中でも新しいお薬で、デュタステリドを有効成分としています。本来は前立腺肥大の薬ですが、現在では世界各国でAGA治療に用いられています。ザガーロの作用機序は、プロペシアなどのフィナステリドと類似しており、1型・2型5αリダクターゼを阻害するというものです。2型だけではなく1型にも効くという点が、ザガーロの特徴であり、そのためプロペシアよりも高い効果を発揮するとも言われています。

ザガーロもクリニックでの処方に保険はききませんから、値段は1ヶ月分8000円~9000円前後が相場でしょう。あまりプロペシアとの間に価格差はないと言えます。

アボルブとは?値段は?

アボルブは実はAGA治療薬として承認された薬ではありません。前立腺肥大のための薬となります。しかし、その内容はザガーロと同じデュタステリド剤です。

前立腺肥大の薬として用いられているアボルブに、AGA治療効果があるとして認可された薬がザガーロとなります。

アボルブは、前立腺肥大の治療薬として処方される場合は保険が適用されますが、AGA治療薬としては保険の適用外です。現在ザガーロが国内でもデュタステリド剤として認可されたため、アボルブをAGA治療薬として用いる事はほとんどないでしょう。

もし、アボルブがAGA治療薬として処方される場合は、保険の適用外でザガーロと同等の8000円~9000円の値段となります。

ロゲインとは?値段は?

ロゲインとは、日本で承認されているミノキシジルが有効成分の外用薬です。ロゲインは市販されていないため、手に入れるためにはクリニックで処方してもらうことになります。その値段は、8000円前後が相場となり後発医薬品よりも高くなります。

アロビックスとは?値段は?

アロビックスは塩化カルプロニウムが有効成分の薬です。AGA治療薬としては、頭皮に塗布して使用する外用薬のひとつとなります。効果としては、血管拡張がありミノキシジルと同じような作用機序なのですが、その発毛効果はミノキシジルよりもずっと弱いものとされています。そのため日本皮膚科学会でも、AGA治療薬としてあまりアロビックスは高い評価はされていません。女性にも使用可能で、副作用がミノキシジルよりと弱いという点は評価できます。

値段は圧倒的に他のAGA治療薬よりも安く、クリニックで処方してもらっても保険適用で1本数百円程度となっています。

AGA治療薬:ジェネリック医薬品について

AGA治療薬:ジェネリック医薬品について
ジェネリック医薬品は、あるひとつの医薬品が発売後、その特許の期限がきられてから製造販売されて後発医薬品のことです。開発費用などの面で安く済ませる事ができるため、先発医薬品よりも安価で入手する事ができます。国でも医療費の負担を減らすために、ジェネリック医薬品の利用を勧めています。

AGA治療薬にもジェネリック医薬品がありますが、保険は先発医薬品同様きかないため、保険適用の処方薬と比較すると高価です。

ただそれでも、先発医薬品よりもリーズナブルなため、人気がある薬となっています。ジェネリック医薬品は、有効成分は先発医薬品と同じですが添加物などの処方は異なり100%同じ製品という訳ではありません。ただそのAGA治療への効果はジェネリックでも変わらないというのが、定説です。

個人輸入でAGA治療薬を購入する危険性について

個人輸でAGA治療薬を購入する危険性について
最近では、クリニックで先発医薬品やジェネリックを処方してもらうよりも、価格を抑える事ができるAGA治療薬の個人輸入が人気となっています。

しかし、AGA治療薬の個人輸入には思わぬ危険性が潜んでいることも。病院で処方されているAGA治療薬は、そのルートも100%正規でありその管理も徹底しています。しかし、個人輸入の場合、その品質には何の保証もなく管理体制もずさんな事が珍しくありません。中には粗悪な偽物が紛れ込んでいる可能性もあり、正規品とは効果が違うだけではなく副作用の心配もあります。

個人輸入で入手できるAGA治療薬は、日本未承認のものがほとんどで、正確にはジェネリック医薬品とも呼べない治療薬もあります。そういったリスクや危険性を考慮しながら、自己責任で個人輸入を利用しなければいけません。

AGA治療薬の服用をやめたらどうなる?

