AGA治療費の相場:形態や治療内容ごとの費用は?

AGA治療をする際に気になるのが、その費用ですね。AGAの費用は治療を受ける場所の形態や治療内容によって相場は大きく違ってきます。その価格差はかなりの幅がありますので、どこでどんな治療を受けると相場はどれくらいになるのかを把握しておくと安心です。

このページでは、クリニックや育毛サロン、治療法ごとの料金の相場をまとめました。

形態別:AGA治療の相場

形態別:AGA治療の相場
まず現在、AGA治療を受けることのできる施設はAGA治療専門のクリニックや皮膚科、そして育毛サロンです。前者の2つは医療機関ですが、後者は民間の業者が運営しているサロンであり、医療従事者が治療に関わる訳ではありませんので、厳密には治療とは言えません。基本的に美肌、痩身エステの頭皮&毛髪バージョンだと考えておいてください。

それでは形態別の治療費の相場はどうなっているのでしょうか?

AGA治療専門クリニックの相場

1ヶ月:20,000円~30,000円

AGA治療専門クリニックは、その効果の高さから薄毛に悩む方に支持される一方で治療費の相場は他よりも高くなっています。選択する治療にもよりますが、1ヶ月に2万円~3万円の治療費がかかっているケースが多くなります。

AGA治療専門クリニックは、医療の力で抜け毛の抑制・薄毛の改善を目的とした治療を行っていきます。専門クリニックだけあって、事前のカウンセリングや血液検査などが徹底されているのが特徴です。

また、基本的なAGA治療の内服薬や外用薬を使用した治療だけではなく、クリニックオリジナルの育毛薬やサプリメントを組み合わせた治療をメインとして行っています。

内服薬や外用薬の塗布よりも、より効果の高い育毛メソセラピーや再生療法を取り入れて、AGA治療の選択肢を広げているのも専門クリニックの特徴です。

皮膚科の相場

1ヶ月:5,000円~15,000円

薬剤処方のみでメソセラピーや再生療法などは行っていないことなどもあり、治療費は1ヶ月5000円~15000円程度で収まります。普通の皮膚科の場合、治療費は1万円前後の価格帯であることが最も多いといえます。

皮膚科はAGA治療を専門に行っている診療科ではありません。しかし、頭皮も皮膚の一部ということでAGA治療を行っている病院もあるんですね。ただ皮膚科なら必ずAGA治療を行っている訳ではありませんので、診察の前に確認をしておくことを勧めます。

皮膚科で受けられるAGA治療は基本的に薬を処方されるだけです。詳しい検査などはなく、視診だけで薬が処方される場合がほとんどです。

育毛サロンの相場

半年:50万円~100万円

育毛サロンは上記2つの医療機関よりも料金は高額になります。大抵はコースをくむことになりますので、半年で50万円~100万円が相場になるでしょう。育毛サロンでの施術料金だけではなく、ホームケアとして育毛剤やシャンプーなどを勧められるとさらに高くなってしまいます。

育毛サロンは、AGAクリニックと混同されることが多々ありますが、全く別の形態の施設となります。

第一に医療機関ではありませんので、AGA治療専門クリニックや皮膚科と同様の治療を行うことができません。例えば、プロペシアやミノキシジルのような基本的なAGA治療薬も処方することはできませんし、注射器などを使用した施術も不可能です。

育毛サロンでは、美容マシンを用いて頭皮の毛穴を洗浄したり、マッサージで頭皮の血行を改善したりするなどのケアを行います。また医薬品ではなく、サロン独自のヘアトニックやオリジナルのシャンプーなどを取り扱っているケースも多いですね。

治療別:AGA治療の相場

治療別:AGA治療の相場
AGA治療は施設の形態だけではなく、治療内容によっても相場は違ってきます。ですからAGA専門のクリニックで治療を受けたとしても、その内容によって数万円もの差がつくものなのです。