AGA治療薬の服用をやめたらどうなる?
AGA治療薬は、根本的な治療とは言えないため服用をやめると時間をかけて徐々に元の状態へと戻ります。さらに時間が経過すると、頭皮の状態はますます薄毛が進行していくでしょう。

薬をやめた後、どれくらいでAGAが悪化していくのかは個人差がかなりあるため、一概には言えません。ただし、薬をやめると今の状態をキープする事はできない事は確実です。

AGA治療薬はいつまで飲むの?

AGA治療薬はいつまで飲むの?
AGA治療薬は、いつまで飲まないといけないという制約はありません。ずっと髪をキープしたいというのなら、一生薬を服用し続けないといけないでしょう。

しかし、若い頃だけAGA治療薬を服用し、ある程度年齢がいったら薬をやめるという選択をする人も少なくありません。若いうちの薄毛は、目立ちますが年齢を重ね周りも薄毛が増える事でコンプレックスが解消するという話はよくある事です。

自分で納得のいく選択をするようにしましょう。

生え際と後頭部で薬の効果は?

生え際と後頭部で薬の効果は?
生え際の薄毛は、悪玉男性ホルモンの影響がある部位なので、AGA治療薬は効果があると言えます。ただし、血流の悪さや悪玉男性ホルモンが大きな原因である頭頂部や前頭部と比べると薬の効果が落ちるとも言われています。それは、そもそも頭頂部や前頭部と比較するとAGAの原因となる悪玉男性ホルモンが少ないからなのです。

そして、AGA治療薬では最も薄毛が改善しにくい部位のひとつが、後頭部です。そもそも後頭部というのは薄毛になりにくい場所なんですね。前頭部や頭頂部は薄毛でも、後ろだけフサフサという人は少なくありません。しかし、その逆のケースはというとほとんど見られないでしょう。それもそのはず、そもそも後頭部にはAGAの原因を作るレセプターが存在しない場所なのです。ですから、もし後頭部の薄毛に悩んでいるなら、AGAではない可能性も高くなります。

AGA治療薬の副作用とは

AGA治療薬の副作用とは
AGA治療薬には、効果がある一方で副作用もあります。医師の指導のもと、正しく使用している分には重篤な副作用を特に心配する必要はありません。ただし、ほてりやかゆみといった頭皮の副作用は割と多くの人が感じるようです。継続して使用できる場合がほとんどですが、症状がひどく心配な場合は医師の判断を仰ぎましょう。

また、男性の性機能に関与する副作用が多く報告されているのもAGA治療薬の特徴です。これらの副作用は、フィナステリドやデュタステリドといった男性ホルモンを阻害する作用のある薬でみられるものです。その他、これらのAGA治療薬は使用できず、妊婦の場合は胎児の生殖器に影響を与えてしまいます。

AGA治療薬の飲み合わせの注意点はある?

AGA治療薬の飲み合わせの注意点はある?
プロペシアを含むフィナステリド錠やデュタステリドが含まれるザガーロは、併用禁忌の薬は上げられていません。ただし、持病の薬などを服用している場合は、必ず医師に相談する必要があります。肝臓に負担をかけるなど、身体に影響を及ぼす危険性もあるので注意をしなくてはいけません。

AGA治療薬を飲み忘れたら効果は薄れるの?

AGA治療薬を飲み忘れたら効果は薄れるの?
AGA治療薬に限らず、決まった用量を服用しなければ薬は十分な効果が現れません。AGA治療薬は、その性質から継続服用が必要な薬です。1回飲み忘れた位では効果は薄れませんが、頻繁に飲み忘れを繰り返していれば効果は薄れてしまうでしょう。

飲む時間は決まってる?

飲む時間は決まってる?
AGA治療の内服薬は、飲む時間帯は決まっていません。時間によって効果に差は出ない薬となっています。だからどんな時間帯で生活を送っている人でも、AGA治療薬は効果を発揮してくれるのです。

ただ服用を忘れないようにするためにも、同じ時間帯に飲むことをおすすめします。ぴったり同じ時間にする必要はありませんが、薬の効く時間を考えても短い間隔よりもそれなりに時間を空けて服用する方が良いでしょう。