外用薬の相場

1ヶ月:4000円程度

外用のミノキシジルの相場は、1ヶ月分で4000円程度が相場となります。

AGA治療では、外用薬を頭皮に塗布する方法があります。よく知られているのは、外用のミノキシジルですね。

ただ外用薬として、AGA治療専門クリニックでは、独自の成分配合で作られたオリジナルの育毛剤なども用いられます。この場合、ミノキシジルよりも高額になり、1ヶ月10000~15000円が相場です。

内服薬の相場

1ヶ月:10,000~20,000円

内服薬として有名なプロペシアは1ヶ月5000~7000円前後が相場となります。ただし、内服薬に関してもクリニックオリジナルのものがあり、こちらの相場も1ヶ月10,000~20,000円と高めになっています。

ジェネリック医薬品の相場

1ヶ月:先発医薬品の3割~5割安

AGA治療では、先発医薬品ではなく後発医薬品=ジェネリックを用いて治療にあたることもあります。ジェネリックは、先発医薬品と有効成分や効果は同じで安全性も確立されていながらリーズナブルというメリットがあります。

価格は、先発医薬品よりも3割~5割程度安くなるのが相場と言えるでしょう。

植毛の相場

2000本:約100万円(自毛植毛)
2000本:約50万円(人工植毛)

植毛には自毛植毛と人工植毛の2パターンがあります。自毛植毛は、その名の通り自分の髪の毛を使用して薄毛の気になる部分に移植する方法です。そして人工植毛とは、人工の毛髪を使って植毛をする方法になります。

自毛植毛の場合の料金相場は、2000本で約100万円の費用がかかります。一方人工植毛では自毛植毛の半額程度、2000本で約50万円が相場となります。

一見すると人工植毛の方が費用を抑えられるように思えますが、人工植毛の場合は頭皮に定着することがありませんからメンテナンスが必要になってきます。大体半年に1回程度、メンテナンスとして人工毛を植毛する必要が出てくるためその分の費用も考慮する必要があります。

自毛植毛の場合、生着率が非常に高いので人工毛のようにせっかく植毛をしても抜ける心配がありません。そのため、基本的にメンテナンスが不要となり植毛後のお金がかからないというメリットがあります。

植毛の料金相場を見るときには、こうしたメンテナンス費用も考慮する必要があるんですね。

ちなみに植毛と増毛は別物であり、植毛はメスや針を使用するために医療機関でしか施術を受けることはできません。サロンで行えるのは、植毛ではなく増毛となるので注意をしましょう。

カツラの相場

カツラには、部分用とフルウイッグ、そして人毛と人工毛があります。また、自分に合わせたオーダーメイドと既製品に分けることができます。こうした種類やヘアスタイルによって、カツラの価格は全く違ってくるものです。

最もリーズナブルな価格帯のものは、人工毛で部分用の既製品になります。そして最も高いタイプは、人毛でフルウイッグのオーダーメイド品です。最近ではオシャレ用のお手頃価格のカツラも増えてきたため、安いものでは数千円から入手することができます。

しかし、オーダーメイドの高級品となると30万円~70万円がカツラの相場となるでしょう。自然なものになればなるほど、カツラの値段は高くなります。

またカツラは一生ものという認識を持っている人もいますが、実際は耐用年数は数年間となります。一生ものではないということを念頭において、カツラを選ぶ必要があります。

保険は適用されない?医療費控除は?

保険は適用されない?医療費控除は?
AGA治療の相場は5000円~数十万円とかなり幅がありますが、高額なのは間違いありません。そうなると、保険や医療費控除は適用されるのか気になります。保険の適用は難しいですが、医療費控除は受けられる可能性があります。

保険が適用されてない理由

育毛サロンは当然として、皮膚科やAGA治療専門クリニックでも保険は適用されません。AGA治療が保険適用ではない理由は、治療を受けなくても生命にも体調にも生活にも影響がないため、病気の治療としてみなされないためです。

現実的には、AGAに悩みコミュニケーション障害となったり、鬱になるといった精神的な問題を引き起こしたり生活に支障をきたすケースもあり得ます。

しかし、それはAGAが要因であったとしてもAGAの持つ性質ではありません。上記の症状は、AGAの性質というよりも個人の性質に根本的な原因があるため、AGAは治療が必要な病気であるとは捉えられていないのです。

そのため、AGA治療は審美目的の美容整形などと同じと見なされ保険は適用されず、どの治療も全て自費となってしまいます。

そのため比較リーズナブルなプロペシアなどの処方であっても月々5000円前後の治療費が必要となってきてしまうのです。

医療費控除は適用される?

自費診療であるAGA治療の場合、医療費控除の恩恵を受けることができないと思っている人が多いようです。確かに医療費控除では、美容目的や予防目的の治療は対象外となるものです。

ですが、皮膚科やAGA治療専門クリニックで治療を受けた場合、その費用は医療費控除の対象となる可能性があります。税務署が治療目的として判断した場合、AGA治療にかかった費用も医療費控除の対象となります。

特にプロペシアやザガーロなどの薬を処方された場合は、領収書など適切な書類がそろっていれば治療と見なされて医療費控除を受けられるケースも最近では高くなってきました。

ただ、AGAで植毛をする場合、その施術は治療ではなく美容目的と見なす税務署が多いため、受けられるケースが多くなったと言えど、医療費控除の対象外となる可能性が高いでしょう。

所轄税務署によって同じAGA治療を受けても申請が通る場合と却下される場合があるので注意してください。

● 関連リンク:医療費控除の準備|国税庁

AGAの治療を継続しなければいけない理由

AGAの治療を継続しなければいけない理由
AGAではプロペシアなどの薬を使用した治療の場合は、基本的に継続した治療が必要になると考えておいた方が無難です。治療を継続しない場合、すぐに髪の毛が抜けるという訳ではありませんが、次第に元の状態へと戻っていってしまいます。

再生療法などの場合は、長期的に納得のいく状態をキープできると言われています。ただし、男性ホルモンが影響している場合などは、結局のところ薬との併用がポイントとなり、服用を中止してしまえば同じ状態をキープすることは難しいでしょう。

唯一半永久的に効果が期待できるとすれば、自毛植毛です。しかし、これも薄毛が進めば1度限りの施術にとどまりません。

髪が生えてきたら治療薬が減るので料金は安くなる?

髪が生えてきたら治療薬が減るので料金は安くなる?
AGA治療はずっと同じ治療を続けなければいけない訳でもありませんので、一定の治療効果を得た後は、発毛ではなく現状維持に切り替えることで費用を抑えることができる可能性があります。

医師の指導の下、適切なアドバイスをもらいながら治療をすることによって料金が安くなる可能性があるので相談してみましょう。

AGA治療を安く抑えるためには?

AGA治療を安く抑えるためには?
決して安くはないAGA治療を抑えるためには、ジェネリック医薬品や個人輸入を利用するという方法もあります。ジェネリック医薬品を使用した治療を受けたい場合は、クリニックで相談してみると良いでしょう。

また、最も安く費用を抑えられるのがAGA治療薬の個人輸入です。個人輸入といっても通常は、個人輸入代行サイトを通して海外から薬を購入することになります。

ただでさえ、病院で処方される薬代金よりも安い上に診察料などが掛からないのではるかに安く治療薬を手に入れることができるのです。そのため現在では、こうした個人輸入を利用している人が、非常に増加しています。

個人輸入の安全性について

個人輸入の安全性について
個人輸入は、自分で使う分だけを購入するのであれば医薬品であっても違法性はありません。ただ、安全性となるとまた話は変わってきます。

なぜなら、中には偽物を取り扱っている業者もおり副作用に悩まされる人も少なくありません。また、代金を支払っても品物が届かないというトラブルなど問題となっています。そのため、個人輸入をする場合は、信用のできる輸入代行業者を選ぶことが何よりも大切になります。個人輸入はリスクが0%という訳ではありませんので、その点を理解したうえで利用するようにしましょう。

信頼できる個人輸入代行サイトからの購入であれば、AGA治療費の大きな節約につながることは間違いありません。初回は病院で処方をしてもらい、副作用や様子を見ながら自分の体質に薬が合っているならば個人輸入に切り替えるという方法もおすすめです。